« 奇跡の湘南色復活!しなの鉄道169系「リバイバル信州号」を撮影する | トップページ | しなの鉄道の赤い169系を撮影する »

しなの鉄道169系湘南色編成 直江津まで入線

3連休3日目。宿泊した東横イン上田駅前よりスタートとなる。

6時30分起床。身支度を整えて、7時より1Fロビーへおにぎりを食べに行く。そして、上田駅7時32分発の快速「しなのサンライズ」で出発する。目指すは、信越本線の関山だ。奇跡の復活から3日目。今日の湘南色編成は、しなの鉄道沿線から離れて、直江津までの団臨に充当される。であれば、普段は走らない長野以北で撮影をしたい。関山を選んだのは、そんな理由からだった。前日から使用している1日乗車券が、東横インの宿泊証明印のおかげで今日も使用できるのがありがたい。169系が使用される「しなのサンライズ」は、座席定員制列車。とりあえず、整理券の200円だけ改札口で支払い乗り込む。祝日と言うことで、今日は3両編成だった。

長野でいったん改札を出て、一部の荷物をコインロッカーへ。そして8時12分発の直江津行きに乗り込む。この列車、189系を使用した「妙高号」として運転されており、とても乗り得である。長野からは、およそ50分で関山に到着した。

関山駅。この駅で下車するのは、およそ5年ぶりだ。ここから次の駅、二本木に向かって、列車は鉄道林に沿って走行する。それはこの区間の最大の特徴。今回の169系湘南色編成とは、ぜひ鉄道林と169系湘南色編成との組み合わせを撮影したいと思っていた。駅から20分ほど歩いて撮影地に到着。さすがに有名撮影地と言うこともあって、多くのファンが集まっていた。私も、その中に混じり撮影を開始。115系の回送列車で練習をして20分ほど待つと、お目当ての169系が前方よりやって来た。

Img_d1558s

奇跡の復活から3日目。今日は団体臨時列車として、信越本線の直江津まで入線した、しなの鉄道169系湘南色編成。

今日は、団臨と言うことで、前日までのようなヘッドマークの掲出はない。このような地味な姿も、169系には似合っていると思う。

関山での撮影は、これにて終了。次のスケジュールの都合上、いったん長野方面へ戻る。そして、夕方、直江津から戻って来る169系を撮るため豊野へ。最初は駅間で撮ろうと思い、早めに豊野へ行き、駅周辺を歩きまわったのだが、なかなか良い場所が見つけられず、更には雲行きも怪しくなってきたため、駅へ戻り、豊野駅入線シーンを撮ることにした。

Img_d157900s

豊野駅に入線する169系湘南色編成。

普段は、しなの鉄道の車両が入線することのない、豊野駅での撮影と言うのを強調するため、飯山線の出発信号機も入るように撮影してみた。

Img_d1588s

後ろ向きも撮影

169系は、豊野駅に1分ほど停車。そして17時8分ごろ、軽井沢に向けて再び走り出した。

この撮影を以て、1泊2日に及んだ169系湘南色編成追跡を終了。長野駅から新幹線で帰宅した。

|

« 奇跡の湘南色復活!しなの鉄道169系「リバイバル信州号」を撮影する | トップページ | しなの鉄道の赤い169系を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:しなの」カテゴリの記事

鉄道:第3セクター」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、そしてお疲れ様でした。上田の東横インは自分も重宝しています(笑。
溯ること20うん年前(年だな)、塾帰りの度に西荻窪で急行アルプス(これは165ですが)を眺めていた自分にとってはやはり湘南色の急行型は見ていてホッとするものがあります。
それにしても開業当初のしな鉄はJRとの関係がギスギスしている印象(偏見?)があっただけに今回の直江津乗入れは本当に夢のようです。今後もこういった共同企画ものが続いてほしいですね。
自分も上田へ別所線の1000系に行きたいと考えているのでその際に169の撮影にも挑みたいところです。

投稿: 明之秀次(仮名) | 2008/09/16 18:05

明之秀次(仮名)さん、コメントありがとうございます。

西荻窪で急行アルプスをご覧になっていたんですか。いやあ懐かしいです。私も国分寺界隈で急行アルプスを見ていた時期があります。やはり、急行列車として活躍していたころの姿を知る者としては、今回のように湘南色の急行型電車との再会は、とても嬉しく思います。

今回は、上田で一泊しましたので、少しだけ上田電鉄も観察してきました。でも、まだまだ同電鉄の魅力は沢山あると思いますので、近いうちに、しなの鉄道と上田電鉄には再訪したいと考えています。

投稿: TOMO | 2008/09/16 23:02

 湘南色になるとその姿はきらりと光りますね。
 しかも長野から直江津まで運転とは…

 この地域には湘南色のJR車両はないので、しなの鉄道内の系も湘南色に塗り替えるだけでも面白いと思います。

投稿: ああああ | 2008/09/17 00:42

169系の直江津乗り入れとは懐かしいですね。と言いますのは、私は同系による急行妙高直江津行きをリアルで知っています。母の実家が新潟佐渡にあるので、上野を夜に出て朝の直江津からのフェリー乗り継ぎでよく使ってました。夜行列車でしたが、親がグリーン車に乗せてくれましたので、快適でしたね。169系にグリーン車連結など晩年ですらも考えられなかったと思うので、今想像しただけでもバブリーな169系でしたね。

投稿: red star | 2008/09/17 23:18

ああああさん、red starさん、コメントありがとうございます。

ああああさん>
長野県内を走る信越本線や篠ノ井線は、早い時期に115系がご当地カラーになってしまいましたので、湘南色が早い段階で消えてしまったように見えますが、実は、昨年まで、飯田線からの快速「みすず」として、JR東海の115系が、長野まで1往復入線していました。しかし、1日1往復ですので、湘南色車両が殆ど目立たない存在だったと言えます。実は、私自身、しなの鉄道が169系を1本だけ湘南色に塗り替えるなら、115系もやらないかなあと思ったことはあります。ただし、信越本線では碓氷峠を越えた高崎支社管内では、現役で見られるカラーですし、JR側が169系だけで十分と考えているかもしれませんね。

red starさん>
お母さまの実家への帰省で、169系の急行に乗られた経験がおありでしたか。であれば、今回取り上げた、関山付近を行く169系の急行に、実際に乗られた経験があるわけですね。その頃とは、編成の長さも異なるとは思いますが、少しはその当時の面影を感じてくださったかと思います。サロの乗車経験があるとは羨ましい。私自身は、サロの乗車経験がなく、座席だけ「ムーンライト」で経験有りと言った感じです。
湘南色での活躍期間は、半年を予定しているようですが、その間に、まだまだ直江津方面への入線を期待したいですね。

投稿: TOMO | 2008/09/18 01:43

できたら、こういうのと並べて欲しいものでござますね。
http://tomo-jrc.cocolog-nifty.com/tetsu/2006/09/post_9652.html

投稿: クハ1193@球場 | 2008/09/19 11:40

クハ1193@球場さん、コメントありがとうございます。

475系国鉄色との並び。確かに、この車両との並びは見てみたいですね。475系自体は直江津まで入線していますし・・・

しなの鉄道の169系S52編成が、また直江津まで行った時に、是非とも実現してもらいですね。

投稿: TOMO | 2008/09/20 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/42490391

この記事へのトラックバック一覧です: しなの鉄道169系湘南色編成 直江津まで入線:

« 奇跡の湘南色復活!しなの鉄道169系「リバイバル信州号」を撮影する | トップページ | しなの鉄道の赤い169系を撮影する »