« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン旧1000系色運転開始 | トップページ | ハイキングをPRするヘッドマークを掲出した秩父鉄道6000系 »

秩父鉄道波久礼駅で撮影した列車たち

さて、リバイバルカラー1007Fの撮影のために訪れた、秩父鉄道の波久礼駅。1007Fの急行通過後も、暫くこの場所に留まり、撮影を継続した。

まず最初に撮影したのは、この車両だった。

Img_d11950s

1003Fの各停羽生行き。

続々とリバイバルカラー編成が登場した1000系車両。秩父鉄道の最大勢力を誇る車両ではあるが、元東急8500系である7000系車両の登場により、2編成が廃車となり、今では、このカラーの1000系の方が少なくなってしまっている。

Img_d11955s

1009Fの各停羽生行き。

リバイバルカラー第4弾、関西線で見られた鴬色に塗られた1009Fが羽生行きとしてやってきた。

Img_d11968s

C58 363号機牽引の「パレオエクスプレス」

秩父鉄道の看板列車とも言えるSL「パレオエクスプレス」。牽引機のC58は、今年、登場から66年を迎え、緑寿を記念した緑色のプレートを8月30日までの期間限定で掲出していたが、今は御覧のように黒いプレートに戻されている。

Img_sx7256s

1011Fの各停三峰口行き。

一連のリバイバルカラーは、このオレンジ色の1011Fからスタートした。オレンジのカラーになってから早2年。良い感じに汚れ具合が出て、往年の中央線らしさが出てきたような気がする。

Img_d11970s

1012Fの各停羽生行き。

リバイバルカラー第3弾として登場した、カナリア色の1012F。1011Fの三峰口行きが出た後に、この波久礼にやって来たので、手前の樋口で交換してきたようだ。普段から、中央線を利用している者としては、オレンジとカナリア、この両者のすれ違いは、一度記録しておきたいと思っているのだが、なかなかタイミングが合わない。

Img_d11974s

単機で通過して行ったデキ103。

1012Fの羽生行きに続く形で、デキ103が単機で通過して行った。普段ならヲキ・ヲキフと言った貨車を連ねて行く筈なのだが、この日は鉱石列車を1本も見る事は無かった。

このデキ103を見届けたところで、そろそろ撤収しようと思い、駅へと向かう。列車に乗る前にトイレに行き、戻ってきたら、なんと、側線に貨物列車が入って来た。

Img_sx7257s

ホキ10000による貨物列車。

太平洋セメント所有のホキ10000形10両が、デキ301に牽引される形で波久礼駅にやって来た。既に機関車は、ホームより前に出ているため撮影できず。そこで、この列車に関しては波久礼駅から乗車する列車の中から撮影する事にした。

Img_d11977s

5004Fの各停三峰口行き。

都営地下鉄三田線で活躍していた6000系を譲り受けた5000系がやって来た。実は、影森から波久礼まで乗車したのも、この編成であった。

Img_d11984s

デキ301+ホキ10000の貨物列車を、5000系車内より撮影。

この撮影を以て、波久礼駅での撮影を終了として、御花畑へと向かった。

実は、波久礼駅では、もう1本、ある列車を撮影しているのだが、それは次の記事で。

|

« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン旧1000系色運転開始 | トップページ | ハイキングをPRするヘッドマークを掲出した秩父鉄道6000系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、初めまして。
 こちらのブログ、長らくブラウザのブックマークの中に入れさせてもらってきていますが、コメントをさせてもらうのは今回が初めてです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 写真2枚目に写っている「羽生」幕の1009F、私がまだ小学生だった頃に当時の旧国鉄関西本線(現在の”大和路線”と呼ばれる区間)で当たり前の如く見られた車体色ですよ・・・懐かしいです!
 他にも黄色や朱色の車体をしたものや、元都営地下鉄車両、果ては貨物列車まで・・・何だか今の秩父鉄道は、ある意味、”走る鉄道博物館”と化している感がありますね。

 見ているだけで楽しくなります。

投稿: 南八尾電車区 | 2009/10/09 23:19

南八尾電車区さん、コメントありがとうございます。

秩父鉄道1000系のリバイバルカラー、特にその中でも関西線カラーに懐かしさを感じていただいたようでなによりです。

秩父鉄道の主力車両は、今でもこの1000系車両でありまして、鉄道博物館に展示されている車両が、未だに現役で活躍中と言う事で、それを上手く利用し、リバイバルカラーで盛り上げているなあと言う印象を受けます。しかし、1000系の後継車両として、7000系車両の入線も始まりましたので、1000系が天下を撮っている現状も、あと僅かと言う事になるのかもしれません。SLや貨物列車と絡めて、秩父鉄道の今をしっかりと記録しておきたいと考えております。

投稿: TOMO | 2009/10/13 08:39

ご無沙汰しております。貨物大好き親子です。いつもはJR貨物のページばかり拝見しているのですが、今日はこちらへお邪魔しています。
と申しますのは、デキ機関車が動いているのに、なかなか巡り会えないんです。普段は「武川」という駅で停車中のものを眺めるばかり‥。
ですが最近、セメント工場への引き込み線で、貨車を引いているのを見られるらしく、その機会を楽しみにしています。
それから、またまた質問なのですが、「DD51」などの数字部分は「ごじゅういち」なのですが、それとも「ごういち」なのでしょうか?ぜひレクチャーしてください。
P.S.新型機関車の雑誌記事を店頭で見ました!

投稿: みるくべっちい | 2010/01/31 17:47

みるくべっちいさん、コメントありがとうございます。

秩父鉄道の貨物列車ですが、実は一部書店で販売されている貨物時刻表にも時刻が掲載されていますので、最近では、ある程度、撮影スケジュールを組むことが可能になりました。実は、1月31日に秩父神社まで行きましたので、手元の貨物時刻表を見ると、ちょうど貨物が来そうな時間帯でしたから、暫く待ってみたのですが、貨物列車は来ませんでした。実は、工場側の都合により、長期間運休となる時期があるらしく、最近では、私も運悪く、このタイミングに当たってしまうのか、暫く貨物列車は撮影していません。また、機会を見まして撮影に出かけようとは思っています。

あと、機関車の呼び方についてですが、私は「ごじゅういち」と呼んでいますね。ただ、「ゴーイチ」と呼ぶ方も多いでしょう。湘南新宿ラインなどで活躍するE231系も「にひゃくさんじゅういち」と呼ぶ人もいれば、「にーさんいち」と呼ぶ方もいます。鉄道会社に寒むしている方の現場での会話ではないわけですから、ご自身が使いやすい方で呼べば宜しいのではないかと思います。

投稿: TOMO | 2010/02/04 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/46417785

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道波久礼駅で撮影した列車たち:

« 祝!秩父鉄道110周年 秩鉄カラーリバイバルトレイン旧1000系色運転開始 | トップページ | ハイキングをPRするヘッドマークを掲出した秩父鉄道6000系 »