« EF510-501+24系乗務員訓練列車を撮影 | トップページ | 西武 E31形電気機関車さよならイベントへ 前編 »

ハイブリッド方式入換機関車 HD300-901号機の甲種輸送を撮影

JR貨物では、貨物駅等で入換用として活躍中のDE10形ディーゼル機関車の老朽置き換え用として、高性能電池技術を応用したハイブリッド方式入換機関車、HD300形の開発を進めているが、この度、試作機である901号機が、製造元である、東京都府中市の東芝府中事業所で落成。本日、東京貨物ターミナルへの甲種輸送が実施される事となった。

この甲種輸送の日程については、鉄道ダイヤ情報誌にも掲載されていた。注目の新形式機関車と言う事で、その姿は是非とも自分の目で確かめておきたいと思い、ダイヤ情報誌が発売された時点で、この日は休暇を取る方向で調整を進めていた。予定通り、休暇を取る事で来た事から、本日は、このHD300の甲種輸送の撮影に出かけてきた。

久し振りの平日休み。と言う事で、朝から自宅で色々と野暮用を済ませていた。HD300は、東芝府中事業所を11時13分に出発し、まずは新座貨物ターミナルへと向かう。その間、西国分寺で40分ほど、そして新秋津で7分ほどの停車時間があった。何とものんびりとしたスタートである。その為、まずは西国分寺から撮影をスタートさせる予定だったのだが、野暮用が遅れてしまい、既に時刻は11時を過ぎてしまった。時間的には、西国分寺で追いつくことが可能だったが、西国分寺駅では、出発信号機の位置関係から、ホーム上から見えにくい場所に停まっている事は解っていたため、直接、新秋津へ向かう事にした。

自宅を11時30分頃に出発。新小平から武蔵野線電車に乗り込んで、新秋津駅に到着したのは、12時頃の事であった。早速、上りホームの西船橋方へと向かうが、月末の平日にも関わらず、ホームには大勢の鉄道ファンが、HD300の到着を待っていた。まあ、学生さん達は春休みだし、人が多いのは当然かと思いながら、撮影準備を進める。とりあえず、HD300の後追いだけに専念して待機する事にした。205系の府中本町行きが直前に到着したので、タイミングが掴みにくい状態だったが、どこからか、「来たぞ」と言う声が聞こえてきたため、自分の頭も撮影モードに突入。無事にHD300を撮影する事が出来た。

Img_d16617s

ついに姿を現した、ハイブリッド方式入換機関車、HD300-901号機。

赤い車体のHD300形。最新の技術を誇る入換機関車で有りながら、良く見ると、置き換え対象となるDE10形の流れを汲んだデザインである事が解る。入換業務に徹すると言う事で有れば、DE10は優れたデザインと言えるのかもしれない。

この後、新座貨物ターミナルへ向かったHD300は、約1時間後に新座貨物ターミナルを出発し、東京貨物ターミナルへ向かう事となる。私は、新秋津駅近くで昼食を摂った後、武蔵野線の電車で西国分寺へと移動する。先程の新秋津よりも多くの鉄道ファンが待機していた中、Fujickey氏と遭遇し、一緒に撮影する事にした。鉄道ダイヤ情報誌の甲種輸送計画表では、西国分寺は14時07分通過と言う事で、上り本線を通過するものと思いながらカメラを構えていたのだが、入線してきたのは中線だった。

Img_d16648s

原色のDE10 1663号機に牽引されて、西国分寺駅にやってきたHD300-901号機。

中線に入るとは、全く予想していなかっただけに、最初は焦ってしまったが、どうにか撮影する事が出来た。

西国分寺駅に到着したHD300は、ここで、上りの定期列車に道を譲るため、少々停車していた。その間を利用して、ホームの先端から停車中のHD300を撮る事が出来たので、ここでの誤算は有り難かった。

Img_d16658s

停車中のHD300-901号機をホーム上から撮影。

HD300は、この後、新鶴見を経由して東京貨物ターミナルへと向かうため、まだまだ先回りしての撮影が可能だったのだが、今日はこれ以外にも見たいものがあったため、HD300の甲種輸送の撮影は、ここで終了とした。

さて、今回のHD300の甲種輸送は、お昼頃、新秋津付近を通過すると言う事で、武蔵野線の貨物列車としてはお馴染みの配給列車も一緒に狙えると言う時間帯での運転だった。そこで、本日は、久し振りに配給列車を2本とも撮影する事にした。

Img_d16627s

EF65 1051号機が牽引を担当した配6794列車。

まず先にやって来た6794列車は、御覧のように、空のコキ1両のみと言う少々さびしい編成であった。

Img_d16633s

EF65 1067号機が牽引を担当した配6795列車。

6794列車とは対照的に、ワム・トラ・コキと配給列車らしい編成だったこの日の6795列車。しかも、御覧のように、数少なくなってきた3色更新機であるEF65 1067号機が牽引と言う事で、これは撮って正解だった。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
Fujickeyの鉄道観察ルポさん

|

« EF510-501+24系乗務員訓練列車を撮影 | トップページ | 西武 E31形電気機関車さよならイベントへ 前編 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

yahooの記事かなんかで見たけど、本当に実用一辺倒、簡単なCGみたいな割り切ったデザインですな。
使い手側が割り切った設計するとここまで行くか?という感じ。
ある種感動すら覚えますな。
何かレゴっぽい。

