« 西武鉄道2011年度事業計画発表! | トップページ | 防災の日 午前10時の武蔵関駅 »

西武 四季の電車「秋」(251F) 多摩湖線での思い出

さて、弊ブログ2011年8月25日付記事でも触れたように、8月20日から21日にかけて、多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送が実施され、床材交換のため、本線側に戻っていた四季の電車「秋」(251F)が、無事、多摩川線へと戻り、新たに四季の電車「夏」(249F)が本線側に戻って来た。

床材交換を終えた251Fは、8月3日より多摩湖線での営業運転を開始したが、今回は帰還時期まで3週間ほどしかなかった事もあり、実際に多摩湖線で運用されたのは、僅か10日ほど。まさに「短い秋」となってしまった。今回は、四季の電車「秋」の多摩湖線での思い出として、251Fの多摩湖線での活躍シーンを振り返ります。

8月4日、運用2日目の朝。私は、いつもより1本早い電車に乗って出発。お馴染みの一橋学園折り返し列車を撮影するのが目的だ。以前、247Fを撮影したように、一橋学園駅で下車し、南口改札口へ向かう為の構内踏切から、一橋学園行きを撮影してみた。

Img_7d5108s

平日朝の名物列車、一橋学園折り返し列車に充当された251F。

やはり多摩湖線で走る以上、一橋学園行きは、絶対に記録しておきたい列車。特に、今回は、当初から「短い秋」になる事は予想出来ていたので、確実に撮影しておきたいと言う気持ちが強かった。

撮影後、一橋学園始発の国分寺行きとなる251Fに乗り込み国分寺へ。

Img_s1334s

国分寺駅7番ホームに停車中の251F一橋学園行き。

この日の撮影は、とりあえず国分寺到着時点でいったんは終了とし、中央線に乗り換え職場へ。続きは夕方のお楽しみとした。

さて、この日は仕事を終えてからも再び多摩湖線沿線でカメラを向ける事に。運用2日目の夕方は、国分寺~萩山間の折り返し列車に専念する運用となっている為。ここでは、一橋学園駅での交換シーンに狙いを定めた。とは言っても、駅のすぐ近くでは、並びを撮るのが難しい事から、一橋学園駅より国分寺方へ向かって2つ目の踏切から、やや強引に撮影する事にした。

Img_7d5126s

萩山行きに充当中の251F。

まずは、下り列車を後追いで撮影。そして、ここから、やや強引に、国分寺行きとして一橋学園駅に到着する257Fとの並びを撮影する。

Img_7d5131s

251Fの萩山行きと、257Fの国分寺行きとの並び。

白い四季の電車と、黄色の101系ワンマン車との交換シーンは、まさに多摩湖線でしか味わえない光景。これも、今回どうしても押さえておきたかった。この日は、261Fも運用に就いていたのだが、職場を出るのが遅くなってしまった事もあり、そちらは時間切れで撮影出来なかった。

翌日。運用3日目となるこの日は、1日数回ある小平乗り入れを記録しておきたいところ。平日と言う事で、流石に明るい時間帯の小平乗り入れを撮る事は難しい為、夜の小平乗り入れを狙うことに。20時30分頃、萩山を出て、小平で待ち伏せした。

Img_7d5136s

小平駅に到着した251F。

撮影後、この日、西武ドームでナイターが開催されている事を思い出す。通常、小平に到着したワンマン車は、その後も小平~西武遊園地間で運用に就くのだが、これが野球開催日となると、小平到着後、回送で西武遊園地へ送り込まれて、折り返し、西武遊園地発の国分寺行きに充当される。そこで、今度は、野球臨充当中の251Fを撮影する事にした。

Img_7d5141s

萩山駅2番ホームに停車中の251Fによる回送列車。

まずは、251Fの回送に先行する形で萩山へ。西武遊園地へ向かう251Fの回送列車を、ここで迎え撃つ。拝島快速が出来て以来、玉川上水方面へ向かう回送列車は、萩山駅を通過する列車も増えてきたが、この西武遊園地行き回送列車は、萩山駅でいったん停車してから西武遊園地へと向かった。

Img_7d5145s

西武遊園地駅2番ホームに停車中の251F。

そして、後続の西武遊園地行きで西武遊園地へ向かうと、予想通り、251Fは2番ホームに停車していた。既に、251Fの西武遊園地入線シーンは撮影済みだが、2番ホームへの251F入線は、野球臨に充当されないと見る事が出来ない為、このシーンを押さえられた事は嬉しい誤算だった。

Img_7d5152s

停車時間が長い為、中ドア以外締め切り扱い。

更に、中ドア以外締め切りと言うシーンも撮れて大満足。この日は、この撮影を以て、251Fの撮影を終了とした。

野球臨に充当されなければ、運用3日目終了時点で玉川上水車両基地へ回送され入庫。1日休んだ後、翌日から再び営業に就くと言うパターンになるのだが、平日ナイター開催時は、野球臨充当後、そのまま国分寺~萩山間の運用に就き、萩山で入庫。そして、翌日、運用2日目に繋がる為、5日連続で運用に就く事になるのも、恥ずかしながら、今回の251F観察で初めて気付いた。この後、251Fは、8月9日から再び運用に就き、野球臨充当も含め、5日間運用に就いたのだが、結局5日間連続運用を2回繰り返しただけで、多摩湖線の運用から離脱。甲種輸送で、多摩川線へと戻っていった。まさに、「短い秋があっという間に過ぎ去っていった」と言う感じだった。

|

« 西武鉄道2011年度事業計画発表! | トップページ | 防災の日 午前10時の武蔵関駅 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

貴重な記録、拝見いたしました。
自力で撮影できなかったのが残念です、特に小平で捕まえるのは運用を知り尽くしていないとむりですね。

バイク通勤ですがポケットにコンパクトデジカメを忍ばせて置いた方が良さそう、もし夏編成が多摩湖線に入ったら何とか記録に留めたいですが日が短くなりますのでこれも難しいかも知れません。

投稿: 9PARA | 2011/09/02 12:40

9PARAさん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

251Fの多摩湖線での記録、お楽しみいただけたようでなによりでした。実は、私も、普段から、出勤時にコンデジをカバンに入れているのですが、この251Fを追跡していた時は、コンデジの他、デジイチも持参して撮影に臨みました。

さて、251Fと入れ替わりに戻って来た249Fは、今現在、床材交換のため入場中です。果たして、多摩川線に帰るまでに、多摩湖線で走る事があるのかどうか、はっきりわかりませんが、仰る通り、これからは日が短くなる時期でありますので、撮影がし辛くなりますね。何とか記録に残したいとは思っていますが・・・

投稿: TOMO | 2011/09/11 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/52617286

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 四季の電車「秋」(251F) 多摩湖線での思い出:

« 西武鉄道2011年度事業計画発表! | トップページ | 防災の日 午前10時の武蔵関駅 »