« 模型運転会に参加する | トップページ | 特急形車両を使用した団体臨時列車を撮る »

ロンチキ返空列車を追う

今日の午前中、自宅で複数の掲示板を見ていると、高崎線をロングレール輸送用チキの返空列車が走行しているとの情報を見つけた。返空列車と言う事で、行先は越中島貨物駅。高崎線~武蔵野線~常磐線~新金線と経由していくため、今から出ても、どこかで撮影できそう。そう思い家を出発した。

とりあえず、武蔵野線内で追いつけそうと思いながら出発したものの、いざ駅へ行くと、武蔵野線へ抜けるまでの時間が掛かりすぎることが判明。仕方なく都心へ抜けて常磐線の松戸へと向かった。松戸には11時30分頃に到着する。いざ到着すると、あまり撮影に適していない事が判明。他の駅へ行くことも考えたが、掲示板に出ていたダイヤによると、松戸の通過は11時43分頃で、もう殆ど時間がない。ここで撮る他に選択肢はなかった。下りホームの先端部分へと行き、工臨の到着を待った。E531系の特別快速の到着に続いて、前方より青いEF65に引かれたロンチキ編成がやって来た。

Img_d08100004

EF65 1105号機に牽引され、松戸駅に進入するロングレール輸送用チキの返空列車。

松戸駅では、撮影後、一旦出場し、早めの昼食を摂る。そして、松戸から向かった先は、お隣の金町。ロンチキ返空列車は、ここ金町から新小岩とを結ぶ貨物専用線の「新金線」へと入っていく。その前に1時間ほど停車しているので、ホームからロンチキ編成を観察するのが狙いだ。千代田線直通の各駅停車で到着すると、確かにロンチキ編成は停車していた。ここで、ロンチキ編成を数カット撮影してみた。

2008_07_12_0100001

金町駅ホームの上野方から機関車と1両目のチキを撮影してみる。

2008_07_12_0230002

最後尾車両のチキ。

2008_07_12_0250003

ホームの松戸方から編成全体を撮影してみる。

この後、私は別の列車の撮影があるため、一旦、武蔵野線の東松戸へ移動。そして、今度は西船橋経由で総武線へと入る。既に、ロンチキ編成は新小岩操車場に到着済みの時間帯で、ここから越中島貨物駅へ向かうために停車している筈だ。車内から新小岩操車場を見ると、確かにロンチキは停車している。そして、新小岩駅には、DE10がお迎えに来ていた。私は、そのまま新小岩を通過し、越中島貨物線を走る姿を撮るために、亀戸駅へと向かった。昔から亀戸駅は何度も利用しているのだが、総武線の線路の海側に、非電化の高架橋があるのを、子供の頃、とても気になっていた。後に、この線が越中島貨物線であることを知るのだが、これまでに一度もここを列車が走っている姿を見たことはなかった。そして今日、その光景を記録する事になる。14時40分、高架橋の上を、DE10に引かれたロンチキ編成が、ゆっくりと通過して行った。

Img_d08270005

DE10 1098号機に引かれて越中島貨物線を行く。

かつては貨物専用線として、貨物列車も多数運転されていた越中島貨物線だが、現在では、越中島貨物駅構内にある、JR東日本の東京レールセンターからのレールを輸送するための工事列車だけが運転されていると言う状況である。それだけに、今回、亀戸駅でこのシーンが撮れたことは嬉しかった。

この撮影を以って、ロンチキ返空列車の追跡を終了。次の目的地へと向かった。

|

« 模型運転会に参加する | トップページ | 特急形車両を使用した団体臨時列車を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/41816799

この記事へのトラックバック一覧です: ロンチキ返空列車を追う:

« 模型運転会に参加する | トップページ | 特急形車両を使用した団体臨時列車を撮る »