« 急行「臘梅号」を追って秩父鉄道へ | トップページ | ラッピング車になった新京成N800形 »

183系「新宿あがつま草津号」を撮影する

さて、秩父鉄道を訪れた2月22日、午後からはJRの撮影に移る。既にお伝えしているように、夕方には、京浜東北線の209系500番台車ウラ80の撮影をしているのだが、その前に、臨時特急「新宿あがつま草津号」を撮影した。

「新宿あがつま草津号」は、その名が現す通り、新宿と草津温泉を結ぶ臨時特急列車。2007年秋から「あがつま草津号」と言う名で登場し、土曜日に下り列車を、日曜日に上り列車を運転している。2008年から列車名の前に「新宿」が付くようになった。そして、2008年秋の運転からは、下り列車が185系、上り列車が183系での運転と言うパターンが続いている。

実は、前の記事で触れた秩父鉄道の急行「臘梅号」を撮影するため、熊谷駅で秩父鉄道の電車を待っている際に、JRのホーム上に大宮総合車両センター183系OM103編成の回送が停まっているのを確認していた。後に「新宿あがつま草津」の送り込み回送だと解ったので、OM103編成の「新宿あがつま草津」を帰りに撮ろうと心に決めていたのである。ただし、時間に余裕があった事から、いったん、浦和まで行き、ユザワヤを覗いてから、高崎線の列車で宮原駅へと戻って来た。ここで、「新宿あがつま草津号」を撮影する。最初は、改札を出て、線路沿いの道から撮ろうと思っていたのだが、ホーム上で進入を撮るのも悪くないなと思い、今回はホーム上から撮影する事にした。20分ほどの待ち時間の間にやって来たE231系などでタイミングを計りながら、本番を待つ。そして、通過予定となり、前方からOM103編成の姿を確認。近付いてきたところで撮影してみた。

Img_d5241s

183系大宮車OM103編成で運転された、2月22日の「新宿あがつま草津号」

183系使用の「新宿あがつま号」は、今回が初めての撮影ではなく、2008年11月11日付記事でも取り上げている。この時は、専用のヘッドマークを掲出しての運転であったが、最近では、185系も含めて、「草津号」のヘッドマークで運転されていると言う話は、ちろ氏のブログでも確認していたので、それほど違和感は感じられなかった。特に183系の場合は、新特急と呼ばれていた頃の草津号に使用されていたマークに似ている事から、どこか懐かしさを感じた。

|

« 急行「臘梅号」を追って秩父鉄道へ | トップページ | ラッピング車になった新京成N800形 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

私の世代だと、南チタ時代の183系 特急白根を思い出します…。
新製配置され、あまぎと共通運用でした。
今でも185系が特急運用されるのに違和感を感じますが…157系からの流れで仕方なかったのでしょうね!
JR発足以降にデビューした特急車両は静かですね…。
私は仕事で183系が特急運用されていた区間を時々乗車しますが、現在は定期運用で乗れないのが残念に思う反面、やはり房総方面や中央線の特急車両が格段に内装も良くなり、室内でも静か…。183系で特急料金を払うのは抵抗あります…。

投稿: 準急豊島園 | 2009/03/04 19:34

準急豊島園さん、コメントありがとうございます。

特急白根とは、また懐かしい響きですね。確かに183系が使われていた時期もあったと記憶しております。

183系の後継車両として誕生したJR発足後の特急車はいずれも快適ですよね。中央本線のE257系なんか特にそう感じます。確かにあの車両に乗ってしまいますと、183系で特急料金を払うのは、ちょっと抵抗があるかもしれません。でも、183系には新型車両にない味があるんですよね。ホリデー快速で当たりますと、昔を思い出しながら、183系の魅力を堪能しています。

投稿: TOMO | 2009/03/05 13:03

記事内容に直接は関係ありませんが183系として関係がある話を一つします。

3月14日の改正で、東海道線の東京~大垣間を結ぶ「快速ムーンライトながら」が臨時列車に格下げとなりますが、新しいスジには従来の373系ではなく、臨時列車の91,92号に充当されてきた183系が入るのではないでしょうか。やはり送り込みの為の普通列車とながらでは、入線時刻が異なっています。となると、373系普通列車の為だけにわざわざ夜に静岡から東京に来て、翌日の早朝に東京から静岡へ帰ることになるでしょう。

もう一つ、熱海を通過する東海道線の営業列車は今までに聞いた事がありません。熱海はJR東海とJR東日本の境界駅ですし、東海道線を直通する列車は寝台も含めて熱海に必ず停車して乗務員交代を行っています。となると、新ながらは乗務員交代をどの駅で行うのか、何だか不思議です。

投稿: mi-ha- | 2009/03/05 22:19

こんばんは。
期末テストの関係でしばらく書き込みできませんでした。
183系大宮車の人気は減りませんね。僕も時間があればカメラを向けています。今後も長らくの活躍を期待したい所です。

投稿: ゆーtetuろー | 2009/03/06 22:09

mi-ha-さん、ゆーtetuろーさん、コメントありがとうございます。

mi-ha-さん>
改正後の「ムーンライトながら」ですが、仰る通り、JR東日本の田町車両センターに所属する183・189系による運転となります。つまり、今の「ながら91・92号」に使用されている車両となります。373系の東京乗り入れは、改正後も残りますが、これはJR東日本とJR東海との間の精算運用によるものと思われます。考えてみれば、JR東海の在来線車両で、ATS-Pやデジタル列車無線に対応しているのも373系だけですしね。また、乗務員交代は熱海で実施する筈です。

ゆーtetuろーさん>
期末テストも終わり、あとは春休みを待つばかりと言ったところでしょうか? 大宮の183系国鉄特急色編成は、3編成とも上野方の先頭車はシンボルマークが残されている事から、人気がありますよね。特に、今回撮影したOM103編成は、両先頭車ともシンボルマークがありますから、この編成が来ると、ある意味「当たり」ですよね。今後もできるだけ183系の活躍ぶりを記録し続けてくださいね、

投稿: TOMO | 2009/03/07 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/44237143

この記事へのトラックバック一覧です: 183系「新宿あがつま草津号」を撮影する:

« 急行「臘梅号」を追って秩父鉄道へ | トップページ | ラッピング車になった新京成N800形 »