« 西武 3000系にも新方向幕車現る | トップページ | 201系H5(旧H14)編成が廃車に »

西武 38101Fと38102Fの並びを撮る

さて、続いても6月1日のお話。

上石神井で3013Fの撮影をした後は、下り方向へ折り返す。次の下り列車は、急行西武遊園地行きであった。土曜・休日ダイヤではおなじみのこの列車。何が来るのだろうと思っていたところ、営業運転を開始したばかりの30000系、38102Fであった。

2008_06_01_0010001

6月1日の午前中、上石神井駅で3013Fを撮影してから、下り列車を待っていると、38102Fの急行西武遊園地行きがやって来た。

30000系の営業開始から1ヶ月少々が経過したが、これまでにも30000系が多摩湖線に入線した実績はあるものの、急行西武遊園地行き自体を撮るのは、これが初めてとなった。あまりに突然の遭遇に、大した写真は撮れなかった。とりあえず、この列車に乗って、折り返しの小平行きをどこかで撮る事にしよう。

車内で色々と考えた末、まずは花小金井で下車。まずは、ここで後追いの撮影をする。

Img_223950004

花小金井を出発。西武遊園地へと向かう38102F。

とりあえず、「急行 西武遊園地」と言う表示が、上石神井での撮影よりは良く見える形で撮れたのでホッとした。

花小金井からは、12分後の拝島行きに乗車し、萩山へ移動する。ここで、西武遊園地からやって来る38102Fの小平行きを撮るのが目的である。萩山に着くと、ホームの先端には先客が。いつも沿線でお世話になっている方だったので、挨拶をして撮影をする。

Img_223980005

西武遊園地から折り返してきた38102F。

2008_06_01_0070002

多摩湖線ワンマン車と顔を合わせる。

撮影後、萩山で一緒に撮影させていただいた方から耳寄りな情報が。この後、玉川上水で30000系同士が並ぶと言う。そんな話を聞くと、玉川上水へ行くしかない。西武ドームへ行くルートを、玉川上水・上北台経由に変更する事にした。

2008_06_01_0090003

38102Fが小平に向かった後、38101Fの拝島行きが萩山に到着。

38101Fの拝島行きを見送り、小平で折り返してきた38102Fによる玉川上水行きに乗車し、玉川上水へと向かう。玉川上水では、38102Fが真ん中のホームに入線した。折り返し各駅停車西武新宿行きとなる。私は上りホームの拝島方に移動し、急行として折り返してくる38101Fの到着を待った。10分ほど待って、予定通り38101Fが到着する。まずは入線シーンから撮る事にした。

Img_224030006

38101Fは、折り返し急行西武新宿行きになって戻ってきた。

入線シーンを撮った後、20メートルほどホームを歩き、今度は30000系同士の並びを撮る。

Img_224050007

38101Fの急行と38102Fの各停。玉川上水で1分ほど並んだ。

思わぬところで30000系同士の並びを撮影。萩山からご一緒させていただいた方にお礼を言って、玉川上水駅改札を出場。モノレールに乗り込み上北台へ。更に上北台駅から西武球場前行きバスに乗り換え、西武ドームへ。西武ドームに到着したのは、ちょうど12時頃の事であった。野球観戦の前に、スマイルトレイン同士の並びを撮った事がまずかったのか、この日の我がドラゴンズは、ライオンズに大量得点を取られ負けてしまった。

悪夢の試合観戦の後、所沢へ移動する。ここでは、2次会の前に野球臨などを撮影したのは、これまでにも触れているが、この際にこんな列車も撮影している。

Img_224190008

スカートなし305Fによる池袋行き快速急行1004列車と、新宿線の30000系との一瞬の並び。

おなじみの1004列車である。この日、1004列車に使用されたのは、305Fであった。近いうちに引退との噂もある305Fと、101系の代替として今後も増備が進む30000系との並びが、こんな形で撮れるとは思ってもいなかった。野球は、中日ドラゴンズの敗戦で、苦い思いをしたものの、西武鉄道の撮影では良いものが撮れた1日であった。「西武沿線在住の中日ファン」としては、これはこれで良かったのかもしれない。


|

« 西武 3000系にも新方向幕車現る | トップページ | 201系H5(旧H14)編成が廃車に »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

うちのチームは交流戦も堅調ですけど、ドラゴンズは自然に沈んで行ってくださっているようで、ゲーム差がどんどん…(笑)

先日、上石神井で急行から普通に乗り換えようとしたら、38102Fに当たりました。
その時、西武新宿行きとして38101Fも停車中だったのですが、カメラを持っていませんでした…惜しいことをしました。

ところで、さっそくその時、38102Fと38101Fの相違点を発見してしまいました。
思わず目を見張るような…というのではなく、微笑ましい違いなんですけどね(笑)

投稿: twins | 2008/06/07 11:48

twinsさん、コメント有難うございます。

我がドラゴンズは、どうも交流戦を苦手にしているようで困ったものです。

さて、本題に入りまして、上石神井駅で30000系同士の並びをご覧になったのですか。いやいやカメラを持っていなかったときの遭遇とは、惜しかったですね。でも。その代わりに両編成の違いを見つけられたとは羨ましいです。私も、たぶん、あれのことかなあと思ってはいますが、まだ両編成を徹底的に分析したわけではありませんので、あえて伏せておきます。

上石神井駅は、私が並びを撮った玉川上水駅とは異なり、ホームの幅が狭いですから、仮に撮影した場合、並びを撮るのは撮りやすいのではないかと思います。私もチャンスがあったら、ぜひチャレンジしたいです。

投稿: TOMO | 2008/06/09 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/41438861

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 38101Fと38102Fの並びを撮る:

« 西武 3000系にも新方向幕車現る | トップページ | 201系H5(旧H14)編成が廃車に »