« ひたちなか海浜鉄道ミキ300-103 本日より営業運転開始 | トップページ | 西武 南入曽車両基地「電車夏まつり」会場へ »

西武 曼珠沙華ヘッドマーク掲出編成運転中

では、再び8月29日の話題に戻ります。

西武沿線に秋の訪れを告げる高麗の巾着田の曼珠沙華。西武鉄道では、「西武沿線花さんぽ」と称して、毎年PRに力を注いでいる。8月も下旬となり、朝晩には秋の気配を感じるようになったが、それでも日中は暑い日が多く、まだ秋と言う感じはしないのだが、今年は、いち早く、高麗の曼珠沙華のヘッドマークを、8月下旬より、西武池袋線の6116Fに掲出し運転を開始した。去年は9月中旬頃からの運転だったので、1カ月近く早い登場である。

まだ、巾着田の曼珠沙華の開花情報も出ていない時期だけに、これから約1ヵ月間は、ヘッドマーク掲出電車を見る事が出来ると思うが、ヘッドマーク掲出編成は、出来る事ならば、一刻も早く撮影したい。そう思っていたところ、知人より、この日は64M運用に就いていると言う情報が入って来た。

そこで、29日の午前中、64M運用に充当中の6116Fを撮影してみた。どこで撮影しようかと悩んだ結果、この後の予定を考慮して、秋津~所沢間のカーブで狙う事にした。私が現地に到着したのは、10時07分頃のこと。64M運用に就く6116F通過のおよそ10分前である。この時点で、この場所で待機していたのは私一人である。本当に6116Fは来るのかしら。一瞬不安になってしまったが、次の瞬間、前方より赤いヘッドマークを付けた6000系が接近してくるのが見えた。ホッと一安心したところで、撮影を開始する。

Img_d10577s

池袋線の6116Fに曼珠沙華のヘッドマークが掲出された。

昨年は白をベースにしたヘッドマークだったが、今年は赤を強調したマークとなった。掲出する6000系が、副都心線乗り入れ対応工事により、前面を白く塗装した事もあり、白をベースにしたマークでは目立たないと判断したのかもしれない。

この6116Fは小手指行き。小手指到着後は、すぐに準急新木場行きとなって折り返してくる。そこで、今度は、やや所沢駅寄りに移動して、新木場へと向かう6116Fを撮影してみた。

Img_d10603s

再び新木場へと向かう6116F。

今年は一足早く運転を開始した曼珠沙華のヘッドマーク掲出編成。これからも遭遇する機会が有れば、継続して撮影して行こうと思う。そして、来月から始まるであろう、曼珠沙華の臨時列車の撮影計画も、そろそろ立てなくては・・・

|

« ひたちなか海浜鉄道ミキ300-103 本日より営業運転開始 | トップページ | 西武 南入曽車両基地「電車夏まつり」会場へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/46079055

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 曼珠沙華ヘッドマーク掲出編成運転中:

» 【西武 HM】6000系6116Fに「曼珠沙華」2009Ver.ヘッドマーク取付 (Youtube動画有り) [気まぐれに西武でも]
例年、9月中旬から下旬が見頃になる、高麗巾着田の「曼珠沙華」。開花時期が近づくと、毎年6000系が「曼珠沙華」ヘッドマークを掲出するが、今年は6116Fが担当。今年はヘッドマークが実に鮮やかで、白顔6000系に良く似合っています。昨年のヘッドマークは、白基調に赤イラスト。これも白顔の6000系に良く似合っていましたが、今年のヘッドマーク、個人的にマンジュ過去最高の出来栄え。6116Fの車内広告は、すべて「曼珠沙華」の吊り広告になったようですが、新宿線6101Fも「曼珠沙華」吊り広告のみになったのを確... [続きを読む]

受信: 2009/09/04 01:32

« ひたちなか海浜鉄道ミキ300-103 本日より営業運転開始 | トップページ | 西武 南入曽車両基地「電車夏まつり」会場へ »