« 営業運転を開始した伊豆箱根鉄道1300系を撮る | トップページ | 183系の成田臨を撮影する »

中央線 国立駅付近線路切替工事に伴う特別運転を観察する

1月10日深夜より1月11日早朝にかけて、以前より工事が進められていた、中央線西国分寺~立川間の下り線の高架新線への切り替え工事が実施された。この工事により、中央快速線では、工事時間帯、西国分寺~立川間で列車の運転を取りやめ、更に国分寺~西国分寺間では単線運転が実施された。例によって、線路切り替え工事に伴う特別運転の模様を、ちょっとだけだが観察して来た。

1月10日夜、私は23時過ぎに家を出発。多摩湖線の列車で国分寺へと向かう。ここで、西国分寺までの単線運転を観察する事に。23時20分頃到着すると、ちょうど2番線から西国分寺行きが出発する所であった。

Img_d4352s

1月10日深夜から11日早朝にかけて実施された中央線の線路切り替え工事。国分寺~西国分寺間では、上り線・下り線を交互に使用した単線運転が実施された。

国分寺~西国分寺間の折り返し列車は、10日深夜の場合、下り線と上り線に1本ずつ電車を交互に走らせていた。下り線ではH54編成が折り返し運転を実施していた。少々見辛いかもしれないが、行き先表示もしっかりと「西国分寺」を表示している。

H54編成の西国分寺行きは、すぐに出発してしまった。この時間帯の西国分寺行きは、下り線と上り線を交互に発着しているため、次の列車は上りホームである3番線から発車する。実は、今回の臨時ダイヤが発表された際に、西国分寺まで上り線を走る単線運転が今までにあったかどうか考えてみたのだが、前例が全く思い当たらなかった。まあ、今回の線路切り替えが下り線である事からして、工事の進捗により、上り線を使わなくてはいけなくなるのは目に見えているのだが・・・

国分寺駅で、上り線から出発する下り列車を撮るにはどうしたらいいか。色々と考えた結果、この場所で撮影することにした。

Img_d4360s

国分寺駅上り3番線ホームで出発を待つT21編成の西国分寺行き。

背後にかすかに写る女性専用車を案内する看板が見える事で、上りホームからの発車である事がお解かりいただけるかと思う。一つ気になったのは、このT21編成の行先表示。なぜか「各駅停車」と言う文字が追加されている。H54編成では出ない表示であるが、最初の設定の際に、各駅停車と表示するように設定してしまったのだろう。

この西国分寺行きは、上り線を逆走する。と言う事で、最後部車両から撮影をした後は、ホームを一気に10両分前に歩いて、先頭部へ移動する。

Img_d4368s

手動式出発信号機も青に。

これまでの中央線の工事切り替え時に、必ずと言っていいほど世話になった手動式信号機。今回も、国分寺駅では、3番線からの西国分寺行き出発時のみ使用した。

Img_d4370s

出発すると、すぐに手動式信号機を赤に切り替える。

Img_d4371s

日頃は上り列車しか出発しない3番線の発車案内機。上りホームから出る下り電車の表示は、特別ダイヤらしい光景。

この表示は、3番線からの西国分寺行き出発直後に撮ったものであるが、1行目の「JR」と言う表記から、回送列車でも来るのかと思ったが、実際には何も来ないうちに、西国分寺からの折り返し列車が来てしまった。

Img_d4375s

2番線で出発を待つ西国分寺行き。

3番線からの西国分寺行きとは入れ替わりで入線して来た西国分寺行き。ここで発車時刻までの間、小休止となる。この後、東京方面からの電車と接続をして発車となるが、どういう訳か、今回の特別ダイヤでは、国分寺駅で3~4分かしか乗り換え時間が無い時に限って、階段・エスカレーター等を使わないと乗り換えが出来ないダイヤになっていた。ダイヤの関係上、仕方ないのかもしれないが、国分寺駅自体が、バリアフリー化工事を実施しているため、場所によっては通路が狭くなっているなど、支障もある事から、出来れば乗り換え時間が短い列車に関しては、隣同士での乗り換えが可能なように設定してほしかった。

