« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン100形タイプ運転開始 | トップページ | 緑寿を迎えたC58 363号機 »

2009年5月30日撮影の秩父鉄道の貨物列車

さて、リバイバルカラーの1000系を撮影するために訪れた秩父鉄道の波久礼駅。当初の目的を達成した後も、暫くの間、この場所に残って撮影を続ける事にした。

臨時急行通過からおよそ10分後の事。熊谷方の踏切が鳴り始めた。下り列車は少し前に出たばかり。確かこの時間に貨物列車があったなあと思いだす。ならば、少しでも編成を長く撮ろうと思い、やや駅寄りに移動し列車を待つ。やってきた列車は、やはり、貨物列車であった。

Img_d8058s

110周年リバイバルトレイン運転日であるこの日も、貨物列車は運転していた。

波久礼駅に入線して来たのは、デキ303が牽引する7305列車。2週間ほど前、広瀬川原車両基地のイベントに出掛けた時は、貨物列車が運休時期に重なっており撮影出来なかった事、更に、この日は、13時頃に御花畑駅を通過する筈の7006列車を見かけなかったと事から、実際に列車が来るまで不安だったが、7305列車に関しては時刻どおり運転してくれたようである。

7305列車は、ここ波久礼駅で上り列車と交換する。そこで、この停車時間を利用し、私は三峰口方にある踏切まで移動し、そこでも撮影してみた。

Img_d8061s

波久礼駅構内に停車中の7305列車を、踏切から撮影。

この踏切は、警報機と遮断機が無い第4種踏切のため、列車の動きをよく観察してから渡らなくてはならない。その分、このような貨物列車は、踏切のすぐ目の前に停まっているため、機関車も間近に見ることが出来る。

撮影後、5000系による上り各駅停車の通過を待って、更に出発信号機が赤であることを確認し、反対側へ移動する。

Img_d8065s

5000系各停と交換する7305列車。

撮影を終えた頃、出発信号機が青に変わった。停車していた7305列車はゆっくりと動き出し、波久礼駅を発車して行った。

この後、私は15時41分発の三峰口行きに乗車して波久礼駅を離れたのだが、この三峰口行きを撮影するために、波久礼駅ホーム上で、寄居方にカメラを向けていたところ、背後から上りの貨物列車が入線してきた。貨物時刻表によれば7106列車のようだ。あまりに静かに入線してきたので、気がついた時は、撮影出来ない場所まで機関車が来ており撮り逃がしてしまった。

と言う事で、この日撮影出来たのは、デキ303牽引の7305列車1本のみであった。

|

« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン100形タイプ運転開始 | トップページ | 緑寿を迎えたC58 363号機 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/45196672

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年5月30日撮影の秩父鉄道の貨物列車:

« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン100形タイプ運転開始 | トップページ | 緑寿を迎えたC58 363号機 »