« 373系で運転!御殿場線の「さわやかウォーキング号」 | トップページ | 伊豆箱根鉄道「ふれあいフェスタ2008」へ行ってきた »

ワンマン運転の準備を進める伊豆箱根鉄道駿豆線

さて、23日は、伊豆箱根鉄道本社で開催された「ふれあいフェスタ2008」会場へと出掛けてきた。前の記事でお解かりの通り、沼津駅で373系の「さわやかウォーキング号」の撮影もしているため、会場のある大場までは、2往復乗車することになった。会場編をお伝えする前に、まずは三島~大場間2往復した時のお話から。

東京から「ひかり367号」~「こだま545号」と乗り継いで、三島駅に到着したのは10時54分のことだった。これまで、三島まで東海道新幹線には何度も乗車しているが、今回、初めて700系同士の乗り継ぎとなった。三島駅到着後、伊豆箱根鉄道線の乗り場へ移動する。9番線には、11時ちょうど発の修善寺行き(3011F)が出発待ちの状態で停車していた。私は大場までの180円の切符を買って入場。車内に入る直前に発車ベルが鳴り始めたため、最後部車両に乗り込む。私の後からも、駆け込んで乗車して来た人が多かった。おそらく、「こだま545号」から乗り継いで来たのだろう。すると、出発直前、担当の車掌氏が、自動放送装置を操って、駆け込み乗車に関する注意アナウンスが流れた。あらあら、伊豆箱根の車両は、随分ときめ細かいアナウンスが設定されているのか。そう思いながら、ふと運転席付近を見ると、ワンマン運転・ツーマン運転の切り替えスイッチを見つけた。

Img_sx4189s

伊豆箱根鉄道駿豆線でもワンマン運転開始へ向けて準備が進んでいる。3011F運転席付近にワンマン運転切り替えスイッチを発見した。

西武鉄道グループに入る伊豆箱根鉄道では、経営改善策の一環として、2006年度よりワンマン運転に向けた準備を始めている。今現在、具体的なワンマン運転開始時期に関する発表はされていない状態で、まずは車両側の準備を進めている段階のようだ。良く観察してみると、ドア操作スイッチも、西武鉄道の多摩湖線や秩父線などでワンマン運転をしている車両のものと同じ物のようで、ワンマン運転開始後の取り扱いも予想できる。

Img_sx4190s

大場駅に到着し、1100系と並んだ3011F。

さて、ワンマン運転を始めるとなると、どうしても気になるのが、元西武701系を改造した1100系の処遇。既に、元西武新101系を改造した譲渡車が、今月初めに1編成入線している。将来的に、この新101系を改造した譲渡車への置き換えが行われるものと予想できるが、一度に全車両を置き換えるのは不可能。ワンマン運転開始時期によっては、1100系もワンマン運転を実施するのではないか。そう思っていたのだが・・・

昼過ぎに、「ふれあいフェスタ」会場からいったん離れて沼津まで往復。沼津駅で「さわやかウォーキング号」を撮影した後、再び三島駅から駿豆線に乗車すると、1100系が停車していた。

Img_sx4221s

この日2度目の大場への移動は1100系だった。

停車していたのは1009F。先程乗車した3011Fと同じように、まずは運転席付近を観察。すると、この編成に関しては、ワンマン運転対応工事を実施しているのを確認する事が出来た。

Img_sx4222s

ワンマン運転対応工事を実施した1100系の運転台付近。

運転席左上には、真新しい放送装置が設置されている。運転士が運転席に座ったまま、車内アナウンスが出来るように配慮されたもの。さらに、ブレーキの右隣りには、3011Fにも設置されていた切り替えスイッチが確認できる。そして、この編成には、号車札ステッカーも貼られている事から、まだ暫くの間は、活躍が見られそうである。

ちなみに、帰りに乗車した1100系は、全く原型タイプのもの。今後の処遇が気になる編成だった。

Img_sx4255s

帰りに乗車した1100系(クハ2006)の車内。(三島駅到着後撮影)

今後もワンマン運転開始に向けて、様々な動きが見られそうだ。

|

« 373系で運転!御殿場線の「さわやかウォーキング号」 | トップページ | 伊豆箱根鉄道「ふれあいフェスタ2008」へ行ってきた »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:伊豆箱根」カテゴリの記事

コメント

ワンマン工事施工済み車両は、3,4本程もう出来上がっております。
工事は全般検査とともにワンマン工事も実施しているようです。
まだ、車両側の方から始めたばかりなので、地上設備は今のところ準備が進んでいませんね。
あと何年かすれば、地上側もワンマン運転用のミラー等を取り付けするかもしれません。

投稿: 静マサ | 2008/11/25 00:20

静マサさん、コメントありがとうございます。

ワンマン工事施工済み車両は、まだまだありそうですね。この手の工事は、実際に乗ってみないと解らないものですから、この日は2編成しか確認できませんでした。

ワンマン運転の準備で一番大変なのは、やはり車両側の準備でしょうね。地上設備のミラー取り付けは、その気になれば、あっという間に終わってしまうでしょうから、まずは車両の改造を優先と言うことでしょうね。

投稿: TOMO | 2008/11/25 01:02

とうとうワンマン化ですか…。
東京から乗り入れている特急踊り子号は、 どうなるのでしょうね…。
185系の経年変化も気になります!

そういえば先月西武からの譲渡車両、営業運転はいつからなのでしょう…。

投稿: 準急豊島園 | 2008/11/25 11:58

こんにちわ、お疲れさまです。
自身のアンテナが低いためこげなイベが実施されてるとは知りませんでした(汗。
しかし駿豆線もワンマン化ですか…各編成の改造については興味深いですがイコール
経営的には決して油断出来ない状況というワケですから心境的は複雑です。
1300系については営業開始以降にじっくり観察することとします。
実車も逃げませんしね(汗笑。

投稿: 明之秀次(仮名) | 2008/11/25 17:01

準急豊島園さん、明之秀次(仮名) さん、コメントありがとうございます。

準急豊島園さん>
実際のワンマン運転開始は、もう少し先の話だと思いますが、車両側にこのような動きが出てきたとなると、JRから乗り入れている「踊り子」の処遇は確かに気になりますね。三社にわたって運転している列車ですから、利用率次第では、休日のみ運転、場合によっては廃止もあり得るかもしれません。185系もだいぶ古くなってきましたし、今のうちからしっかりと記録しておく方がいいでしょうね。

明之秀次(仮名) さん>
ワンマン運転開始による背景には、仰るとおり経営面の問題がありますので、我々鉄道ファンとしましては、少しでも良い方に向いてくれることを期待したいですね。その為には、まず実際に伊豆箱根鉄道を利用することも、会社再建へのお手伝いにつながりますね。1300系の営業開始時期も気になりますので、私も暫くは伊豆箱根鉄道を定期的に訪ねてみようと思っています。

投稿: TOMO | 2008/11/26 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/43216525

この記事へのトラックバック一覧です: ワンマン運転の準備を進める伊豆箱根鉄道駿豆線:

« 373系で運転!御殿場線の「さわやかウォーキング号」 | トップページ | 伊豆箱根鉄道「ふれあいフェスタ2008」へ行ってきた »