« 勝田~平磯間運転再開 ひたちなか海浜鉄道湊線を訪ねる 後編 | トップページ | 西武多摩川線へ復帰 101系247Fの甲種輸送を撮影 »

西武多摩湖(南)線に2000系入線

7月5日から12日にかけてのお話。

日頃、101系ワンマン対応車によるワンマン運転を実施している、西武多摩湖線の南側部分。257F・261F・263Fの3編成に、多摩川線用の247F「春編成」を加えた4編成が、この区間の専属となって運用に就いているのだが、7月9日から10日にかけて、247Fを多摩川線に移動させるための甲種輸送が実施される事になった。その輸送に備えて、まず247Fが、7月2日の運用を最後に離脱。更に甲種輸送の牽引用車両である263Fも、7月4日の運用を終えたところで離脱した。この時点で、多摩湖線に残ったのは、257Fと261Fの2編成のみ。多摩湖線は、所定4編成のうち3編成を使用する事になっている為、当然、この時点で頭数が足らなくなる。

頭数が足らなくなった多摩湖線には、これまで2000系が入線し対応していた。しかし、今年は、武蔵丘検修場にて、245Fがワンマン対応改造を受けているのを、6月のイベント時に確認しており、もしかしたら、245Fがそれまでに出場し、多摩湖線を走るのでは・・・そんな予想をしていたのだが、実際にふたを開けてみると・・・

7月5日朝、萩山駅で私を待っていたのは、2513Fだった。

Img_s1050s

多摩川線の甲種輸送に備えて再び2000系による代走が発生した多摩湖線。(2011年7月5日撮影)

萩山駅では時間がなかったこともあり、特に撮影はしないで乗車。国分寺に到着後、車掌さんと絡めて撮影してみた。

弊ブログでは、地元路線と言う事もあり、多摩湖線の南側部分で代走が発生した時には、記録を続けているが、今回の代走は、7月5日から12日まで一週間続けられた。また、代走は、過去の例だと平日のみ実施なのだが、7月9日と10日には、西武ドームにてプロ野球公式戦が開催された為、不定期列車が運転された事から、この両日も代走が実施された。2000系による代走が1週間連続という長期間に渡っているため、昨年12月の代走時と同様に、画像に関しては一部だけご紹介するとして、期間中、多摩湖線の代走運用に就いた2000系の編成番号を記録する事とした。

 5日(火)・・・2513F
 6日(水)・・・2519F
 7日(木)・・・2515F
 8日(金)・・・2523F
 9日(土)・・・2539F
10日(日)・・・2523F
11日(月)・・・2523F
12日(火)・・・2509F

御覧のように、今回の代走では、前面貫通扉の窓が小さいタイプである初期車の活躍が目立った。

Img_7d4649s

萩山駅3番ホームを出発する2513Fの国分寺行き。(2011年7月5日撮影)

Img_7d4659s

小平市役所の横を通過する2515F。(2011年7月7日撮影)

代走3日目となった7月7日は、朝からデジタル一眼レフカメラを持参して出勤。その途中、青梅街道駅でいったん下車し、小平市役所付近で萩山行きとして運転中の2515Fを撮影。その後、一橋学園駅まで歩き、同駅進入シーンを撮影後、2515Fの国分寺行きで職場へ向かった。

Img_7d4662_0s

一橋学園駅に進入する2515F。(2011年7月7日撮影)

更に、7日夕方は、国分寺~一橋学園駅間でも撮影してみた。

Img_7d4692s

国分寺へ向かう2515F。(2011年7月7日撮影)

Img_7d4696s

西武遊園地行きとして折り返す2515F。(2011年7月7日撮影)

Img_s1154s

萩山駅で257Fの国分寺行きと交換する、2523Fの西武遊園地行き。(2011年7月11日撮影)

Img_s1159s

萩山駅3番線に停車中の2523F。(2011年7月11日撮影)

多摩川線の甲種輸送も終了し、本日からは多摩湖線に263Fが復帰する事になる。多摩湖線利用者としては、多摩川線の甲種輸送が実施される都度、代走が発生するのは、何とかならないものかと、常々思っていたが、現在、武蔵丘検修場にて、ワンマン対応工事を受けている245Fが出場すれば、2000系による代走は解消される事と思う。そうなると、2000系が多摩湖線の南側部分を走る事も、今後は少なくなるのかな?と言う気がしている。

参考:過去の多摩湖(南)線代走運転の記録
1999年12月28日・・・ 245F
2000年12月 4日・・・2531F
2001年 1月31日・・・2541F
2005年 4月 4日・・・2519F(朝)2523F(夜)弊ブログ2005年4月5日付記事参照
2005年 5月 2日・・・ 253F(朝)弊ブログ2005年5月2日付記事参照
2006年 1月 6日・・・2535F(夜)弊ブログ2006年1月6日付記事参照
2007年12月13日・・・ 251F(夜)弊ブログ2007年12月14日付記事参照
2007年12月14日・・・ 251F(朝)弊ブログ2007年12月14日付記事参照
2008年 3月10日・・・2535F(夜)弊ブログ2008年3月10日付記事参照
2009年 2月24日・・・2543FMusashino RM Blogさん参照
2009年 3月16日・・・2535F(朝)弊ブログ2009年3月16日付記事参照
2009年 5月19日・・・2527F(夜)弊ブログ2009年5月19日付記事参照
2009年 6月 1日・・・2525F(夜)弊ブログ2009年6月1日付記事参照
2010年 2月 2日・・・2525F(朝)弊ブログ2010年2月2日付記事参照
2010年11月 8日・・・2527F
2010年11月 9日・・・2539F→2535F
2010年11月10日・・・2507F 11月8日から10日は弊ブログ2010年11月11日付記事参照
2010年11月11日・・・2535F
2010年11月12日・・・2507F
2010年11月15日・・・2537F
2010年11月16日・・・2525F11月11日から16日は弊ブログ2010年11月17日付記事参照
2010年12月 7日・・・2541F
2010年12月 8日・・・2531F
2010年12月 9日・・・2533F
2010年12月10日・・・2539F
2010年12月13日・・・2535F
2010年12月14日・・・2523F
2010年12月15日・・・2509F
2010年12月16日・・・2539F
2010年12月17日・・・2535F
2010年12月20日・・・2537F
2010年12月21日・・・2531F12月7日から21日は弊ブログ2010年12月22日付記事参照

