« お陰様で500万HIT達成! | トップページ | 防災の日 午前10時の花小金井駅 »

臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」を撮影

8月19日のお話。

今年の夏は、青梅線通いが続いているが、夏休みも後半戦に入った8月18・19日の2日間、新宿~奥多摩間に臨時快速列車「みたけ・おくたま探訪号」が運転されることになった。使用される車両は、大宮総合車両センター所属の183系国鉄特急色編成。更に、先日より115系で運転中の「むさしの奥多摩号」も、この2日間が最後の運転となることから、旨くすると、国鉄形車両同士の並びも見られそう。と言う事で、コレは行くしかないと判断し、なんと3週続けて、早朝の青梅線に出動することとなった。

地元、萩山駅を6時20分に出発する拝島行きで出発。車内で、FM NACK5で放送中の鉄道系番組を聴きながらの移動。なんか、これもすっかり日常化してしまったような気がする。そのまま拝島から青梅線へ。時間が早いこともあって、立川始発の奥多摩行き直通列車に接続となった。しかも、全区間4両編成での運転である。今や、青梅線は、宅地化が進み、立川~青梅間は10両編成が主体と言う事で、こうやって4両編成の電車に、拝島から乗る機会は、随分減ってしまった。それだけに、混んではいたけれど、久しぶりに青梅線らしい電車に乗ったなという実感はあった。

7時34分、川井駅へ到着。先日同様、東川井信号場跡へ向けて出発する。前回、この場所を訪れた時は、最終的に、私を含めて3名だった撮影地。今回は、183系と115系、2つの国鉄型車両が入線するとあって、5名の方が待機されていた。私は、列の最後尾へと向かい、撮影準備を開始。長く伸びた草、そして先客の方たちをかわすため、今回も持参した小型の脚立が役立った。

そして、8時6分ごろのこと。183系による「みたけ・おくたま探訪号」が東川井信号場跡をゆっくりと通過していった。

Img_7d11235s

臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」として、青梅線に入線した183系OM101編成。

この日、青梅線に入線してきたのは、大宮総合車両センター所属の183系OM101編成。前日は、両端の先頭車ともにシンボルマークのついたOM103編成だったらしいのだが、この日は、OM101編成ということで、残念ながら、奥多摩方の先頭車には、シンボルマークがなく、のっぺりとした表情。しかも、ヘッドマークも「臨時」と言う事で、見た目は地味な列車だった。とは言え、首都圏に残る183系・189系も、先は長くないようだし、こうして撮影できるだけ有難いと思わなくてはいけないのかも。ちなみに、車内の様子を見てみたところ、手前の御嶽駅で殆どの乗客が降りてしまったのか、空席が目立っていた。

この後、「むさしの奥多摩号」もあるのだが、この場所での撮影は、「みたけ・おくたま探訪号」で終了。川井駅へと戻り、下り列車までの待ち時間の間に、拝島駅のコンビニで購入したおにぎりを食べた。

さて、川井駅からは、下り列車に乗り込み、お隣の古里駅へと移動する。先程、東川井信号場跡で撮影をした「みたけ・おくたま探訪号」は、奥多摩到着後、拝島へ回送されるのだが、この古里駅の中線で暫く停車するのことになっており、その間に、115系による「むさしの奥多摩号」が通過する。つまり、古里駅では、183系と115系、2つの国鉄型車両が一瞬ではあるが並ぶことになっており、今回は、その並びを撮るのが目的。実際に、古里駅に着くと、駅の周りには、183系と115系の並びを撮ろうとする人が、何人も集まっていた。私も、上り線側の側道に移動し、出会いの瞬間を待つことにする。

8時46分頃のこと。115系の「むさしの奥多摩号」が川井駅を通過。その瞬間、周りの人達は一斉にシャッターを押していた。

Img_7d11250s_2

115系と183系との一瞬の出会い。

湘南色の115系と、国鉄特急色の183系との交換シーン。吾妻線辺りで見かけそうな光景であるが、ここは青梅線である。

この後、183系の回送列車が出発し、入れ替わりに115系の回送列車が入ってくるので、暫くの間、古里駅に留まり、撮影を続けることにした。

Img_7d11259s

E233系に挟まれる183系。ここは間違いなく青梅線。

Img_7d11269s

拝島に向けて出発!

Img_7d11270s

183系回送列車の出発からおよそ3分後。「むさしの奥多摩号」に使用された115系の回送列車が、古里駅に到着する。

この日、「むさしの奥多摩号」に使用されたのは、前回撮影した時と同じT1133編成だった。とりあえず入線シーンだけ撮って、一旦撮影は終了。ここまで来たので、久しぶりに奥多摩まで乗り鉄をしたくなり、続いてやってきた下り列車で奥多摩まで往復してみた。そして、奥多摩駅の駅舎を撮って、折り返しの青梅行に乗り込み、再び古里駅へ。すると、中線に停車中の115系の奥多摩方先頭車の正面の種別幕が「快速」表示のままである事に気づき、再び撮影することにした。

Img_7d11280s

古里駅中線で停車中の115系T1133編成。ファンサービスなのか、奥多摩方先頭車は「快速」表示のまま。

再び立ち寄った古里駅では、停車中の115系だけを撮影した後、再び青梅線の電車で立川方面へ。拝島駅まで追跡すると、「みたけ・おくたま探訪号」に使用された183系が、パンタグラフを下げた状態で留置されていた。

Img_7d11282s

夕方まで、拝島駅で過ごす183系OM101編成。

そして、「むさしの奥多摩号」用の115系の到着までの間、立川のマイホビーキョーサンへ。買い物を済ませて拝島に戻ってくると、115系も到着済み。八高線のホームから留置中の183系と115系を撮影した。

Img_s3824s

やや強引ではあるが、拝島でも183系と115系との並びを撮影。

この撮影を以て、「みたけ・おくたま探訪号」の撮影を終了としたとともに、この夏の青梅線通いも終了とした。

久々の115系の入線で盛り上がった青梅線。これで暫く青梅線通いは無いかなと思っていたところ、秋の臨時列車でも「むさしの奥多摩号」が設定され、しかも、豊田車両センター所属の115系6両編成での運転になると言う。スカ色の115系が青梅線を走行。これは行くしかない。しばし休んだ後、涼しくなったら、また、青梅線通いの日々が続くことになるかもしれない。

|

« お陰様で500万HIT達成! | トップページ | 防災の日 午前10時の花小金井駅 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/55489276

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」を撮影:

« お陰様で500万HIT達成! | トップページ | 防災の日 午前10時の花小金井駅 »