« お知らせ 弊ブログで使用した画像が「鉄道の達人3」に採用されました | トップページ | 古い鉄道写真2 1988年8月の青梅線103系 »

E233系が営業運転を開始した京葉線を撮影

では、再び7月11日のお話に戻ります。

浜野駅で113系を撮影した我々は、そのまま内房線の上り列車に乗り込み、蘇我へと戻る。ここから、地元へ戻る裏辺所長と共に、ニューフェイスE233系が営業運転を開始したと言う京葉線に乗り換えるのだが、我々を待っていたのは、201系だった。幸いなことに、発車時刻まで余裕がある事から、すぐには乗らず、まずは停車中の201系を撮影する事にした。

Img_sx9216s

蘇我駅で出発を待つ京葉線の201系と、内房線の普通列車に充当中の113系。

京葉線の201系と、内房線のローカル列車に充当中の113系。どちらも後継車種への置き換えが進行中であるだけに、こんな並びもあとどれだけ見る事が出来るだろうか。

内房線の113系が出発した後は、引き続き201系の観察を続ける。快速東京行きとして蘇我駅に停車していたのは、京葉車両センターの201系K3編成+53編成。編成中3両連結されているモハ201のパンタグラフは、いずれもシングルアームパンタに交換されていた。そこで、モハ201の車番を見てみると・・・

Img_sx9217s

菱形マークがついたモハ201の車番。

車番の左側にある菱形マークは、中央本線に存在する低断面トンネルに対応している証。中央快速用の201系ならば、このマークは当たり前なのだが、京葉線の車両には、通常であれば必要無い。この編成は、中央快速線で運用されていた201系に付いていた物と同じシングルアームパンタが載せられている事から、このように、低断面トンネル対応のマークが付けられている。この編成が廃車になる時は、中央線の201系と同様、そのまま自力で長野総合車両センターへ廃車回送されるものと思われる。

Img_d19445s

ホームの東京方より、編成全体を撮影。

ホームの東京方から、停車中の201系を編成全体入るように撮影した後、いよいよ停車中の201系に乗り込む事にする。スピードを思いっきり出す京葉線と言う事で、モハ201に乗車し、爆音モーターを楽しむ事にした。

地元へと帰る裏辺所長と違って、私はせっかくE233系が走り始めた京葉線に乗っている訳だし適当な所で下車して、撮影しながら東京を目指せば良い。そう考えていた。そこで、まずは検見川浜で下車。走り去る201系を見送った後、同駅上りホームの東京方に陣取る事にする。

検見川浜駅は、海浜幕張駅から蘇我方向に向かって1駅目の駅。この駅の上りホーム東京方でカメラを構えると、海浜幕張駅周辺の高層ビルをバックに走る車両を撮影する事が出来る。高層ビルがバックになると言うのは、通勤形電車が一番絵になると言っても過言ではないと思う。まさに最高の組み合わせなのだが、一つだけ難点を挙げるとすると、列車本数の少なさだろうか。15分おきと言う本数の少なさから、この駅では下り列車2本だけを撮影する事にした。

検見川浜駅到着後、まず最初にやって来たのはこの車両だった。

Img_d19446s

ケヨ8編成の快速蘇我行き。

E233系の営業運転開始に伴い、運用離脱車が出始めている205系の京葉線生え抜き車。俗に言う「メルヘン顔」と呼ばれるグループの車両だが、ケヨ8編成に関しては、この撮影から約2週間後、習志野運輸区へと回送され、サハ205だけが外され、8両編成に組み直された。ここへ来て、何故8連化したのかも気になるところではある。

Img_d19452s

続く快速蘇我行きは、201系K4編成+54編成。

検見川浜での2本目の下り列車は、御覧の通り201系。しかも、菱形パンタで残るケヨK4編成+54編成だった。この駅での撮影は、当初から2本と決めていたのだが、その2本で、廃車が進む205系メルヘン顔と201系が撮れた事で、充分満足する事が出来た。

さて、検見川浜からは209系による快速東京行きに乗り込む。走り出して一駅目、海浜幕張では特急列車を先に通す為、長時間停まる。京葉線の快速は、これがあるから嫌いだ。ふと、隣のホームを見ると、E233系の各駅停車東京行きが停まっていた。新車に乗ってみるか・・・いや、209系との撮っておきたい。そう思って、一番前まで行ってみたが、停車位置が悪く撮影できなかった。このまま、快速電車で先に向かい、後から来るE233系を撮る事にした。とりあえず、撮影地として選んだのは新浦安である。とりあえず、後続のE233系による各駅停車東京行きを撮る為、下りホームの蘇我方へと移動するが、外は雨が降って来た。かなり強く降っている為、屋根が有っても吹き込んでくる。ギリギリまでは、端に行かない事にした。

新浦安で待つこと数分、いよいよE233系による各駅停車が来る時間となったが、快速蘇我行きの接近放送が・・・被られるかと思った瞬間、E233系の各駅停車東京行きが入線してきた。

Img_d19457s

新浦安駅に進入するE233系5000番台車ケヨ502編成。

下り列車に被られないギリギリのタイミングで新浦安駅にやって来た、E233系ケヨ502編成。京葉線のラインカラーである赤の帯が、E233系のデザインには良く似合っている。今後、この車両が、全線開業21年目からの京葉線の新しい主役となっていくのだろう。

