« 「セントラルライナー」廃止へ | トップページ | 伊豆急「アルファリゾート21」 中央線を走る »

211系0番台車の快速運用を撮影する

さて、元日のJR東海エリアでの撮影記も、これが最後となります。

春日井駅での撮影を終えて、名古屋に戻って来た私。東京へ帰る前に、もう一つ撮っておきたかったのが、211系0番台車である。

JR東海の211系0番台車は、4両編成2本が在籍しており、国鉄末期の昭和61年11月1日に実施されたダイヤ改正に合わせて、快速電車増発用として投入されたものである。デビュー当時は、西武鉄道6000系の帯に準じたカラーの帯を纏っており、今とはだいぶイメージが異なっていたが、JR東海に引き継がれた後、211系5000番台車のデビューに合わせ、現在の湘南色の帯となってしまった。長年、大垣車両区に在籍していたが、2011年、神領車両区へ転属。活躍の場は、関西線が主体となった。しかし、関西線では、4両編成は過剰であり、日中は、昼寝をしている事が多い。スマホで運用を確認すると、ちょうど亀山での昼寝から目覚めて、快速5314Mで名古屋に向かっている事が解り、名古屋駅12番線で待機する事に。

17時31分、亀山からの快速5314Mが、名古屋駅11番線に到着した。

Img_7d14266s

亀山発快速5314Mとして名古屋駅に到着した211系K52編成。

この日、5314Mに充当されたのは、神領車両区のK52編成。正面にある列車番号表示機には、列車番号ではなく「211 1」と表示されているが、この数字こそ、クモハ211-1である証。2編成ある211系0番台車のうち、クモハ211がトップナンバーの編成が入った。

JR東海では、現在、117系の置き換えを進めており、このまま117系が全車両廃車となると、JR東海が所有する在来線の電車は、2編成ある211系0番台車が最古参となり、この2編成だけが国鉄を知っている車両となる。311系との共通化を図る為、ヨーダンパを取り付けたり、最高速度も120キロに引き上げられる等、かなり手は加えられていることから、もう暫くは使い続けるものと思われるが、私自身、撮影チャンスが有る時は、確実に撮影しておきたいと思っている車両の一つである。

さて、到着したK52編成は、この後、亀山行き各駅停車、4321Mに充当されるため、一旦、大垣方へ引き上げる。その直後、11番線には、こんな車両が入って来た。

Img_7d14273s

特急「ワイドビューひだ17号」

岐阜から高山本線に入る特急列車「ワイドビューひだ号」である。このキハ85系、211系K52編成が引き上げた直後に入線してきたが、この時点で発車まで3分ほどしかなく、更に、車内販売も行わないと言う事から、乗客たちは、入線前に慌ただしく、弁当類の買い物を済ませ、そして、乗り込んで、慌ただしく出発して行くと言う感じだった。キハ85系も、気付けばデビューから20年以上が経過。そろそろ、後継車両の話が出てきてもおかしくない時期に入っている。211系0番台車と同様、このキハ85系も、しっかり記録しておかないと・・・

それにしても、この「ワイドビューひだ17号」は慌ただしい感じがする列車だったな。もう少しゆとりが欲しい、撮影しながら、そんな事を考えてしまった。

|

« 「セントラルライナー」廃止へ | トップページ | 伊豆急「アルファリゾート21」 中央線を走る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東海」カテゴリの記事

コメント

名古屋シリーズを拝見しました。

後の二者は時間があまりとれなかったでしょうに、しっかり記録しているところはTOMOさんらしいです。

確かにCLの車両はこれからどうするのでしょう?JR東海は371、373と相次いで運用が縮小し、ハイグレードな車両があまり気味ですから、一般型改造もあり得るかもしれませんね。

JR東海はコスト削減のため、車内販売も止めてしまうそうで、そういった傾向が「ひだ」にも現れているのでしょう。サービスの観点からは、リニア建設という大目標があるにしても残念です。

私はJR東海の在来線はなじみが薄く、一度「あずさ」と「しなの」を乗り継いで、新幹線を使わずに東京から大阪まで行ったときに乗ったくらいです。そんなわけで、TOMOさんのJR東海情報はいつも興味津々で見させてもらっております。

投稿: バイシ | 2013/01/20 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/56581470

この記事へのトラックバック一覧です: 211系0番台車の快速運用を撮影する:

« 「セントラルライナー」廃止へ | トップページ | 伊豆急「アルファリゾート21」 中央線を走る »