« 第10回国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行って来た | トップページ | 西武 20103Fと20107Fがトレード »

JAM散財報告

では、引き続きJAMの話題。

今回も、JAM会場では、いくつかのお買い物をした。こう言う会場では、つい財布のひもが緩みがちになってしまう。今回は主に5つのものを購入してきた。ここでは、JAM会場での散財報告を取り上げておく。

Img_sx6975s

JR西日本商事トレインボックスのキハ58。

今回のJAM会場内で、一番買いたかったのが、このJR西日本商事で発売した、キハ58+キハ28のセット。トミックスのキハ58を使用して、富山運転センターに所属する、国鉄色復活編成(キハ58 477+キハ28 2360)を忠実にモデル化したもの。2両で11000円と値が張るが、納得のいく仕上がりである。実車は、2008年7月に高岡鉄道部カラーから、国鉄色に塗り替えられた。そして、高山本線富山口で実施されている、高山本線活性化社会実験の列車増発用として、富山運輸センターに転属してきたものである。

Img_sx6977s

お馴染みのJAMコンテナ。

トミックスが、毎年JAM開催に合わせて発売しているJAMコンテナ。今年も1人1両ずつの販売方式を取っていた。

Img_sx6976s

トミックスのイベント会場限定品コンテナ。

続いては、当日の12時30分から発売を始めたイベント会場限定品のコキ。既に静岡ホビーショウ会場で発売されたものだそうだ。

Img_sx6978s

中古品 マイテ49。

ポポンデッタのブースにて購入。中古品の車両ケースを漁っていたら発見した。SLやまぐち号のレトロ客車に連結させる予定。多少の傷は有るが、古い製品である事を考慮すると、まあまあの状態ではないだろうか。帰宅後に確認したところ、前のオーナーさんが室内灯を取りつけていた。連結相手の12系レトロ調客車には、室内灯を入れていないため、外す予定にしている。その他、車輪がかなり汚れているため、予備品と交換する予定である。

その他、車両ケースでお馴染みのCASCOのブースにて、ウレタンのジャンク品(4個1000円)を購入。しめて、18500円の散財となった。

|

« 第10回国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行って来た | トップページ | 西武 20103Fと20107Fがトレード »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

散在 → 散財 ?

投稿: すー(きさらぎ) | 2009/08/23 08:58

すー(きさらぎ)さん、ご指摘ありがとうございました。先ほど訂正させていただきました。

また、よろしくお願いします。

投稿: TOMO | 2009/08/23 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAM散財報告:

« 第10回国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行って来た | トップページ | 西武 20103Fと20107Fがトレード »