« ヘッドマーク付きで運転されたD51試運転を撮影 | トップページ | 400系最後の1編成 L3編成と出会う »

久留里線キハ30 62の出場配給を撮影

年内の業務は先週末で終了し、いよいよ正月休みに突入。今日は、所用で両国へ行っていたのだが、知人より、「久留里線のキハ30が郡山総合車両センターを出場し、黒磯からは、ゲッパ牽引で東京方面へ向かっている。」と言う連絡が入った。

ゲッパがキハ30を牽引する。これは是非とも撮りたい。そう思った私は、すぐに上野へ出て、宇都宮線の普通列車に乗り込んだ。目指すは蓮田。お馴染みの「ヒガハス」へと向かう。蓮田駅から歩く事およそ15分ほど。ヒガハスに到着。ゲッパ牽引と言う事もあって、多くのファンが待機していた。早速撮影準備の取り掛かる。ゲッパ+キハ30の通過予定時刻まで、残り5分ほどしかない。相変わらず、ギリギリの行動だ。直前の上り普通列車で光線状態等を確認。これで準備万端と思ったら、急に雲が出て陰って来た。慌ててカメラの設定を変える。そして、その直後、前方から赤いEF65が見えてきた。さあ本番だ。「気合入れて撮るぞ」と思った瞬間、無情にも下りの普通列車が猛スピードでやって来た。何と、ここで被られるとは・・・慌てて、望遠レンズで引っ張って、何とか撮影してみたが、トリミングで誤魔化せるかどうか微妙な写りに、テンションが一気に下がった。

帰宅後、画像整理をした際に、問題の画像を思いっきりトリミングしてみた。

Img_d14749s

久留里線用のキハ30 62が郡山総合車両センターを出場。黒磯からは、EF65 1118号機が牽引を担当した。

障害物がやや気になるが、ゲッパがキハ30を牽引した事は、充分に解る画像になってくれた。国鉄色になったキハ30。この色だと、床下機器はグレーではなく黒の方が似合うと思うのだが、これは郡山総合車両センターは、床下機器をグレーに塗るのが定番だから、仕方ないか・・・

|

« ヘッドマーク付きで運転されたD51試運転を撮影 | トップページ | 400系最後の1編成 L3編成と出会う »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

実は今日(12月31日です)、キハ30―62に乗車してきました。(^o^)木更津駅16時29分発の上総亀山行から、運用に入りました。あと、キハ30―98にも乗車出来ました。

投稿: 岩崎友裕 | 2009/12/31 22:04

岩崎友裕さん、コメントありがとうございます。

1カ月以上も前にコメントをいただいたのにも関わらず、コメント返しが漏れてしまい申し訳ございません。今回出場した車両は、大晦日には営業運転に入っていたのですね。

1月の三連休に、私も久留里線へ行ってきました。ようやく記事をアップしましたので、そちらもどうぞご覧くださいませ。

投稿: TOMO | 2010/02/02 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/47141138

この記事へのトラックバック一覧です: 久留里線キハ30 62の出場配給を撮影:

« ヘッドマーク付きで運転されたD51試運転を撮影 | トップページ | 400系最後の1編成 L3編成と出会う »