« しなの鉄道169系S52編成が再び湘南色に | トップページ | 銚子電鉄 デハ701・デハ801 引退 »

西武国分寺線の運用に就く295F+239Fを撮影

では、再び8月28日の話に戻ります。

南入曽車両基地から戻って来た私。20155Fの回送列車を見送った後も、新所沢駅のホームに留まり、下り列車などを撮影していた。15分ほど撮影をしていると、次の下り列車が3ドア車である事を知り、ちょっとだけ気合が入った。

Img_d201530828s

新所沢駅に進入する101系+301系による急行本川越行き2655列車。

数は少なくなっているとは言え、新宿線では3ドア車の10両編成による運用が未だ健在で、しかも明るい時間帯に撮影できるのは有り難い。

この3ドア車の下り急行を撮影してからおよそ10分後の事。上りホームに、101系の回送列車が入線してきた。良く見ると、295Fを先頭にした6両編成で、新所沢始発の国分寺行きだった。そこで、新所沢駅で一緒に撮影していた人達数名と、国分寺行きに3分先行する上り急行に乗り込み、お隣の航空公園駅へと移動。前パンの国分寺行きを撮影する事にした。

Img_d201590828s

航空公園駅に進入する295F+239Fの国分寺行き。

3分と言う時間差は、長いようで短く、ホームの先端まで辿り着いた時は、もうl国分寺行きは新所沢駅を出発しているのが、ホーム上から確認できた。慌ただしいタイミングとなったが、どうにか入線シーンを撮る事が出来た。

航空公園駅での撮影を終えた私は、国分寺線内でも撮影しようと思い、後続の列車で東村山へ出て、そこから国分寺線で小川へ。ここで、国分寺から戻ってくる295F+239Fを待つ事にした。最初は、ホームの東村山方にいたのだが、考えてみれば、スカート付きの239Fは、多摩川線用に改造された251Fの代替として、新宿線にやってきた車両。スカートを付けた状態で、国分寺線を走る光景は、今までに撮っていなかったなと思い、ホームの国分寺方へと移動して、入線シーンを撮る事にした。セミに体当たりされながら待つ事およそ5分後。295F+239Fが東村山行きとなって戻ってきた。

Img_d201640828s

小川駅に進入する295F+239Fの東村山行き。

この後、所沢での飲み会に備えて、小川駅でいったん改札を出場した後、後続の電車で所沢方面へと引き返す。運良く、後続の電車は新所沢行きだったので、そのまま乗り続ければ、所沢に辿り着けるのだが、東村山に到着すると、隣のホームにいた西武園行きを見て、思わず降りてしまった。

Img_sx9553s

101系、2000系、共に2+4の編成が並んだ東村山駅。

この日は競輪開催日。西武園線も、一部の列車が国分寺線と直通運転をする為、6両編成で運転されており、この時間帯は、2000系の2+4の編成が、西武園線の折り返し運用に入っていた。その為、東村山では295F+239Fと並ぶ事になった。

国分寺行き、西武園行きの並びを撮り終えると、西武園行きが先に出発。今度は、295F+239Fのみを撮影してみる。

Img_sx9554s

東村山駅2番ホームで出発を待つ295F+239Fの国分寺行き。

そして、この直後に、295F+239Fの国分寺行きも出発。最後は国分寺に向かう295F+239Fを後追いで撮影する事にした。

Img_d201670828s

一路、国分寺へと向かう295F+239F。

3月のダイヤ改正以降、国分寺線では3ドア車の運用が消滅していたようだが、ここへ来て、時々ではあるが、101系が入線し、運用に就く姿が見られう用になった。しかし、西武鉄道をメインに取り上げている複数のブログには、3005Fが6連化されたと言う情報も上がってきており、今後は、この6連化された3000系が、国分寺線に回る事が予想される事から、101系による国分寺線の運用も、そう長くは無いものと思われる。今後も、国分寺線で101系を見かけた時は、しっかり記録しておかなくては・・・

|

« しなの鉄道169系S52編成が再び湘南色に | トップページ | 銚子電鉄 デハ701・デハ801 引退 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
ハンドルネーム変更しました。
旧 急行狭山市
新 急行所沢
でよろしくお願いします!
295F+1239Fの前パンの姿は珍しいですね。
つい最近まで1245F+295Fで走ってましたが
どうやら新2000系2047Fが武蔵丘に行ったた
め新101系が代走でした。

投稿: 急行所沢 | 2010/09/23 10:16

急行所沢さん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

南入曽のイベントの日に突如現れた101系2+4の国分寺線運用。この列車は、以前2455Fが運用に入った列車でもあります。この時は、なぜ3ドアがと思っていたのですが、某画像投稿サイトで、2047Fの武蔵丘出場の記事を見て、なるほど。と思った次第であります。しかし、2047Fが入場しただけで、こうも運用を変えてくるあたり、新宿線の車両運用も、相変わらず綱渡り的な部分があるなあと思いました。

ハンドルネーム変更の件、了解しました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: TOMO | 2010/09/29 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/49532607

この記事へのトラックバック一覧です: 西武国分寺線の運用に就く295F+239Fを撮影:

« しなの鉄道169系S52編成が再び湘南色に | トップページ | 銚子電鉄 デハ701・デハ801 引退 »