« 亜鉛焼鉱専用貨車 タキ1200形の甲種輸送を撮影 | トップページ | 尾久駅構内に留置中の115系訓練車を撮影 »

さよなら中央線201系H4編成 ラストラン山梨そして信州へ

さて、北朝霞でのタキ1200甲種輸送撮影後は、中央線へと向かった。

4月から行われてきた中央線201系H4編成のさよなら運転。いよいよこの日が最終運行となった。H4編成の最後の旅は、10両編成に組み直した上で、豊田から松本まで団体列車として運転し、松本到着後、解体作業が行われる長野総合車両センターへ回送されると言うもの。まさに、廃車回送を松本まで客扱いすると言っても過言ではない。

西国分寺から中央線に入り、まずは立川で途中下車。朝飯休憩をはさんだ後、中央線を大月方面に向かう。H4編成のラストランの始発駅となる豊田駅には、既に多くの鉄道ファンが待機しているのが、乗車中の中央線車内から確認できた。その後、八王子・西八王子・高尾と進んで行くが、沿線の各駅及び撮影地は、どこも多くのファンで賑わっていた。これはキャパの広い撮影地に行かないと、撮影は不可能だろう。そう思い、頭の中で考え付いた撮影場所が、鳥沢~猿橋間の新桂川橋梁だった。中央本線の名撮影地として知られる新桂川橋梁。この橋梁の猿橋側からならば、被写体は小さくなるがキャパは有った筈。そう考えながら鳥沢駅で下車。駅からアップダウンの激しい道のりを歩く事およそ20分。鉄橋の猿橋側に到着すると、ここも既に50人ぐらいの鉄道ファンが集まっていた。しかし、キャパが広い事もあって、すぐに場所は確保できた。セッティングを終えると、地元のおばあちゃんが近くにやって来て話しかけられたので、暫し世間話をするほど、気持ちに余裕が持てた。

現地到着からおよそ50分後の事。信州へと向かうH4編成が、ゆっくりと新桂川橋梁に差し掛かった。

Img_d18801_1s

ついにラストランを迎えた201系H4編成。ラストランは、山梨そして信州へ向かう帰らぬ旅。

この新桂川橋梁は、鉄橋の東側と西側で構造が異なっており、まずは東側部分だけで撮影をしてみた。

Img_d18807_1s

近付いて来たところで、更にもう一度H4編成を撮影してみる。

続いて、先頭車両が鉄橋の西側に差し掛かったところで、もう一度撮影してみる。この位置で撮影した方が、車両に掛かる障害物が少なく、すっきりと撮影する事が出来た。

こうして、201系H4編成のラストランの撮影は、あっという間に終了。最後は自分の真横を通過していくH4編成を静かに見送った。定期運用離脱から、今までの2ヶ月間、各種さよなら運転を実施してくれて、実に楽しませてくれた。本当にありがとう。お疲れ様でした。

さて、H4編成を撮り終えた後は、再びアップダウンの激しい道のりを鳥沢駅へと戻る事になるのだが、長い上り坂&階段を上がって、鉄橋の鳥沢駅側に辿り着くと、ちょっと休憩したくなる。ちょうど115系による上り普通列車が2本続けてやってくるので、休憩がてら、この普通列車を撮影する事にした。

Img_d18821s

甲府・河口湖発の536Mは、スカ色を纏った豊田車両センターの115系による運転。

Img_d18828s

続行の538Mは、長野総合車両センター所属の115系による運転。

中央本線で長年見られたスカ色の115系は、現在、房総半島へ転用が進んでいる209系2100番台車により捻出される211系に置き換えられる計画となっており、このスカ色の115系が走る姿も見納めとなる日が近付いている。長野色の115系に関しては、もう暫く見られそうだが、115系自体が、決して新しい車両ではないだけに、油断は禁物。これからも115系の記録を続けて行くつもりだ。

|

« 亜鉛焼鉱専用貨車 タキ1200形の甲種輸送を撮影 | トップページ | 尾久駅構内に留置中の115系訓練車を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、はじめまして。私はココログ「笑夢のブログ」のライター、笑夢(えむ)でございます。201系の記事、楽しく拝見しました。私は奈良県に住んでいて、東京にはなかなか行くことができません。でも関西では、大阪環状線や関西本線、和歌山線などで、リニューアルされた201系電車が活躍しています。特に関西本線のはウグイス色で、初めて見た時は、びっくりしましたがcoldsweats01またTOMOさんが過去に撮られた写真も何枚か拝見しましたが、どれもプロ級ですね!どうしたらそんなにうまく撮ることができますか?
長文失礼しました。よろしければ、私のブログもご覧ください。これからも楽しみにしています。

