« JR西日本の205系と出会う | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障発生により萩山~一橋学園間で折り返し運転を実施 »

杉並3駅開業90周年記念 「なつかしの115系かいじ号」を撮影

今年は、中央線の高円寺・阿佐ヶ谷・西荻窪の「杉並3駅」が、開業90周年という節目の年。JR東日本では、これを記念して、10月20日と21日の2日間、新宿~甲府間に、団体臨時列車「なつかしの115系かいじ号」を運転した。

かつて、国鉄時代、中央本線には、「アルプス」「かいじ」「かわぐち」等、急行列車が多数走っていたが、その中でも「かいじ」には、115系が運用されていた時期があり、今回の団体臨時列車では、今なおスカ色を纏い中央本線を走る、豊田車両センターの115系を使用して再現しようというものであった。ただ、この列車、上り列車に関しては、途中から武蔵野線を経由してしまうため、撮影可能な時間帯に、杉並3駅を通過するのは、朝の送り込みの回送列車と、新宿からの下り列車のみ。そこで、この下り列車を、21日の朝、西荻窪で撮影しようと企んだのだが・・・

前夜の疲れからか、すっかり時刻を勘違いしており、気付いた時には、吉祥寺まで行くのが限界という状況であった。とりあえず、吉祥寺へ行ってみると、2番線の新宿方には、そこそこ同業者が集まっていた。ただ、この駅は微妙な時間に東西線直通列車があり、被られる可能性が高い。ネットで検索してみると、どうやら20日は被りを回避できたみたいだが、絶対に被らないという保証はなかった。

さあ、いよいよ「なつかしの115系かいじ号」が接近という時に、やはりと言うか、予想通りというか、背後より東西線直通列車がやってきてしまった。急いで、前の方へと移り、ライブビュー機能を使って撮影してみたが・・・

Resize0100

一路、甲府へと向かう「なつかしの115系かいじ号」

団臨に使用されたのは、豊田車両センターの115系では、唯一の6両固定編成であるM40編成。「むさしの号」の運用を205系に譲ってからは、ベンチを温めることが多くなってしまった編成である。御覧のように、あわてて撮影したこともあって、かなりのピンボケ写真となってしまった。画像編集ソフトで、どうにかここまでになったが、ここでの撮影は悔いの残る結果となった。

さて、この日のメインイベントは、西武沿線。気持ちを入れ替えて、東村山へと向かった。

|

« JR西日本の205系と出会う | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障発生により萩山~一橋学園間で折り返し運転を実施 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/55981206

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並3駅開業90周年記念 「なつかしの115系かいじ号」を撮影:

« JR西日本の205系と出会う | トップページ | 西武多摩湖線 車両故障発生により萩山~一橋学園間で折り返し運転を実施 »