« 臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」を撮影 | トップページ | 東武8111F動態保存記念ツアー列車を撮影 »

防災の日 午前10時の花小金井駅

今日9月1日は防災の日。

西武鉄道では、毎年防災の日の午前10時に、強い地震があったことを想定して、全線で列車を一旦停止させ、3分間の徐行運転を行う。優等列車も運転されているだけに、午前10時には駅を通過している場合もある。その場合は、駅間で停止した後、3分間の徐行運転を行い、最寄りの駅で一旦停車をするので、日頃は優等列車が通過する駅に、優等列車が停車すると言うシーンを見る事もできる。

私は、毎年、この日に休みを取って、その模様を記録しているが、今年は9月1日が土曜日と言う事で、暦通り、9月1日実施であれば、特に仕事を休まなくても、訓練の様子を観察することができる。しかし、2007年は9月1日が土曜日だったため、前日となる8月31日に実施した事から、今年も8月31日実施と思っていたところ、9月1日実施ということが、8月30日に乗車した列車の車内放送で解った。今年は観察できないと思っていただけに、これは予想外の展開。早速、時刻表を見て、何処へ行くか検討を始めることに。色々と検討した結果、土曜・休日ダイヤのみ運転の列車で観察しようという結論に達した。そこで思いついたのが、急行西武遊園地行きの存在。早速調べてみると、西武新宿を9時38分に出る2101列車が、田無~花小金井間で午前10時を迎え、花小金井駅が10時01分発だった。

そこで、時間に合わせて花小金井駅へと向かう。とりあえず、下りホーム8両編成最前部位置付近にあったベンチに座って、午前10時の瞬間を待った。すると、上り列車・下り列車ともに、2分程度の遅れを以て運転しており、9時58分発の急行西武新宿行き2318列車と、各停新所沢行き5809列車が停車中に、午前10時を迎えた。

Img_7d11702s

花小金井駅にて午前10時を迎えた急行2318列車(左)と各停5809列車(右)

両列車とも、出発しようとした瞬間、午前10時となり、ここで2分ほど停車。安全の確認をした後、徐行運転で花小金井駅を出発していった。

それからおよそ2分後のこと。下りホームに、急行西武遊園地行き2101列車が到着した。

Img_7d11706s

花小金井駅に到着した急行西武遊園地行き2101列車。

この日、2101列車に使用されたのは、スマイルトレイン30000系の第1編成である38101Fだった。ご覧のように、運転士さんが、ホーム上にいたヘルメット姿の駅員さんに、異常がないことを伝えた後、花小金井駅をおよそ3分遅れで出発し、西武遊園地へと向かっていった。

|

« 臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」を撮影 | トップページ | 東武8111F動態保存記念ツアー列車を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/55558823

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日 午前10時の花小金井駅:

« 臨時快速「みたけ・おくたま探訪号」を撮影 | トップページ | 東武8111F動態保存記念ツアー列車を撮影 »