|

« 勝田~平磯間運転再開 ひたちなか海浜鉄道湊線を訪ねる 後編 | トップページ | 西武多摩川線へ復帰 101系247Fの甲種輸送を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントを書かせていただきました、拝島線開業前から沿線に住み西武立川駅が最寄りの9PARAと申します、時々お邪魔させていただき西武線の話題を拝見させて頂いています。
今朝の出勤時多摩湖線の青梅街道南側踏切で開通待ちをしていたら目の前を通過していったのは白一色の245Fで青梅街道駅を8時9分発国分寺行きとして上って行きました。
いつから運用に入ったのかは解りませんが245Fはこのまま多摩湖線に居るのか何れは多摩川線に移るのか興味がある所です。

投稿: 9PARA | 2011/07/15 08:58

245Fは251F秋号が床材交換を終えるまでで、
251F出場後は245Fが多摩川線へ行き、その代わりに251Fが多摩湖線へやってくるという情報を
現役の運転士2名の内1人が係長から情報があったので
近いうち245と251が入れ替わるようです

投稿: トレイン | 2011/07/16 21:09

9PARAさん、トレインさん、コメントありがとうございます。

>9PARAさん
いつも弊ブログをご覧いただき、ありがとうございます。245Fですが、速報版にも書きました通り、15日より運転を開始しました。9PARAさんが御覧になった列車に、私も実際に乗車して出勤しています。トレインさんから、興味深いコメントも出ていますが、私自身は、245Fが今後も多摩湖線で走り続けてくれるものと思っています。実際はどうなるか解りませんが・・・

>トレインさん
251F出場後は、251Fが多摩川線に帰るのではなく、245Fが多摩川線へ・・・う~ん、先の事は解りませんが、果たして本当にそうなるでしょうか。251Fって、秋号ですよね。次の甲種輸送が実施されるとすれば、早くて8月終わりごろでしょう。その時に、251Fを多摩川線に返さないと、季節的に、秋になろうと言う時に、多摩川線に秋号が走っていない。絵を提供した沿線の小学生達は、どう思うでしょうか?もし、245Fが行ってしまったら、多摩川線のラッピング車が2本だけになってしまうと言うのも、問題でしょう。私自身は、251Fが、そのまま復帰するものと思っています。ただ、8月6日に2000系の甲種輸送が実施されますから、263Fが1週間程度、多摩湖線の運用から離脱しますので、それまでに251Fが出場して、多摩湖線の運用に一時的に就くものと予想はしています。

ところで、今回もお知り合いの運転士さんからお聞きした事と思いますが、このようにコメントされる事を、運転士さんは了承されていますでしょうか?もちろん、この書き方では、運転士さん個人を特定される事は有りませんが、弊ブログは、多くの方に御覧頂いていますので、結果的に、現場サイドにご迷惑がかかる事も考えられます。私としては、コメントしていただく事は大変有り難い事なのですが、その旨ご理解を頂ければ幸いです。

投稿: TOMO | 2011/07/18 04:02

tomoさんちゃんと了承もらっているので大丈夫です。その変は心配なさらないでください。もう少しコメントするさいは回りの状況を見ながらさせてもらいます

投稿: トレイン | 2011/07/18 17:48

連続投稿失礼いたします。これはあくまで僕自身の見解
ですが多摩川線にいるラッピングなしの259Fと多摩湖線に来た245Fこれが新たにラッピングされ、251Fと
249Fを多摩湖線に異動させるのではないでしょうか?
いちいち床材交換し多摩川線と車両のやりくりするのも手間がかかるし、床材の問題のない車両で白塗装になっている245と259Fを多摩川線にもっていき床材を交換する251Fと249Fをそのまま多摩湖線で走り多摩川線に持っていく245と259をそのままラッピングすればいいだけの事だとおもいますが

投稿: トレイン | 2011/07/18 18:00

トレインさん、ご回答ありがとうございました。了承を貰っているとのことで、安心いたしました。

車両交換の件、ラッピングを張り替える手間って、どの程度かかるんでしょうね。特に、多摩川線の車両に関しては、広告ではなく、府中市の児童が描いた絵ですからねえ。イラストの予備品があれば、それを貼り付けて終わりかもしれませんが・・・

まあ、答えが出るまでは、いくらでも予想は出来ますので、どの車両が来るのか、どの車両が帰るのか、と言う話は、次の甲種輸送時まで楽しみましょう。

投稿: TOMO | 2011/07/20 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/52188589

この記事へのトラックバック一覧です: 西武多摩湖(南)線に2000系入線:

« 勝田~平磯間運転再開 ひたちなか海浜鉄道湊線を訪ねる 後編 | トップページ | 西武多摩川線へ復帰 101系247Fの甲種輸送を撮影 »