« 伊豆箱根鉄道1300系第2編成の甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障によるダイヤ乱れに遭遇 »

春の行楽列車 通勤準急西武秩父行きと各駅停車吾野行きを撮影する

さて、伊豆箱根鉄道1300系の甲種輸送を撮影するために休暇を取った5月11日。甲種輸送は午後の出発だったのだが、甲種輸送とは別に撮りたいものがあり、朝8時過ぎに所沢へと向かった。ここでのお目当ては、春の行楽シーズンに運転される、通勤準急西武秩父行きである。この列車は、通勤準急所沢行き4801列車を延長運転するもので、昨年の今頃は、快速小手指行きの延長運転だった。改正の度に種別は変わるものの、所沢行きや小手指行きを延長運転すると言う意味では変わっていない。

そこで、平日のみの運転である通勤準急西武秩父行きを、伊豆箱根鉄道1300系の撮影の合間に撮影する事にしたのである。私は所沢駅の到着時刻に合わせて、3番ホームの池袋方に移動。上りの特急列車に被られてしまうかと、冷や冷やしていたのだが、入線シーンは無事に撮る事が出来た。

Img_d7234s

春の行楽シーズンに合わせて、今年も平日朝の臨時列車が運転中。まずは通勤準急西武秩父行きを所沢で撮影してみる。

2000系の10両編成で運転されている通勤準急西武秩父行き。10両編成で運転されるのは小手指までで、小手指から先は8両編成での運転となる。なお、列車そのものは、所沢から先が臨時列車扱いとなるため、列車の種別表示も、所沢を境に各停へと変わっていた。

Img_d7240s

所沢から先は、各停西武秩父行きとして運転。

この西武秩父行き、所沢で4分間停車したが、その停車時間の間に、遠足の小学生が大勢乗り込んで行った。平日の朝に、わざわざ西武秩父まで延長運転する理由は、こう言った遠足の児童達の利便性も考慮しているようである。

さて、春の行楽シーズンの臨時列車と言えば、通勤準急西武秩父行きと合わせて、忘れてはならないのが、飯能始発の各駅停車吾野行きである。飯能から先、西武秩父方面の終電は、毎日吾野行きとして運転されるが、明るい時間帯に運転される吾野行きは、この平日朝に運転される臨時列車のみである。昨年3月にも、この列車を撮影はしているのだが、4000系の幕が新しい幕に変わってからは、まだ撮影していなかった。そこで、朝食を食べてから、飯能駅へ移動し、各停吾野行きを撮影する事にした。

9時38分、飯能駅に到着。まだ吾野行きは入線していない。とりあえず、ホームのベンチに腰を下ろし待つ。そして3分後、西武秩父からの飯能行きが到着した。「北辰の梟号」のヘッドマークが貼られた4021Fである。、この車両が、折り返し吾野行きになると言うので、まずはこの車両から撮影を始めた。

Img_sx6073s

同じく平日の行楽列車として運転される4000系の吾野行き。この日は、「北辰の梟号」の4021Fも充当された。

入線してきた吾野行き。このまま4両編成で吾野行きになるわけではなく、ここで空の車を4両連結して8両編成での運転となる。この点は、昨年と同じだ。最初の4両が到着してから、およそ3分後、今度は4005Fがやって来て、増結作業を始めた。

Img_sx6077s

後から入線してきた4005Fを連結して、吾野を目指す。

4005Fの連結作業が終わると、吾野方の先頭車、そして次位の車両には、ホーム上で待機していた遠足の小学生達が乗り込み、車内はとても賑やかになった。


撮影後、私はこの列車に乗り込み、隣の東飯能まで乗車。同駅から八高線に乗り換えた。

|

« 伊豆箱根鉄道1300系第2編成の甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障によるダイヤ乱れに遭遇 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

「通勤快速」といいますと、平日の朝ラッシュに都市部へ向かって、平日の夕方の帰宅ラッシュに都市近郊へ向かって走っていくという印象が強いのですが、これは逆方向へ向かっているのでしょうか!?

私も大学が都内なので沢山の路線に乗っているとは思いますが、今までに西武に乗った事は1度もありません。住んでいる場所からしてあまり利便性は高くないのかもしれませんが・・・・。

親戚が中央線の日野に住んでいますので、西武線からだと多摩湖線や国分寺線に新宿線からアクセスできればなと思います。気になったのですが、武蔵小金井~是政間の途切れた路線は西武でしょうか!?

投稿: mi-ha- | 2009/05/16 19:40

miーhaーさん、コメントありがとうございます。

この通勤準急は、池袋駅から郊外に向かっている下り列車です。従って、都心方面へは行きません。

一般的に見まして、我々サラリーマンは、郊外に家を構え、電車などの公共交通機関を使用して、都心方面へ通勤するというパターンが多いですが、最近では、企業や大学のキャンパスの郊外進出も多く、私が通勤で利用している中央快速線では、上り列車はもちろんのこと、下り列車も朝からそれなりに混雑が見られます。

通勤と頭に付く種別は、各鉄道会社で見られますが、首都圏エリアでは、他に京王やJRの埼京線が朝の下りでも通勤快速が走っています。また、埼京線は、夕方の新宿方面へ向かう列車にも通勤快速がありますね。さらに東急東横線には朝夕、上り・下りともに通勤特急があります。東横線の場合は、横浜へ通勤されている方もいらっしゃるでしょうから、両方向設定しても問題ないのでしょうね。

ちなみに、ご質問の是政へ行く路線ですが、始発は武蔵境で、西武鉄道多摩川線と言います。

投稿: TOMO | 2009/05/18 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/45014976

この記事へのトラックバック一覧です: 春の行楽列車 通勤準急西武秩父行きと各駅停車吾野行きを撮影する:

« 伊豆箱根鉄道1300系第2編成の甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障によるダイヤ乱れに遭遇 »