« 国鉄色キハ52・58で運転 「ありがとう磐越西線国鉄色号」を撮影 | トップページ | 新津駅で「トワイライトエクスプレス」を撮影 »

新潟地区で活躍を続ける新津運輸区のキハ47

さて、今回の磐越西線撮影記の際に、非電化区間で乗車したのは、いずれもキハ47であった。

キハ47は、キハ40系列の中では、両開き2扉と言う近郊型スタイルで登場。主に西日本や四国・九州で活躍しているが、JR東日本管内にも、この新津運輸区に、寒冷地仕様の500番台車・1500番台車を中心に27両が配属されている。新潟地区には、キハ110系やキハE130系と言った、JR化後に新製された気動車も活躍しているが、米坂線以外は、キハ40系列もまだまだ活躍しており、今回、磐越西線の非電化区間では、キハ47にしか当たらなかった程である。

新津運輸区のキハ47には、塗装が3種類存在する。まずご紹介するのが、新潟色と呼ばれるカラー。

Img_d14662s

会津若松駅で出発を待つ、新潟色のキハ47。

このカラーは、115系電車にも採用されていた事もあったが、後に115系は塗装を変更しており、現在ではキハ40系列のみで見られるカラーとなっている。

一方、新潟地区の新塗装化は、気動車でも徐々に進められており、こちらは新新潟色と呼ばれているようである。

Img_d14683s

新津駅に到着した、新新潟色のキハ47。

御覧のように、新旧新潟色のキハ47が、まだ混在していると言う状況で、この日乗車したキハ47は、2両編成を組んだ場合、いずれも新旧新潟色の混色と言う状況だった。

そして、忘れてはならないのが、国鉄色の車両である。新津運輸区に所属するキハ40・47にも、デビュー当時の首都圏色と呼ばれる朱色1色の車両が3両(キハ40・・・1両、キハ47・・・2両)存在している。実は、今回、このうちのキハ47を1両だけ目撃しているのだが、残念ながら撮影する事は出来なかった。

今回、キハ47には、撮影よりも移動手段としての遭遇が中心だったため、御覧のように駅撮りしかしていないが、次回、新潟方面に訪れた時には、国鉄色に復元された車両も含めて、じっくり撮影してみようと思う。

|

« 国鉄色キハ52・58で運転 「ありがとう磐越西線国鉄色号」を撮影 | トップページ | 新津駅で「トワイライトエクスプレス」を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/47159237

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟地区で活躍を続ける新津運輸区のキハ47:

« 国鉄色キハ52・58で運転 「ありがとう磐越西線国鉄色号」を撮影 | トップページ | 新津駅で「トワイライトエクスプレス」を撮影 »