« 引退間近の119系を追って飯田線へ その3 | トップページ | 富士急6000形の甲種輸送を撮影 »

雪と中央線

1月20日。前夜から降り続いていた雨が、未明より雪へと変わり、夕方まで冷たい雪が降り続いた。

と言っても、水分が多く、積もるような雪ではなかったが、東京では、年間に何度も雪が降ると言う事は無いだけに、こう言う日は、列車と雪を絡めて撮影したくなる。

そこで、昼休みに食事に行きながら、西荻窪駅で少しだけ撮影する事に。コンデジしか持っていない為、大した撮影は出来ないが、まあ、記録と言う事で。

Img_s2506s

E231系による津田沼行き1212B。

雪の中を駆け抜けるE231系。雪で編成番号も読めず、列車番号は辛うじて読める状態。積もるような雪ではなかったのだが、こうして見ると、雪がかなり強く降っているようにも見えてしまう。

Img_s2507s

E257系による「あずさ12号」(推定)

この列車、西荻窪を通過して行ったのは12時37分頃のことなのだが、列車名を「あずさ」と表示している事から、おそらく、「あすさ12号」ではないかと思われる。と言うのも、本来の「あずさ12号」であれば、新宿駅に12時33分に到着していなくてはいけないので、この時点で15分ほど遅れが出ているようだ。ちなみに、定刻通りの運転であれば、三鷹駅で快速電車を追い越している筈なので、この列車の直後に、上りの快速も来る筈だが、暫く来なかった事から、やはり「あずさ12号」が遅れて運転されていたようである。

Img_s2508s

E233系T30編成による1217T高尾行き。

先程撮影した緩行線のE231系とは対照的に、今度は編成番号も写ってくれた。

Img_s2509s

中央特快東京行き。たぶん1236T。

やや遅れ気味でやって来た中央特快を撮り終えた所で撮影を終了。撤収した。

|

« 引退間近の119系を追って飯田線へ その3 | トップページ | 富士急6000形の甲種輸送を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

 結構、降っていたのですね。

 何年か前、晴れ間を求めて東京に行ったら雪だった
ということがあり、その時は山手線を撮りました。
首都圏の車両と雪ってなかなか撮影できないので、
いつも雪の中で写真を撮っているのにも関わらず
撮ってしまいました。

投稿: GO | 2012/01/21 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/53784741

この記事へのトラックバック一覧です: 雪と中央線:

« 引退間近の119系を追って飯田線へ その3 | トップページ | 富士急6000形の甲種輸送を撮影 »