« 西武多摩湖(南)線に2000系入線 | トップページ | 拝島の長い踏切 最終日の様子 »

秩父鉄道7000系を撮影

では、再び5月30日の秩父鉄道の撮影記に戻ります。

5月30日午後、波久礼駅に立ち寄った私。ここまで1000系リバイバルカラー編成、パレオエクスプレス、そして貨物列車を撮影してきたが、貨物列車に続いてやって来た下りの各駅停車は、こんな車両が充当されていた。

Img_d8070s

秩父鉄道の新顔7000系が波久礼駅に進入する。

今年3月にデビューした秩父鉄道の7000系。元東急8500系を改造し、3連2編成が登場したが、ちょうど波久礼駅に入線して来たのは、中間車を先頭車改造し、非貫通型の前面デザインとなっている7002F。先日の広瀬川原車両基地でのイベントの際、武川駅から広瀬川原車両基地まで実際に乗車した編成だ。

Img_d8072s

波久礼駅に停車中の7002F。

山間の小さな駅に停車するシーンは、先日乗車した時とは、また違った感じにも見える。そして、私自身が見慣れないからかもしれないが、ローカル色の濃い波久礼駅に停車する7000系は、とても違和感があった。

この後、パレオエクスプレスを撮影し、波久礼駅から撤収となるが、同駅から御花畑へと向かうため、三峰口行きを待っていると、やって来たのは、この車両であった。

Img_d8094s

波久礼駅に進入する7001F。

東急8500系の面影を色濃く残す前面デザインである7001Fだった。この編成は、営業開始時より、NHK連続テレビ小説「つばさ」のラッピング電車となっている。「つばさ」の舞台ともなっている長瀞を通って帰るので、そう言う点では、相応しい車両が来たと言えるかもしれない。撮影を終えて車内へ乗り込む。7000系に乗るのは、これで2回目であるが、前回は、乗車時間も短かったので、味わう間もなく降りてしまったと言う感じであった。それだけに、今回はじっくり観察してみよう。と思いながら乗車する。乗り心地は、旧国鉄101系改造の1000系と比較すると、揺れも少なく快適だ。座席はやや硬いが、揺れが少ない分、座り心地も悪くなかった。イベントの時は気が付かなかった、自動放送もじっくり聞くことが出来たが、英語版の車内アナウンスが流れてきたのには、ちょっと驚いてしまった。

110周年と言う歴史に触れた秩父鉄道の撮影。最後は、新顔の撮影&乗車で幕を閉じた。

|

« 西武多摩湖(南)線に2000系入線 | トップページ | 拝島の長い踏切 最終日の様子 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/45217635

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道7000系を撮影:

» 秩父鉄道 7000系は東急 8500系電車 [ぱふぅ家のホームページ]
【更新】秩父鉄道7000系電車は、東急から譲渡された8500系電車にドア開閉ボタンを付けたり車椅子スペースを設置するなどの改良を施した車両である。2009年3月から営業運転開始。 [続きを読む]

受信: 2015/02/09 18:54

« 西武多摩湖(南)線に2000系入線 | トップページ | 拝島の長い踏切 最終日の様子 »