« 2011年5月12日撮影の貨物列車 | トップページ | およそ1ヶ月遅れで運転を開始した南武線の快速電車を撮影 »

祝日恒例 米タンを撮る

5月5日のお話。

祝日の木曜日。弊ブログでは、火曜日と木曜日が祝日と重なった場合、祝日恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称米タンの観察が有る。日頃はなかなか撮るチャンスがないこの列車。今回はうまくいくだろうか。

地元、萩山から西武拝島線の電車で拝島へと向かう。いつものように北口側へ出て、駅前の専用線の踏切を渡る。すると、専用線の脇で、カメラ片手に待機している方を発見。間違いなく米タンはやってくるだろう。私は、駅近くの横田2号踏切付近で待機する事に。やがてDE10の汽笛が聞こえてきて、列車の通過が近い事を知る。それから数分後、踏切が鳴り出した。そして、前方よりDE10の姿を確認。ゆっくりと近付いて来たところで撮影を開始する。

Img_7d3349s

横田基地専用線を行く米タン返空列車

この日、専用線の牽引を担当したのは、DE10 1667号機。貨物更新機のDE10に当たる事は多いので、それ自体は珍しい事ではない。問題は、DE10の後ろに連なる貨車達だ。いつもの黒いタキではない。そう、この日の返空は、米タンとしては新顔となるタキ1000だったのだ。米タンで運用中のタキ38000の老朽化に伴い、米タン用のタキ1000が新製され、昨年中から使用されていると噂には聞いていたのだが、私が撮影に行く時は、いつもタキ38000だった。現在でも、タキ38000は使用されており、タキ1000は、タキ38000の一部を置き換えたに過ぎないようだが、今後は、タキ1000が運用されるケースが多くなっていく事と思う。

撮影後、すぐに拝島駅へと戻り、今度は駅のホーム上から撮影してみる。ちょうど青梅線のホームに着いた頃、米タンの貨車も、DE10に後押しされるように、中線へと到着。そして、すぐにDE10が切り離され、留置線へと引き上げて行った。

Img_s0519s

タキから切り離され、引き上げて行くDE10 1667。

そして、DE10が引き揚げてからおよそ2分後の事。安善までの牽引を担当するEF65が、立川方面からやって来た。

Img_s0520s

立川方面からやって来たEF65 1083号機。

この日、安善までの牽引を担当するのは、EF65 1083号機。同機は、直接、タキが停車している線に入る訳ではなく、まずは違う線に入線。そして、いったん留置線へと引き上げて行く。

Img_s0524s

EF65と専用線担当のDE10が一瞬だけ顔を合わせる。

いったん留置線側に引き上げたEF65は、その後、ゆっくりとタキの元へ向かい連結する。

Img_7d3355s

連結作業中の米タン。

この時点で、米タンの発車まで、まだまだ時間がある。米タン用タキ1000初撮影と言う事で、1両ずつタキ1000を撮影する事にした。

Img_s0525s

タキ1000-893

Img_s0526s

タキ1000-894

Img_s0527s

タキ1000-899

Img_s0530s

タキ1000-900

Img_s0531s

タキ1000-892

Img_s0532s

タキ1000-902

Img_s0533s

タキ1000-898

Img_s0534s

タキ1000-891

Img_s0535s

タキ1000-895

Img_s0536s

タキ1000-897

Img_s0537s

タキ1000-901

Img_s0539s

タキ1000-896

12両編成のタキ1000。流石に新製投入されただけあり、順番通りではないものの、タキ1000の車番は、891番から902番までの連番で揃えられていた。

タキを1両ずつ撮り終えた後は、いよいよ走行シーンの撮影へと移る。この日は祝日。順光で撮れる青梅線の中上は、被られる危険性が高い。タキ1000の米タンを初めて撮るのだから、安全なところにしよう。そう思い、青梅線内の撮影は諦め、最初から南武線沿線に行くことに。そして、午後は、他に計画していたことがあったので、あまり奥へは行けない。となると、新駅の西府か、おなじみの分倍河原と言う事になる。貨物時刻表と東京時刻表を見比べて、どうやら西府は被りそうという結論に達し、分倍河原へ移動することにした。しかし、その分倍河原では、南武線の立川行き快速が2分遅れで運転していたため、なんと米タンと被ってしまった。この日に限っては、西府にしておくべきだった。

仕方なく、午後の便を撮ることにしたのだが、時間が中途半端に余ってしまったので、分倍河原と西府で、快速電車と貨物列車を中心に撮影することで、時間調整をした。

Img_7d3372s

EH200-2号機が牽引する竜王発根岸行き80~87列車。

Img_7d3380s

EF210-171号機が牽引する八王子発根岸行き8092~8095列車。

首都圏の貨物列車の主力ともなってきた新鶴見期間区のEF210。貨物時刻表に掲載されている2月28日現在の機関車配置表を見ると、173号機まであるんだそうで、171号機なんて撮ってしまうと、EF210が、かなり多くなったと言うことを改めて実感してしまう。

この後、いったん立川へ行き、昼食休憩をした後、再び南武線内へ。午後の横田基地に向かう米タンをどこで撮るか悩んだ。一度被られると、どこで撮っても被られるような気がして、結局選んだのは、谷保駅付近の直線区間。車内から見たら撮りやすそうだなと思ったのだが、実際に行ってみると、障害物が多く、かなり苦戦。でも、他の場所に移動する余裕がなかったので、ここで撮影することにした。

Img_7d3385s

横田基地へと向かう8277列車。

この日、横田基地からの返空は、新顔のタキ1000だったが、入れ替わりに横田基地へ向かう便については、従来通りタキ38000だった。やっぱり米タンは黒タキが似合うよ。撮影しながら、そう思った。

ちなみに、この8277列車だが、背後には南武線の川崎行きが迫っており、結果的には、この場所も確実に撮れる場所ではないことが判明した。3月の改正以後、初めての米タン撮影だったので、この日はダイヤを把握できないまま時間だけが経過してしまった。次回の撮影時までに、確実に撮れる場所を研究しなくては。また一つ宿題が増えてしまった。

|

« 2011年5月12日撮影の貨物列車 | トップページ | およそ1ヶ月遅れで運転を開始した南武線の快速電車を撮影 »

貨物:米タン」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

ああ、おもしろいね。。。(^∀^)

You can see it in Indonesia at Central and East Java,but not electric (>.<)

投稿: Kresna8039 | 2011/05/18 12:47

Kresna8039さん、コメントありがとうございます。

Twitterではコメントしたんですが、こちらではそのままになってしまっていました。申し訳ございません。インドネシアから、御覧頂き恐縮しております。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿: TOMO | 2011/06/16 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/51701385

この記事へのトラックバック一覧です: 祝日恒例 米タンを撮る:

« 2011年5月12日撮影の貨物列車 | トップページ | およそ1ヶ月遅れで運転を開始した南武線の快速電車を撮影 »