« 南武線 「横浜・神奈川DC」ヘッドマーク掲出電車運転中 | トップページ | 消え行く京王6000系を撮影する »

京王 春の全国交通安全運動ヘッドマーク付き編成を撮影する

さて、南武線のヘッドマーク掲出電車を撮影した後は、いよいよ本来の目的である、京王電鉄の「春の全国交通安全運動」のヘッドマーク付き電車の撮影へと向かう。ちょうど昼に近くなっていたこともあり、まずはどこかで食事をと言うタイミングなのだが、この日は京王線と井の頭線の両方を狙おうと思っていたので、明大前に向かうことにした。

京王稲田堤駅から、都営新宿線直通の急行に乗車。当たり前のようにやってくる9000系を見て、6000系がかなり減少していることに気付く。調布で準特急に乗り換えようと思ったが、そのまま急行で明大前に向かった。

明大前では、駅周辺で昼食を摂った後、井の頭線のホームに陣取る。ここで、暫く車両観察をしながらヘッドマーク付き電車の行方を探ったが現れなかった。時間にして40分以上はいただろうか。いったんあきらめて、京王線へ移る。最初は明大前で観察していたのだが、ホームが狭いこともあり、以前撮影したことがある下高井戸へ移動する。ここでも、暫く撮影してみたが、ヘッドマーク付き電車が来る気配すらない。やはり、デワで全ての運を使い果たしたか。そう思った頃、ようやく上りの新宿行きとして、ヘッドマークを掲出した8連の8030Fが登場。この列車の折り返しを待って撮影してみた。

Img_d6331s

Img_d6334s

ようやく撮影する事が出来た「春の全国交通安全運動」ヘッドマーク掲出編成。まずは8両編成の8030Fから撮影した。

京王線の「春の全国交通安全運動」ヘッドマーク編成を撮影するのは、2007年5月以来2年ぶりの事。今回も編成の前後でデザインを変えている。

8連の運用がつかめた頃、今度は同じく「春の全国交通安全運動」ヘッドマークを掲出した8002Fの編成も準特急として新宿に向かっていった。これも新宿からの折り返しを待って撮影することにした。

Img_d6338s

Img_d6341s

8030Fに続き、8002Fも準特急としてやって来た。

どうやら、京王線のヘッドマーク付き編成は、揃って下って行った直後からの観察だったようで、タイミングが悪かったようだ。

この後、下高井戸駅前で東急世田谷線をしばらく見てから、再び明大前へ。井の頭線の観察をするが、どうも来る気配がないことから、車両基地のある富士見ヶ丘へ移動してみた。富士見ヶ丘までの道中、先頭車両に陣取って見ていたが、ヘッドマーク付き電車とすれ違うことはなかった。そこで、そのまま久我山まで乗りとおし、車内から車両基地を眺めてみるが、車内から見える位置には停まっていない。久我山で下車し、神田川沿いの遊歩道を歩いて、車両基地の裏側に行くと、ヘッドマークを掲出した1000系の姿を発見した。

Img_sx5582s

井の頭線のヘッドマーク掲出編成は1024F。この日は運用に就いていなかった。

井の頭線の「春の全国交通安全運動」ヘッドマーク掲出編成は、昨年度デビューした1024Fだった。昨年度より3000系の置き換えが再開され、その代替として増備された1000系は、従来の車両とは、車体構造が変更され、更に車内にはLCD案内機が設置されたり、前面・側面の表示もフルカラーLEDになるなど、モデルチェンジをした車両である。この編成も、京王線のヘッドマーク掲出編成同様、両先頭車で違うデザインのヘッドマークを掲出しているとの事で、現時点では渋谷方先頭車が撮れていない。これは宿題となってしまった。

やはり、デワで全ての運を使い果たしたのか・・・

2009年4月18日追記
今回の京王電鉄の編成番号の呼び方については、多くの方からご意見を頂戴いたしました。有難うございます。皆さまからの声を反映し、私自身も鉄道雑誌を調べた結果、弊ブログでは、京王電鉄の車両に関して、今後は次のように表現することとしました。

まず、井の頭線の1000系・3000系と、京王線の9000系に関しては、いずれも固定編成扱いのため、1000系の第24編成と言う事で、1024Fと言う呼び方で統一します。8000系に関しては、分割対応の6+4編成も、現状は10両固定編成扱いで運用に就いているため、8000系の第2編成と言う事で8002Fと言う呼び方にします。

