« 183系12両編成の鎌倉臨を撮影 | トップページ | EF64 37+12系+EF64 1001の団臨を撮影する »

江ノ電に乗る

1月15日のお話。

さて、北鎌倉で下車した後は、仏像を巡って散策。お目当ての仏像を見学した後、鎌倉駅方向へと歩き、昼食を摂った。そして、午後からは1日乗車券を購入し、江ノ電に乗る事になる。

江ノ電、私にとっては、実に久し振りだ。どうも調べてみると、2007年9月22日以来の訪問のようだ。この日、私のカバンの中には、以前編集協力した江ノ電写真集を持参していた。とりあえず、この写真集に乗っている場所を、何カ所か訪れて、昔の写真と比較してみる事になった。早速、停車中の電車に乗車し、向かった先は極楽寺である。

極楽寺、この駅の近くには検車区もあるが、今回訪れたのは、駅の鎌倉方にあるトンネルの入り口付近。ここの陸橋上から撮影されている写真があり、同じアングルで比較しようと言うことになった。まずは、トンネルの入り口から出てくる電車を撮ろうと待機していると、背後から鎌倉行きの電車が極楽寺駅に到着した。到着した電車を見て、思わず道路の反対側に移動。極楽寺駅に停車中の電車を撮影してみた。

Img_7d1678s

極楽寺駅に停車中の鎌倉行。

極楽寺駅に到着した鎌倉行は、御覧のように最新鋭の500形が先頭だった。丸みを帯びたデザインは、かつて運用されていた初代500形を意識しての事だそうで、2006年に第1編成が登場。第2編成が2008年に登場し、現在は2編成が活躍中である。

Img_7d1680s

後追い。

後ろ2両は1編成のみ存在の、レトロ風電車10形であった。

続いて、お隣の長谷駅で交換してくる藤沢行きを、同じアングルで撮影してみる事に。

Img_7d1686s

トンネルから出てきた2000形2003F。

明治製菓号となっている2003Fが先頭の藤沢行き。この場所では、この電車まで撮影した後、駅へと戻り、再び江ノ電に乗車。次の行先は七里ヶ浜。ここから海岸沿いに出て電車を撮影してみたが・・・

Img_7d1691s

嵐電塗装となっている1000形1502F。

江ノ電は、2009年10月より、京都の京福電気鉄道と姉妹提携を結んだ。それを記念して、江ノ電では京福電鉄(嵐電)の塗装を纏った「嵐電号」が、京福電鉄では、江ノ電の塗装を纏った「江ノ電号」が運転している。今回、その嵐電号を撮影する事が出来た。

Img_7d1692s

後ろ2両は1101F S・K・I・P号。

とても風が強く、ここでの撮影はこれ1本のみ。ちなみに、この場所、線路に沿ってアスファルトで舗装されているが、実はここ、道路ではない。この場所は、江ノ電の新車搬入場所となっている場所で、新車を入れる時は、深夜にトレーラーでこの場所まで運ばれた後、クレーンでつり上げて、この場所から1両ずつ下ろしていくと言う。

この後、七里ヶ浜駅から再び江ノ電に乗って江の島へと移動する。やって来たのは、1000形と1編成のみとなった300形305Fとの混結編成。1000形は、釣り掛けモーター車だった。吊り掛けモーター音の昔懐かしい音を楽しみながら、江の島へ。

Img_7d1693s

江ノ島駅を出発し藤沢へと向かう305F。

江ノ島駅到着後、構内踏切を渡って、反対側のホームへ移動し、走り去る305Fを撮影してみた。その後、改札を出場し、江ノ島~腰越間の併用軌道区間へ徒歩で移動。ここで暫くの間撮影する事にした。

Img_7d1696s

スカート付き2000形2001F先頭の藤沢行き。

前にも感じた事だが、スカート付きの2001Fは、併用軌道区間で見ると、なかなか迫力がある。そして、2001Fの後ろに連なる1000形は、デビュー30周年を記念して、登場時のカラーに戻された1001Fである。