で、ギリギリのタイミングで被らずに済んだ下りの京葉線快速電車は、こんな車両だった。

Img_d19461s

全線開業20周年記念ヘッドマークを掲出したケヨ6編成による快速蘇我行き。

2010年5月29日に京葉線の撮影をした際にも、舞浜までの移動手段として利用した、全線開業20周年記念ヘッドマークを掲出したケヨ6編成。今回も、前回と同じように突然の遭遇で、まともな撮影が出来ていないのが残念である。

さて、この後は、201系による各駅停車海浜幕張行きが来る筈なので、上りホームの東京方へと移動する。雨の降る中、カメラを構えてみるが、残念なことに上り列車に被られてしまった。しかし、せっかくカメラを構えた事だし、下り列車を2本だけ撮影する事にした。

Img_d19464s

武蔵野線直通府中本町行きに運用中の205系ケヨM8編成。

京葉線の205系がE233系に置き換えられても、武蔵野線の205系VVVF改造車は、今後も京葉線に乗り入れる事になっているが、新浦安で撮影した事が無かったので、合わせて撮影してみた。

Img_d19467s

209系ケヨ32編成による快速蘇我行き。

武蔵野線に続いてやって来た京葉線の快速電車は、209系ケヨ32編成だった。この編成も、7月27日には東京総合車両センターに入場したそうで、もしかしら、この姿で京葉線を走る姿はもう見られないかもしれない。

この後、お隣の舞浜駅に移動し、ここでも下り列車2本を撮影する事に。

Img_d19471s

209系ケヨ34編成による各駅停車蘇我行き。

Img_d19472s

E233系ケヨ504編成による快速蘇我行き。

先程とは別のE233系が、快速蘇我行きとしてやってきた。

この後、もう少し撮影しても良いかなとは思ったのだが、雨が降り続いている事、そして東京行きの快速電車として201系が来た事もあり、これ以上の撮影はせず、最後は舞浜から東京まで201系を堪能して、京葉線から撤収する事にした。

新車E233系の営業運転を開始したE233系。この撮影から約3週間が経過した今、新しいと思っていたメルヘン顔の205系が、既に2編成廃車回送されており、今後も急速に主役交代が進むことは間違いない。出来れば、夜間の千葉駅入線の記録も残しておきたいと思っているのだが、なかなか重い腰が上がらない。8月中には何とかしないと・・・

|

« お知らせ 弊ブログで使用した画像が「鉄道の達人3」に採用されました | トップページ | 古い鉄道写真2 1988年8月の青梅線103系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

ケヨ8は武蔵野用M編成の予備車確保と増発対応を兼ねて
改造でもするんでしょうかね?

投稿: 東京遊歩人 | 2010/07/31 13:20

気になるのは209系500番代ケヨ34編成、幕張車輌センターに疎開留置されたきり何も動きがありませんが・・・まさか長野総合車輌センターに配給輸送されてしまうのでしょうか?もう一つ気になるのは入れ替わりに京葉車輌センターに戻った201系K1+K51編成、今年に入って2回も新習志野に疎開留置されたのは走行キロ調整の為なのでしょうか?

投稿: 岩崎友裕 | 2010/07/31 18:49

東京遊歩人さん、岩崎友裕さん、コメントありがとうございます。

>東京遊歩人さん
わざわざ8連化したところを考えますと、武蔵野線への転用を視野に入れているものと考えたくなりますよね。ちょうど、武蔵野線では折り返し設備を備えた吉川美南駅開業も控えていますし、大宮~八王子間では、快速「むさしの号」の置き換えを視野に入れているのか、205系の試運転が繰り返されていますし。まだまだ廃車にするには勿体ない気もしますので、増発対応による転用と信じたいですね。

>岩崎友裕さん
ケヨ34編成ですが、「4号車の5号車より」と言うサイトからの情報によりますと、幕張から京葉車両センターに戻っているようです。しかし、今現在、同編成が営業運転に就いているかどうかは不明です。

投稿: TOMO | 2010/08/02 02:06

209系500番代ケヨ34編成は、E233によるケヨ区内留置線不足のためでしょうね。基本的には、転用改造との兼ね合いとの都合だと思います。
201系K1+K51編成は、E233分割編成落成の遅れに伴い、検査切れになるケヨ201系の分の走行キロ調整だと思います。
そろそろE233分割編成も落成しないと、全検切れが、年度内に2本出てしまいます。
さて、ケヨ内撮影は私も進めていて、間もなくカメラの更新を行う予定です。TOMOさんも京葉線内撮影でお会いできるといいですね。

投稿: 横山正典 | 2010/08/02 22:51

横山正典さん、コメントありがとうございます。

E233系の投入が進む京葉線。その車両基地となる京葉車両センターは、走行中の電車内から見ますと、かなり広く感じるのですが、それでも新車の投入が進むと、留置線不足になってしまうんですね。201系のケヨK1+51は、疎開留置を頻繁に繰り返しているようですね。

今現在、201系と言えば、何かと中央線の方が注目されつつありますが、京葉線だって、分割運用の通勤快速などは、陽の長い今の時期しか走行写真は撮れない訳ですから、私もチャンスがあれば撮影に行きたいと思います。

投稿: TOMO | 2010/08/07 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/49016288

この記事へのトラックバック一覧です: E233系が営業運転を開始した京葉線を撮影:

« お知らせ 弊ブログで使用した画像が「鉄道の達人3」に採用されました | トップページ | 古い鉄道写真2 1988年8月の青梅線103系 »