この後、私は再びホームの高尾方へと進んで行く。そして、その直後の事。4番線には、東京方から、こんな車両が入線して来た。

Img_d4377s

201系も国分寺折り返し列車として運転された。各駅停車東京行きとして折り返す。

そろそろ時刻は、西武多摩湖線終電車の出発時刻が迫って来た。この日の撮影はこの辺で切り上げ、最終電車でいったん帰宅した。

そして翌朝、多摩湖線の初電車で再び出発。国分寺へとやって来た。まずは、10日夜に撮影が出来なかった、下り1番線から発車する各駅停車東京行きを撮影する。

Img_d4382s

下り1番線から発車する各駅停車東京行き。

三鷹~国分寺間の下り線高架化に伴い、武蔵小金井駅折り返し列車が、直接ホーム上で折り返しが出来なくなってしまったため、国分寺駅1番線まで回送されて折り返す列車が、日中にも運転されるため、最近では、1番線からの上り方面への出発シーンは、それほど珍しくはなくなったが、これが実際に営業列車であると、なかなか見られるものではない。これも特別ダイヤらしい光景と言える。

Img_sx4703s

下り1番線の発車案内機。下りホームから出る東京行きの表示が特別ダイヤらしい表示である。

そして、前日の深夜に続き、この日も初電から工事終了までの間、国分寺~西国分寺間で単線運転が実施されている。前夜とは異なり、上り線のみを使用して単線運転が行われていた。

Img_d4394s

11日早朝も国分寺~西国分寺間では、上り線を使用した単線運転を実施。

上り線を使用した単線運転は、前日同様、T21編成が充当されていた。少々見にくいが、「各駅停車 西国分寺」と表示している。

Img_sx4706s

国分寺駅改札口前の発車案内機。

この後、私は、東京方面からやってくる国分寺行きを撮影するため、国分寺5時46分発の各駅停車東京行きに乗り込む。どこで撮ろうか考えながら進み、結局三鷹で下車。国分寺行きを待ち構えることにした。

Img_d4401s

三鷹駅に到着した各駅停車国分寺行き。

あれ、この場所では各駅停車の表示が出ない。ここで、新宿駅線路切り替え工事の特別運転を思い出した。東京から各駅停車と表示して来たE233系は、三鷹駅手前で表示方法が変わると言うことを失念していた。従って、「各駅停車国分寺」の表示は、吉祥寺より東京方で撮らなくてはならない。じゃあ、次の電車で吉祥寺へ移動・・・と思ったら、もう最終の国分寺行きの発車時刻に間に合わない。今回は、諦めるしかなさそうだ。

この撮影を以て、中央線特別ダイヤの観察を終了として、後続の東京行きに乗り込み、新宿へと向かった。

|

« 営業運転を開始した伊豆箱根鉄道1300系を撮る | トップページ | 183系の成田臨を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、こん**は。

深夜、早朝の記録、ご苦労様でした。
私も見に行きたかったのですが、寒さに負け、行けず(´・ω・`)ショボーン

TOMOさんのおかげで貴重な写真を見ることが出来ました。

本当に寒い中、ご苦労様でした。

投稿: タコ安 | 2009/01/14 22:41

タコ安さん、コメントありがとうございます。

線路切り替え工事の記事を喜んでいただけたようで何よりです。

私自身、これは記録しなくてはと解ってはいながらも、寒さで億劫になってしまい、今回の線路切り替えに就いては、国分寺駅周辺だけの観察となってしまいました。本来であれば、西国分寺の様子や、国分寺より東京方で撮影する事で、201系の国分寺行きの撮影チャンスもあった訳ですから、終わってみたら、他にも、もっと撮影すべきだったなあと反省もしております。

と言いつつ、あまり無理をして体調を崩してしまっては意味もないので、これで良かったのだと自分自身に言い聞かせております。

投稿: TOMO | 2009/01/16 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/43724781

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線 国立駅付近線路切替工事に伴う特別運転を観察する:

» 中央線高架化(武蔵境駅) [ぱふぅ家のホームページ]
JR中央線高架化工事は2010年度完成予定だが、2007年7月1日に三鷹駅〜国分寺駅間の下り線が高架に切り替わった。≫タイトルを変更しました。 [続きを読む]

受信: 2009/01/18 11:38

« 営業運転を開始した伊豆箱根鉄道1300系を撮る | トップページ | 183系の成田臨を撮影する »