投稿: kimu | 2010/04/01 00:20

HD300は入換え機関車とのことなので、本線上を長距離走行することは考えていないんですかね?
でも将来的には甲種輸送などで使っているDLの置き換えも計画に入っているのかもしれませんね。

投稿: バイシ | 2010/04/01 06:06

今やトラ45000型は、JR貨物の配給輸送に使用されるだけになってしまいましたねぇ。実は2006年11月4日に、新津駅でトラ45000型を連結した配給列車を撮影した事があります。

投稿: 岩崎友裕 | 2010/04/01 22:53

どうも
先代ゆずりのセミセンターキャブスタイル。なんか四角いスタイルのHD300。
私も新座〜東京タの回送を西国分寺あたりのトンネル出口で撮影しました。

それにしても、2つの前照灯の間にある丸いモノは一体なんなんでしょうか?
もしかしてカメラとか・・・   
もしそうだとしたら現場の反応はいかに・・・

投稿: Local Train | 2010/04/02 01:23

皆さん、コメントありがとうございます。

>kimuさん
入換用機関車という肩書ですので、これまでの新型機関車とは異なり、実用一辺倒と言う事になったのかもしれませんね。

>バイシさん
HD300は、入換用機関車と言う名目ですので、本線走行の機会は、これまでJR貨物が投入してきた機関車と異なり、それ程多くは無いかもしれません。ただ、せっかく新型機関車を投入した訳ですから、東急車輛からの甲種輸送などで、本線を走行するシーンは見てみたいですよね。まずは各種試験を繰り返すでしょうから、暫く先の事になりそうですね。

>岩崎友裕さん
確かにトラを見かける機会は少なくなりましたね。ちなみに、この画像では解りにくいですが、トラには車輪も積まれていました。

>Local Trainさん
前照灯の間にある丸い物。確かに気になりますね。カメラと言う可能性も捨てきれないですね。この辺りは、鉄道雑誌の新車ガイドで解説してくれるでしょうね。

投稿: TOMO | 2010/04/05 00:28

われわれ親子にも馴染みの深いDE10型機関車が、こんな風に新しくなるのですね!実物を見てみたい!!地道に入れ替え業務に励む機関車には、日々の労働に従事する庶民の姿が重なって見えて、すごーくロマンを感じます。それから、いつもど素人な質問ですいません。「甲種輸送」というのはどういうことなのでしょうか?

投稿: みるくべっちい | 2010/04/17 21:37

みるくべっちいさん、コメントありがとうございます。

ついにDE10の後継車種となる車両が出てきましたが、この車両は、これから各種試験が各地で行われることになっていますので、実用化までは、まだ時間がかかりそうです。しかし、この車両の量産が進めば、DE10の置き換えもあっと言う間に進むかもしれません。

ご質問の甲種輸送についてですが、新型車両や譲渡車両などを、貨物取り扱いを行っている事業者の機関車の牽引により、貨物列車扱いで線路上を輸送する事を甲種輸送と言います。

ちなみに、かつては路面電車の車体などを、大物車または長物車と呼ばれる貨車の上に載せて運ぶ「乙種輸送」と言うのもありましたが、現在は実施されていません。

投稿: TOMO | 2010/04/19 17:45

なるほど~。いつも分かりやすい解説をありがとうございます。おこがましくも、もう一つお聞きしても宜しいでしょうか?自分が子供の頃は、貨物列車の最後尾には、車掌車?のような黒い小さな車両があったような気がするのですが‥なぜ見られなくなったのでしょうか?

投稿: みるくべっちい | 2010/04/23 22:12

みるくべっちいさん、コメントありがとうございます。

かつて、貨物列車には、仰るように車掌車が連結されていました。しかし、国鉄時代末期の頃、1985年3月14日のダイヤ改正を機に、貨物列車の車掌業務が廃止となった事から、車掌車の連結が省略されるようになりました。

しかし、現在でも車掌車は僅かではありますが残っています。それは、特大貨物輸送用や甲種輸送の係員の控え車として使用されるケースで、甲種輸送の場合は、主に日本車輛製の車両の場合に連結されるケースが多いです。最近では京王9000系や京成の新型スカイライナーの甲種輸送で使用されています。

車掌車ヨ8000を使用した甲種輸送の記事
http://tomo-jrc.cocolog-nifty.com/tetsu/2009/05/post-893a.html

投稿: TOMO | 2010/04/27 03:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/47955251

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッド方式入換機関車 HD300-901号機の甲種輸送を撮影:

» JR貨物・HD300-901の甲種輸送を撮影 [Fujickeyの鉄道観察ルポ ]
3月30日、この日はJR貨物の新形式である、HD300の試作車・901号機の甲種 [続きを読む]

受信: 2010/04/01 00:29

« EF510-501+24系乗務員訓練列車を撮影 | トップページ | 西武 E31形電気機関車さよならイベントへ 前編 »