« 上毛電鉄「新春イベント2011」開催される | トップページ | 米タンを撮影 »

安中駅で安中貨物を撮影

さて、上毛電鉄の新春イベントに出かけた1月3日は、夕方、安中貨物も撮影した。

この日の安中貨物の牽引機は、JR東日本がEF81の老朽置き換え用に登場させたEF510。2010年12月のダイヤ改正より、ついにEF510が常磐線の貨物列車にも進出し、EF81の運用を置き換えたのだが、その後、EF510に不具合があったのか、一部の運用にEF81が復帰。2010年12月26日に運転された安中貨物は、EF81 81号機が牽引を担当している。

そんな訳で、私にとって、JR東日本所有のEF510が牽引する貨物列車の撮影は、今回が初めてという事になる。その分、少し気合が入ったが、時刻は15時過ぎ。この時点で私はまだ群馬県内。青春18きっぷ利用では、明るい時間帯の通過となる大宮周辺へ行く事は出来ない。となると、停車するところでの撮影となるが、確か高崎駅は、普通列車が被る筈。と言う事で、思い切って安中へ行く事にした。

高崎駅17時発の普通列車横川行きに乗車。安中駅に到着したのは、17時12分の事。既に、日は落ちて真っ暗である。ホームを見渡すと、横川方の暗闇に同業者の姿を発見。実は、安中駅で安中貨物を撮った事は1回だけあるのだが、そんな端には停まらない。しかし、先客を無視して、前に入る混むのは失礼と思い、後ろに入り込んで待機した。

17時35分頃、前方よりEF510のライトが確認できた。少しずつ、ゆっくりと接近してくる。やがて列車は完全に停まるが、思った通り、停止位置はホームの中程だ。待機していた人達も、一斉に移動。私も前に移動し、撮影する事に。

Img_7d1396s

EF510に牽引され安中に到着した、安中貨物こと5388~5781列車。

この日、安中貨物を牽引してきたのは、EF510-513号機。寝台特急「北斗星」の客車の色に合わせた青い車体は、夜の駅にピッタリだ。

この後、牽引してきたEF510が切り離されて、横川方に引き上げられる。そして、それと入れ替わりに、スイッチャーがゆっくりと近付き、貨車に連結され、2両ずつ工場内に向かっていく事になる。

Img_7d1397s

スイッチャーに牽引されて、製錬所に向かう。

到着した安中貨物は、スイッチャーが貨車を2両ずつ製錬所内へ運んで行く。最初の便は、その様子を上手く撮影する事が出来なかったので、2度目の入換にも挑戦する事にした。

Img_7d1405s

最初の入替を終えて、再びスイッチャーが安中駅へ貨車を迎えに来た。

製錬所から戻ってきたスイッチャーは、再び貨車と連結し、製錬所へと向かっていくが、この作業が実に迅速で、見ていると、あっという間に連結して、すぐに折り返していくと言う感じだった。

Img_7d1406s

製錬所へ向かう。

昼間は暖かったが、流石にこの時間になって来ると、寒くなってきた。この後も見ていたかったが、最後まで観察すると、かなり時間もかかりそうなので、入替の観察もここまでとして、高崎へと戻る事にした。

さて、前掲でも触れたように、安中駅での安中貨物の観察は、この日が初めてではなく、2010年4月10日に安中駅を訪れて、その模様を撮影している。

Img_d16900s

EF81 80号機の牽引で安中駅に到着した安中貨物。(2010年4月10日撮影)

この日、安中貨物をけん引してきたのは、星のマークがついた「北斗星」用のEF81 80号機。安中駅到着後、EF81はすぐに切り離され、横川方に引き上げられた。

Img_d16902s_2

待機していたスイッチャーと並ぶ。

この日待機していたスイッチャーは、今回撮影車両よりやや大きめの車両。DD352と言う車両らしい。

Img_d16905s

EF81と入れ替わりに、DD352が貨車を迎えに行く。

Img_d16907s

貨車と連結し、製錬所への入替が始まる。

春になったら、また安中貨物の入替シーンを観察してみるかな。

|

« 上毛電鉄「新春イベント2011」開催される | トップページ | 米タンを撮影 »

貨物:安中貨物」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

闇に輝くEF510の標識灯は美しいですね。

こういう時の撮影では三脚を使っておられるんでしょうか?

投稿: バイシ | 2011/01/11 00:09

バイシさん、コメントありがとうございます。

ご質問の件ですが・・・

この日は、2010年11月30日に導入した、キャノンEOS7Dをメインに撮影しておりました。持参した三脚は、あくまでもコンデジ用の小型のものでして、昼間は、上毛電鉄デハ101の動画撮影に使用しました。で、安中駅でも、小型の三脚を使用して、コンデジを固定。セルフタイマーを使用して、コンデジでのバルブ撮影を試みました。そして、EOS7Dについては、ISOを2000から3200程度まで引き上げて、手持ちで撮影しています。画像1枚目、EF510の写真は、ISO2000、絞り値F2.8、露出時間1/60秒で撮影しています。

以前のデジタル一眼ですと、ISOを1600より上げてしまうと、かなり画質が悪くなっていましたが、7Dになりますと、ISO3200でも綺麗な仕上がりとなりますので、ブログで使用する程度で有れば、特に問題ないと思いまして、最近では、移動時の荷物を軽減する意味でも、三脚を持参しない事が多くなっています。

投稿: TOMO | 2011/01/12 03:27

丁寧な御返事感謝します。

私は、TOMOさんのブログの2007年11月29日の記事を参考にして「PowerShot SX100IS」をしばらく前に中古で買いました。シャッタースピード優先での撮影は便利で、小型でもあるので、重宝しています。

ただ、ISO800以上はかなり粗くなるので、日没後は静止している対象でも撮影は難しいです。今の時期では、夕方の大船にくるクモヤはちょっと無理です。
ISO3200でも綺麗な画像というのは、さすが上位機種ですね。今のデジカメはそんなに進歩しているんですか。1/60がF2.8なら、手持ちでも安心して撮影できます。

私は鞄に忍ばせておいて、出先で合間に撮影ということが多いので、コンデジで当分やってみます。

御教示ありがとうございました。

投稿: バイシ | 2011/01/12 19:19

バイシさん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

私がサブとして使用しているPowerShot SX100ISをお買いになったのですね。もう3年以上使っていますが、このコンデジは10倍ズームまで行けますから、仕事中でも銀塩にして200ミリ程度のものは撮影できる点、また外出先でちょっとした書類をコピーしたい時のコピー機替わりとしても活躍しており、重宝しているんですよ。

ただ、ISOを上げると、やはり一眼レフとの差は激しくなります。量販店に行きますと、小型のコンデジ用三脚も安く手に入りますので、それをお買いになると、夜間の撮影時には役立つかもしれませんね。

投稿: TOMO | 2011/01/26 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/50548874

この記事へのトラックバック一覧です: 安中駅で安中貨物を撮影:

« 上毛電鉄「新春イベント2011」開催される | トップページ | 米タンを撮影 »