« 三岐鉄道三岐線を訪ねて 前編 | トップページ | 富田駅で出会った機関車と貨車 »

三岐鉄道三岐線を訪ねて 後編

さて、保々車両区の様子を観察した後は、保々駅から富田方向へ向かって2つ目の踏切付近で、本線を走行する列車を撮影することにした。

カメラを構えてから最初にやって来たのは、近鉄富田からの西藤原行きだった。

Img_d4170s

101系による西藤原行き。

元西武401系である三岐鉄道101系。単線区間を2両編成で走る姿は、我が地元、西武多摩湖線で走っていた頃を彷彿とさせる。

Img_d4176s

801系801Fによる近鉄富田行き。

旧西武鉄道の701系を譲り受けた801系電車。そのトップナンバーでもある801Fは、ご覧のようにラッピング電車となっている。しかし、西藤原方の1両の広告期限が終了した事から、1両だけラッピングをはがして、元の姿で走行しており、混色状態となっている。

この直後より、名古屋在住の知人が駆けつけ、ここから先は2人で観察する事に。

Img_d4181s

801系による西藤原行き。

ノーマルな801系による西藤原行き。この編成は、保々車両区内に留置されていた607Fを撮影している際に、横を通過しており、折り返してきたところを無事に押さえることが出来た。

Img_d4186s

101系101Fによる近鉄富田行き。

この時点で時刻は16時を過ぎた。時期的に、そろそろ走行写真を撮るのはきつくなってきた。貨物列車でも来ないかあと言う淡い期待もあったのだが、さすがに年末の12月29日だと運転もしていないようで、貨物時刻表を頼りに待っていたのだが、来る気配は全くない。そこで走行写真を諦めて、保々駅へと戻った。本来であれば、終点の西藤原まで行きたい所ではあるが、ここから先は、次回の訪問時へ楽しみとして残すことにして、近鉄富田行きに乗る事にする。しかし、まだ時間に余裕が有ったので、保々駅ホーム上から少しだけ撮影をした。

Img_d4187s

留置中の101系。

保々駅に到着した時には停まっていたのだろうか。すぐに改札を出てしまったので気がつかなかった。

Img_d4191s

一部ラッピング編成である801Fが西藤原行きとして戻って来た。

801Fによる西藤原行き。この列車は、私が乗車する近鉄富田行きと交換して発車となる。その為、暫く停車するとの事だったので、今度は最前部まで回り込んで撮影をした。

Img_d4194s

保々駅に停車中の801Fと留置中の801系・851系。

この後、私が乗車する近鉄富田行きが近付いてきた。最後に、西藤原行きとの交換シーンを撮ってから、近鉄富田行きに乗り込むことにした。

Img_d4196s

101系の近鉄富田行きと801系の西藤原行きとの交換。

西武鉄道の旧401系と旧701系との交換シーン。少し前まで、西武の支線区で良く見ることが出来た光景だ。新宿線の支線でもある、拝島線・多摩湖線を見て育った私にとっては、とても懐かしい光景に見えた。

撮影後、私は近鉄富田行きの最後部車両に乗車。往きと同様、AK-3コンプレッサーの音が堪能できる特等席に座り、近鉄富田までのおよそ15分間、足もとから伝わる心地良いモーター音とコンプレッサーの音を楽しんだ。

今回の三岐鉄道訪問では、残念ながら601系の走行シーンを撮ることはできなかったが、子供の頃から慣れ親しんだ車両と久々に再会する事が出来て、楽しい一時を過ごすことが出来た。また近いうちに、今度は新顔の751系や貨物列車、更にはナローゲージの北勢線を目的として、三岐鉄道を訪れてみようと思う。

|

« 三岐鉄道三岐線を訪ねて 前編 | トップページ | 富田駅で出会った機関車と貨車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:三岐」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/43663074

この記事へのトラックバック一覧です: 三岐鉄道三岐線を訪ねて 後編:

« 三岐鉄道三岐線を訪ねて 前編 | トップページ | 富田駅で出会った機関車と貨車 »