« 西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する | トップページ | 古い鉄道写真5 田町電車区のクロ157 »

秩父鉄道「あの花」記念トレインを撮影

さて、奥むさし駅伝の臨時列車観察後は、横瀬駅から西武秩父駅へと移動し、そのまま秩父神社横の秩父鉄道の踏切へと向かった。

秩父鉄道では、毎年、長瀞の宝登山のロウバイの開花に合わせて、急行秩父路号の一部列車を、ロウバイ号として運転している。これまでに、何度か撮影をしており、今年も横瀬まで来ているし、今から行けば、影森行きの「秩父路3号」に間に合う事から、ついでに撮影してみようと思って、ここまでやって来た。しかし、横瀬駅でお会いした方に聞いてみると、「秩父路3号」は、1月21日から運転を開始している「あの花」記念トレインによる運転と聞かされた。

「あの花」とは、昨年、フジテレビ系列で放映されていたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の略称。秩父市内が舞台設定となっており、実在する建物や風景が登場する事も多く、放送終了後も、実際に現地を訪れるファンもいらっしゃるようだ。また、西武鉄道が実に協力的で、劇中に4000系など、西武秩父線を走行する車両が出てきた事もある。そんな事もあって、西武鉄道・秩父鉄道共に、この作品に関連した記念乗車券を発売した事もある。

今回、秩父鉄道で運転されている「あの花」記念トレインは、東武鉄道・秩父鉄道の合同企画、「あの花×らき☆すた」記念乗車券を発売を記念して設定されたもので、1月21日から2月20日までの1ヵ月間、6000系1編成にオリジナルのヘッドマークを掲出して運転している。当初予定していたロウバイ号とは異なるものの、ヘッドマーク付きの6000系が撮れると言う事で、気持ちを入れ替えて撮影に臨む事にした。

Img_7d8671s

「あの花」記念トレインで運転されていた、急行「秩父路3号」

ちょうど秩父駅構内留置の4000系が見えた事もあり、まずは、西武4000系を絡めて撮影してみる。

Img_7d8674s

続いて「あの花」記念トレインのみを撮影。

「あの花」記念トレインとなっていたのは、6002Fだった。2012年の撮り始めとなった急行「開運号」も、この踏切から撮影しているのだが、あの時も6002Fだった。なんとなく、6002Fとの相性が良いのかもしれない。

撮影後、踏切近くにある手打ちそば「武蔵屋」へと向かい、鴨せいろそばを食べた後、仲見世通りの焼鳥屋さんに立ち寄り、鉄談義をした後、秩父を後にした。早朝からの行動だった事もあり、焼鳥屋さんで熱燗を呑んだ後は、睡魔が襲ってきて、帰りの列車内では、途中から眠ってしまった。

|

« 西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する | トップページ | 古い鉄道写真5 田町電車区のクロ157 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/54028192

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道「あの花」記念トレインを撮影:

« 西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する | トップページ | 古い鉄道写真5 田町電車区のクロ157 »