« さよなら中央線201系H4編成 高麗川・河辺号を撮影 | トップページ | 塗装変更目前?京都総合運転所の113系と117系 »

奈良線の103系を撮影

TOMO鉄NOWでも触れていますように、5月21日から23日にかけて、職場の慰安旅行で、奈良・大阪・京都と回ってきました。最終日の23日は、別行動を取って、現地で撮り鉄をしてこようかと思っていましたが、生憎の空模様で、撮影は取り止めにしましたが、京都駅等で、乗り換えの合間を利用して、少しだけ撮り鉄をしてきましたので、何回かに分けて、その模様をお伝えします。まず、第一弾は、奈良線の103系のお話。

今回の旅行では、京都駅で東海道新幹線を降りた後、宿泊先が、JR奈良駅に隣接しているホテル日航奈良だった事もあって、JR奈良線のみやこ路快速で移動する事にした。しかし、新幹線がパックツアーの関係上、ひかり号に限られてしまうため、京都駅では約30分ほど乗り換え時間があった。そこで、まず最初に撮影したのが、鴬色の103系である。

1984年に電化された奈良線。同線の各駅停車用として、電化当初は、当時、常磐緩行線で使用されていた103系1000番台車を改造した105系が投入されたが、105系は、1994年より桜井線・和歌山線に運用を集中させるため、奈良線の運用を離脱。現在では、大和路線(関西本線)や大阪環状線にも運用されている、奈良電車区の103系(4両編成)によって運用されている。

新幹線の連絡改札を抜けて、奈良線が発着する京都駅の8~10番線ホームへ向かうと、ちょうど103系による各駅停車城陽行きが出発して行くところだった。

Img_sx8908s

京都駅を出発する奈良線の各駅停車城陽行き。

良いタイミングで京都駅を出発して行った城陽行きに充当されていたのは、奈良電車区の103系NS416編成。関西地区の103系に多い、ヘッドライトの形が「ぶた鼻」と呼ばれるタイプの車両だ。首都圏からは103系が消滅して、今年で4年が経過。数を減らしてきたとは言えども、JR西日本では、まだまだ現役活躍中の姿を見ると、首都圏で活躍していた103系とは形も異なるとはいえ、何か懐かしさを感じさせる。

城陽行きと入れ替わりに、今度は別の103系が10番線に入線してきた。先程の城陽行きと比較すると、光線状態は悪くなるのだが、違う編成と言う事で、9番線側から到着した103系を撮影してみた。

Img_sx8909s

京都駅に到着した103系NS406編成。

先程の編成と異なり、この編成の先頭車であるクハ103-119のヘッドライトは、シールドビーム2灯式に改造されたタイプ。このタイプは、首都圏でも多く存在していた。

そして、この後は221系による「みやこ路快速」に乗って奈良へと向かうのだが、京都駅の大阪方の引き上げ線に、もう1編成103系が停車していたので、この編成も撮影してみた。

Img_sx8910s

大阪方の留置線に留置されていた103系NS408編成。

5月21日の103系撮影は、この編成の撮影を以て終了とした。そして2日後の23日。この日は荒れ模様の天気で、悪天候の中、ジャンボタクシーに乗り京都市内を観光。夕方、京都駅に戻って来てから1時間ほど、撮影をしたのだが、この時も103系を2編成撮影する事が出来た。

Img_d17948s

京都駅10番線に停車する103系NS407編成。

ちょうど10番線には奈良行きとしてNS407編成が停車していた。初日と同様、この奈良行きはすぐに出発して行ったが、隣の東福寺駅で下り列車とすれ違うため、すぐに別の103系が入線してくる事になる。奈良行き出発からおよそ5分後の事、今度は9番線に別の103系が入線してきた。

Img_d17953s

各駅停車城陽行きとして待機するNS410編成。

京都駅に到着したばかりのNS410編成。折り返し時間まで余裕がある事もあり、この編成に関しては、形式写真的に1両ずつ撮影する事にした。

Img_d17955s

4号車 クハ103-180

Img_d17957s

3号車 モハ102-648

Img_d17961s

2号車 モハ103-492

Img_d17962s

1号車 クハ103-181

このNS410編成の撮影を以て、103系の撮影を終了とした。京都駅での乗換えの合間と言う、僅かな時間の撮影だったが、都合5編成の103系を撮影する事が出来て、収獲は大きかったと思う。

|

« さよなら中央線201系H4編成 高麗川・河辺号を撮影 | トップページ | 塗装変更目前?京都総合運転所の113系と117系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

関西で活躍中の103系は、ほとんどが首都圏から移ってきましたから初期型が多いんです。例えばクハ103―1及び同2は、山手線→京浜東北線と活躍した後、1は森ノ宮電車区に転属して大阪環状線で活躍。2は日根野電車区に転属して阪和線で活躍、現在は1も日根野電車区に転属しております。

投稿: 岩崎友裕 | 2010/05/30 21:59

岩崎友裕さん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

関西の103系、歴史的に見ますと、確かに関東から転出した初期型も多く存在しますが、逆に通称ぶた鼻と呼ばれるタイプの量産冷房車は、関東では数少ないタイプだったりもします。たまたま現役車両に初期車も数多く残っていると言う点もありますが、必ずしも関西の103系=初期形ばかりと言う風には私自身見ていません。

投稿: TOMO | 2010/06/06 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/48494445

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良線の103系を撮影:

« さよなら中央線201系H4編成 高麗川・河辺号を撮影 | トップページ | 塗装変更目前?京都総合運転所の113系と117系 »