« 7月13日の萩山駅 | トップページ | 西武 283F運用離脱 »

201系H7編成 東京総合車両センターへ入場

昨日の昼過ぎの事。西荻窪駅に立ち寄ると、ホームの先端で撮影している人を発見。私も後ろからカメラを構えてみると、前方より201系がやって来た。良く見ると回送列車。東京総合車両センターへの入場回送だった。

2008_07_15_0030001

7月15日、豊田車両センターの201系H7編成が東京総合車両センターへ入場した。

中央快速線に残る201系は、H4編成とH7編成の僅かに2編成となった。これら2編成は、現在工事が進んでいる三鷹~立川間の高架工事が終了するまでは残る事になっているため、全般検査を実施するようになった。既にH4編成が6月に全般検査を終えて出場しており、その際にデジタル無線機も取り付けられて出場。そして、今回H7編成が続いて入場となった。

H7編成が出場するまでの間、中央線の201系は、H4編成の孤軍奮闘が続く事になる。この間、201系を見かけたら、ますますラッキーと言えるだろう。

|

« 7月13日の萩山駅 | トップページ | 西武 283F運用離脱 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
201系ものこり2編成ですか、、、、

となると、、209系もそろそろ置き換えられてしまいますね、、、
立川~三鷹間の高架化が終わるまでに撮りに行こうかな?

投稿: kazukitojo | 2008/07/19 20:31

kazukitojoさん、コメント有難うございます。

中央線の高架工事は、2010年完成予定となっています。現時点で、立川までの完成時まで残すのか、三鷹~国分寺間の高架工事が完成するまで残すのかは定かではありませんが、三鷹~国分寺間の高架が完成すれば、武蔵小金井の折り返しが今より楽になります。仮に、2010年まで残るとなると、京浜東北線の209系置き換え状況次第では、京葉線の201系の置換えが本格的に始まりますので、中央線だけではなく、京葉線の201系の記録もしっかりとしておく必要があるのではないかと思います。

投稿: TOMO | 2008/07/20 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/41848228

この記事へのトラックバック一覧です: 201系H7編成 東京総合車両センターへ入場:

« 7月13日の萩山駅 | トップページ | 西武 283F運用離脱 »