Img_7d1699s

江ノ島駅を出発し、併用軌道区間に入って来た1101F。

Img_7d1705s

江ノ電全線開通100周年記念のリバイバルカラーとなった20形21F。

ぶどう色を纏った20形21F。江ノ電全線開通100周年を記念し、当時の車両の外装を再現したリバイバルカラー車となっている。実は、この日、一番最初に乗った江ノ電の電車が、この編成であった。

Img_7d1707s

併用軌道区間に入った305F。

先程、江ノ島駅で撮影した305Fが、この場所に戻って来たところを以て、併用軌道区間での撮影を終了とした。この後、いったん江ノ島駅へと戻り、駅構内に展示してある手有働模型などを観察。その合間に、江ノ島駅のホームでも少しだけ撮影してみた。

Img_7d1714s

江ノ島駅に到着した1001F+2001F。

Img_7d1717s

江ノ島駅に進入する2003F+502F。

この撮影を以て江ノ電とはお別れ。大学生の子たちが乗った事がないと言っていた湘南モノレールで大船へ向かう事にした。湘南モノレールの湘南江の島駅は、江ノ電の江ノ島駅のすぐ近くにある。早速、モノレールの駅へ向かうと、ちょうど大船からの列車が到着したところだった。ホームに向かう時、新しそうな車両の音がしたので、もしやと思いながらホームに向かうと、3編成しか存在しない新型の5000系だった。懸垂式モノレールの独特な乗り心地を大船まで楽しんだ。

Img_7d1720s

大船駅に停車中の湘南モノレール5000系。(第1編成)

こうして、異色のメンバーで回った鎌倉の旅は終了となった。この後、東海道本線の普通列車で東京方面へと戻り、日暮里駅周辺で軽く懇親会をして解散となった。気分的にも若返る事が出来て、楽しい1日であった。

|

« 183系12両編成の鎌倉臨を撮影 | トップページ | EF64 37+12系+EF64 1001の団臨を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:その他私鉄」カテゴリの記事

鉄道:江ノ電」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、こんにちは。江ノ電の記事、楽しく拝見しました。じつは私も江ノ電には一度乗ったことがあり、その時のことを懐かしく思いました。私のいとこが神奈川県大和市に住んでいて、私がまだ15才の頃、1人で遊びにいきました。ちょうど春真っ盛りで、いとことおばさんは、鎌倉、江ノ島へ連れていってくれました。円覚寺と鶴岡八幡宮でお参りをし、江ノ電に乗って鎌倉大仏へ行き、奈良の大仏とはまた違う色に驚き、江ノ島海岸を散策して、いとこ宅に帰りました。2000形電車の写真を見て、これに乗ったような記憶がありました。
また2006年放送、エリカ様主演のドラマ「タイヨウのうた」でも、江ノ電沿線がアップされましたね。柴咲コウの曲も懐かしいです。
さて私のブログですが、これからもいろいろな画像を掲載してまいります。ご多忙とは存じますが、ぜひご覧いただき、コメントを頂ければさいわいでございます。

投稿: 笑夢 | 2011/02/03 10:11

305Fが写っているだけで、写真が昭和30年代のものに見えてくるからすごいです。古い電車には独特の磁場があるのでしょう。

投稿: バイシ | 2011/02/03 12:33

笑夢さん、バイシさん、コメントありがとうございます。

>笑夢さん
江ノ電の記事、楽しんでいただけたようで何よりです。短い路線ではありますが、観光名所も数多くあり、また、車両の種類も多いですから、何度訪ねても飽きませんよね。ブログの方は、またお邪魔させていただきますね。

>バイシさん
305Fの写真、併用軌道区間は、後ろの車両が写っていないので、失敗したなあと思ったのですが、逆にその部分が一昔前の感じにも見えているのかもしれませんね。今思うと、併結相手が写らなくて良かったかなあって思いました。

投稿: TOMO | 2011/02/04 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/50743416

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電に乗る:

« 183系12両編成の鎌倉臨を撮影 | トップページ | EF64 37+12系+EF64 1001の団臨を撮影する »