« 武蔵丘車両基地へ向かう東京メトロ10000系 | トップページ | 終焉迫る新秋津の105系訓練車 »

秩父線折り返し運用に就いていた301系

さて、9月6日に北飯能信号所でE31を待っていたところ、301系による西武秩父行きがやって来た。

Img_d1312s

9月6日午後、北飯能信号所で捕らえた301系による西武秩父行。

通常であれば、4000系によるワンマン運転での列車が多い、飯能~西武秩父線間の列車。行楽シーズンで観光客による混雑が見込まれるときは、列車を8両までに増結したり、更には3ドア車に運用を差し替えたりしている。その場合、ワンマン運転も取りやめとなる。

で、今回見かけた301系だが、まもなく曼珠沙華が開花するであろう、高麗の巾着田対策には、ちょっと早いような気もするのだが、車両運用面だけは、曼珠沙華ダイヤを見越した対応をしていたのだろうか。

|

« 武蔵丘車両基地へ向かう東京メトロ10000系 | トップページ | 終焉迫る新秋津の105系訓練車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

駅ののぼりを見ていたら、曼珠沙華に「まんじゅしゃげ」とルビが振ってあった。

山口百恵(古っ)の歌から「まんじゅしゃか」だと思っていたのだが、こちらはわざと作詞家の方がこの読みにしたそうである。
wikiにも『曼珠沙華は、法華経中の梵語に由来する(梵語での発音は「まんじゅしゃか」に近い)』と書いてありました。
なるほどね〜。

投稿: kimu | 2008/09/12 06:55

kimuさん、コメントありがとうございます。

山口百恵の歌は知っていましたが、あれは「まんじゅしゃか」と読むんでしたか。気になって調べてみると、確かに「まんじゅしゃか」と読ませているものも、幾つかあるようですね。

巾着田の曼珠沙華は、私も何度か見に行っていますが、満開の時に訪れると、確かに見事です。ヘッドマーク掲出電車も走り始めたようですし、これから半月あまり、西武沿線は、赤一色になりそうですよ。

投稿: TOMO | 2008/09/13 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/42449093

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父線折り返し運用に就いていた301系:

« 武蔵丘車両基地へ向かう東京メトロ10000系 | トップページ | 終焉迫る新秋津の105系訓練車 »