投稿: 笑夢 | 2010/07/01 09:59

TOMOさん、ご無沙汰しております。
この日は、実は大月で撮影していました。

なので、TOMOさんが現地に到着する1本前の電車で通過していたと思います。

もしいらっしゃったのなら、鳥沢で同じ電車になったかもしれないですね。ちょうどE233の中央特快でH7撮影に向かったので。

投稿: 横山 正典 | 2010/07/01 23:49

こんばんは、お久しぶりです。

中央線快速では事実上、E233系に置き換わっていますが、高架化事業に伴っての予備車両の確保で、トタH4・H7編成の2本が残っていたために、私が関東入りした時には201系を追いかけ、改めて撮影などを行っていました。

トタH4編成は、地元の名鉄パノラマカーが定期運用を離脱してから完全引退まで何度かイベントが実施されましたが、その時と同様に何度かイベントが行われていた所は同じですね。

現在はトタH7編成が1本残るのみとなってしまいましたが、10月17日に完全引退をしてしまうので、また時間などを見つけて緊急で関東入りをして、イベントなどに参加しようかと考えています。

投稿: 秋元こまち | 2010/07/02 22:16

皆さん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

>笑夢さん
奈良県からご覧いただき有難うございます。弊ブログの記事をご覧いただけるとお解りかもしれませんが、今年の職場の慰安旅行の行先が奈良でして、その時に鴬色の201系には乗車しました。東の201系とは、全く別形式と言っても良いくらいの形になってしまっていますが、走り出せば、しっかりと201系だなって感じますね。鶯色の201系なんて、鉄道模型の世界だけかと思っていましたが、まさか、こんな車両が出てくるなんて・・・写真についてお褒め頂き恐縮です。普段、褒められる事が殆ど無いので、なんだか照れくさいです。今は、使っているカメラの性能が良いので、私のような者でも凄く助かっているんですよ。良い写真が撮れるコツと言うのは、あれば私も知りたいぐらいです。私も日々修業中なので、偉そうなことは言えませんが、あえて言うならば、繰り返し撮る事でしょうか。経験がものを言うと言う部分もありますので。と言う訳で今後ともどうぞ宜しくお願いします。

>横山正典さん
当日は大月で撮影されていましたか。お疲れさまでした。ちなみに、私が乗車したのは、高尾駅9時05分発の大月行きで鳥沢に向かっていますので、横山さんが中央特快で大月入りされたとなると、私の方が前の列車に乗っていたと思うのですが・・・

>秋元こまちさん
名鉄パノラマカーも引退前には、数々のイベントを企画してくれましたねえ。私も撮影には行きましたが、イベントには都合が付かず行かれませんでした。7700系も引退してしまいましたし、名鉄に関しては結構悔いが残っています。中央線の201系に関しては、まもなくH7編成のさよならイベントも始まります。今回は3カ月近くの長丁場となりますが、もし、東京にいらっしゃる機会があれば、H7編成の最後の雄姿を見届けてやってくださいませ。

投稿: TOMO | 2010/07/13 00:36

初めまして。
友人に影響される形で鉄道写真の方を始めまして、こちらの方も良く訪問させて頂いておりました。
中央線の201系、とうとうH7の一編成だけになってしまいましたね。
ちょっと前まで 当たり前のように走っていた車両ですら「希少品」扱いになると言う事実は、改めて年の流れを感じさせる事ではありますが… 最後の一日まで、無事に仕事を全うして欲しいと思います。

 

投稿: よしひろ | 2010/07/13 12:39

よしひろさん、いつも弊ブログをご覧いただき有難うございます。

H4編成の引退により、いよいよ中央線に残る201系はH7編成のみとなってしまいました。私は、毎日、中央線を使って通勤していますが、H7編成が運用に入っている日は、朝のラッシュ時間帯でも、上りで順光となる東小金井駅のホームに、カメラを構えた方が5~6人たいきしていたりと言う光景をよく見かけます。

孤軍奮闘となったH7編成。本当のラストランの瞬間まで、トラブルなく走りぬいてもらいたいものですね。

投稿: TOMO | 2010/07/15 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/48763342

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら中央線201系H4編成 ラストラン山梨そして信州へ:

« 亜鉛焼鉱専用貨車 タキ1200形の甲種輸送を撮影 | トップページ | 尾久駅構内に留置中の115系訓練車を撮影 »