また、6000系や7000系のように2・4・6・8・10両と様々な編成パターンがある場合、6両・8両・10両編成に関しては、8000系や9000系と同じように固定編成扱い。2両編成、4両編成に関しては百の位を変える事で調整(2両編成は4、4両編成は2)することで表現する事に致しました。実際に、最近の「鉄道ピクトリアル誌」の記事でも、この表現方法を使用しておりますので、弊ブログとしまして、この方法を採用することにしました。御理解の程、宜しくお願いいたします。

|

« 南武線 「横浜・神奈川DC」ヘッドマーク掲出電車運転中 | トップページ | 消え行く京王6000系を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:京王」カテゴリの記事

コメント

西武上がりですね。

京王は先頭車ナンバーで呼ぶのですよ

8702Fと8802Fとこう呼びます。
8202Fももちろんそうなんですが10連貫通の
編成があったら中間車に8202が入ってしまって
識別できないのです。

実際、7701と7721の7201と7221は
かたや4連の中間車、かたや10連の中間車と
性質が変わってしまいます。

京王はナンバーの規則性がわかると簡単です。
7がつけば先頭車、8が増備の先頭車
500がつけば付随車で、電動車は0、50
100、150、200、250と増えてきます。

400だけがちょっと扱い違いますがまた
別の機会に。

投稿: SATO | 2009/04/16 01:00

SATOさん、ご教示ありがとうございます。

今回の記事作成に当たりましては、日頃から京王の話題を取り上げていらっしゃるブログ、「Oka Laboratory 備忘録」さんの記事を参考に書かせていただきました。私は京王沿線住民ではありませんので、実際、沿線在住のファンの方達の間で、どのように編成番号を呼ぶのかは解りませんでしたので、このようにいたしましたが、一般的にはどちらで呼ぶのでしょうか?

ちなみに、西武上がりと仰っていますが、西武でも2000系や3000系など、4桁車や10000系や20000系などの5桁形式の車両に関しては、奇数向き先頭車の車番を編成番号として呼んでいるケースが多いです。

投稿: TOMO | 2009/04/16 01:54

TOMOさん、そしてSATOさん、こんばんっわ!
西武ファンの快速武蔵増戸です。
いつも楽しく読ませてもらってまーす( ̄▽ ̄)

>西武上がりですね。

・・・( ̄○ ̄;)!
SATOさん、いくらなんでも書きすぎじゃ(;´Д`A
なんだか『京王上がりがウダウダ言ってらあ』って
ヤナ感じ(;´д`)トホホ…
どっちでもいいことに突っ込み入れて恥ずかすぃな。
自分の知識をひけらかしたんだろうね┐(´д`)┌
あ~やだやだ(藁)

快速武蔵増戸は「編成の呼び方はどっちでもいいと
思う」方に一票でーす(゚ε゚)キニシナイ!!

投稿: 快速武蔵増戸 | 2009/04/17 00:08

快速武蔵増戸さん、コメントありがとうございます。

西武ファンからの温かい援護射撃、感謝しております。編成番号の呼び方と言うものは、とても難しいものです。私の場合、西武鉄道の車両に関しては、101系は第一モハ・クモハを、4桁・5桁の形式車両に関しては、飯能方奇数向きの先頭車両の番号を編成番号としております。よって6000系は、6101Fと称していますが、西武鉄道ファンの方の中には、6001Fと呼ぶ方もいらっしゃいます。

今回のSATOさんの場合は、西武鉄道好きの快速武蔵増戸さんが感じたように、京王電鉄が好きだからこそ、私が書いた記事に対して、このように感じたのかもしれません。私としましては、SATOさんのコメントは、京王ファンからの激励として受け止め、今後の記事作成に生かしていきたいと考えております。弊ブログの過去の京王の記事を見ますと、実際にSATOさんが示しているように、17**Fと書いている時もありますので、やはり、どちらかに統一すべきではないかと考えております。

この記事に関しましては、これ以上コメントを受け付けますと、京王ファンVS西武ファンとなってしまいかねませんので、誠に勝手ながら、このコメントをもちまして、コメントの受け付けを終了とさせていただきます。ご理解のほどお願いいたします。

投稿: TOMO | 2009/04/17 01:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/44676629

この記事へのトラックバック一覧です: 京王 春の全国交通安全運動ヘッドマーク付き編成を撮影する:

« 南武線 「横浜・神奈川DC」ヘッドマーク掲出電車運転中 | トップページ | 消え行く京王6000系を撮影する »