« 西武 芝桜ダイヤに伴う急行西武秩父行きを撮影 | トップページ | 今年も運転された 臨時快速「足利藤まつり号」 »

祝日恒例 米タンを撮る

さて、西武鉄道の芝桜臨の撮影を終えた後は、所沢駅から国分寺を経由して、青梅線の東中神へと向かった。

この日は祝日。弊ブログでは、祝日恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称米タンの観察が有る。日頃はなかなか撮るチャンスがないこの列車。今回はうまくいくだろうか。

所沢から東村山経由で国分寺へ。中央線の下りホームに行くと、すぐに下り列車が来たのだが、立川まで先に行っても、青梅線の接続が無く、後続の青梅特快を待つ事になる。そこで、国分寺駅から青梅特快の先頭車両に乗って、東中神へ行く事にした。快調に中央線内を飛ばしていた青梅特快は、立川からは、ゆっくりとしたスピードで青梅線への連絡線に入り、ゆっくりと西立川駅に滑り込む。この時、反対側からは米タンの機関車のヘッドライトが見えてきたのだが、この青梅線は、拝島駅手前まで直線が続くため、まだ余裕があるかなと思い、そのまま乗り通してしまった。しかし、その予想は見事に外れて、なんと東中神駅に到着するのと同時に、米タンが来てしまった。これでは撮影できない。仕方なく、東中神で下車。上り電車に乗って引き返すことにした。その前に、いったん改札を出場し、折り返し乗車を行う事に。

東中神駅から、青梅線の立川行きで立川へ。米タンは、立川駅で暫く停車するため、追いつく事が可能なのだが、問題は、米タンに先行する南武線に乗り継げるかどうかだ。今回も絶妙なタイミングで乗り継ぎに成功。立川から先行する。

さて、先行出来た後は、どこで米タンを撮るかだ。実は、この日、祖母と一緒に昼食を摂るため、昼頃までには実家に戻ってこいとの連絡が入っており、あまり遠くへは行けなかった。そこで、今回は立川から一駅目、西国立で撮影する事にした。かつては駅に隣接して立川機関区があった西国立駅だが、今では、その当時の面影は全くない。まずは撮影前に、折り返し乗車に備えて、改札で入出場を行う。そして、撮影に備えるために下りホームへ移動する。準備をしていると、背後から、鉄道フォーラムの掲示板でお世話になっている方がやって来て、ご挨拶。そして、一緒に米タンを撮る事にした。

待つ事およそ数分。立川方から、米タンがゆっくりと近付いて来た。

Img_d17347s

南武線西国立駅を通過する米タン。

この日、米タンの牽引を担当していたのは、EF65 1068号機であった。EF210の増備に伴い、EF65自体、活躍の場が徐々に狭まっているが、この米タンに関しては、一時的にEH200が牽引を担当した時期が有ったものの、2009年春からはEF65牽引で定着しているようである。

Img_d17349s

西国立駅では後追いも撮影。

EF65の後ろに連なる黒いタキ38000。米タンとしての使用実績は、2009年4月2日からと、まだ1年少々。しかし、現在使用されているタキ38000も古い車両が多く、老朽化が深刻な状況となっている事から、近い将来、タキ1000への置き換えが予定されており、デビューもそろそろではないかと思われる。

さて、西国立駅での撮影は無事に終える事が出来た。この後は、いったん実家へと向かい、祖母と昼食を摂るのだが、夕方再び外出。今度は拝島へと向かい、横田基地へ向かう米タンを撮る事にした。萩山から西武拝島線の下り列車で揺られる事、およそ20分。拝島駅に到着する。まずは、改札を出場して駅前の横田基地専用線へ。

とりあえず、横田3号踏切へと行ってみたが、米タンの貨車となるタキ38000のタキ1000への置き換えが、目前に迫っている事もあってか、この辺りでも5名ぐらいの鉄道ファンが撮影していた。

平日だと、早い段階で専用線を通過していくのだが、休日ダイヤと言う事で、西武拝島線との交差部分を通過するのに時間が掛かるらしく、この場所でも暫く待つ事に。そして16時45分頃の事。ようやく専用線の踏切が鳴り出した。

Img_d17356s

原色DE10に牽引されて横田基地へと向かう米タン。

この日、横田基地専用線内の牽引を担当していたのは、御覧のように原色のDE10 1669号機。なるほど、これならば、撮影者が多いのも頷ける。

Img_d17363s

ゆっくりと通過していく黒いタキ。

黒光りしているタキ38000。後継車種となるタキ1000は、緑色の車両となるため、このような黒いタンク車の魅力は見られなくなってしまう。

Img_d17364s

走り去る米タン。

こうして、弊ブログの祝日恒例企画である「米タンの撮影」は、無事に終了する事が出来た。

平日休む機会が少ないだけに、撮影チャンスが少ない米タン。後継車種のタキ1000が、いつから運転開始となるのか解らないだけに、タキ38000が活躍する米タンの撮影は、もしかしたら今回が最後となってしまうかもしれない。

|

« 西武 芝桜ダイヤに伴う急行西武秩父行きを撮影 | トップページ | 今年も運転された 臨時快速「足利藤まつり号」 »

貨物:米タン」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

おそらくタキ38000の時のように所定の輌数が揃い次第、一気に置き換えると思われます。

投稿: 岩崎友裕 | 2010/05/13 20:04

岩崎友裕さん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして、申し訳ございません。

米タン用タキ1000の投入時期については、まだ、全く見当付きませんが、仰る通り、準備が整い次第、一気にという事になるのは間違いないでしょうから、タキ38000での運転も、そう長くはないと思われます。

投稿: TOMO | 2010/05/24 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/48345591

この記事へのトラックバック一覧です: 祝日恒例 米タンを撮る:

« 西武 芝桜ダイヤに伴う急行西武秩父行きを撮影 | トップページ | 今年も運転された 臨時快速「足利藤まつり号」 »