« 営業運転を開始した埼京線のE233系を目撃 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系241Fの甲種輸送を撮影 »

西武多摩川線 101系四季の電車4本並びを撮影

中央線の武蔵境から是政までを結ぶ、西武鉄道多摩川線。

2010年より、新101系に四季のイラストをラッピングした電車が運用に就いているが、西武鉄道の他の路線と全く繋がっていない孤立路線であるため、車両の入出場の際には、中央線・武蔵野線を経由する甲種輸送により対応している。通常は、「春」「夏」「秋」「冬」と四季の電車が揃っているのだが、1本検査が始まると、多摩湖線で運用中の白一色の電車が、1編成送り込まれる為、四季のどれかが欠けてしまう事になる。

そんな多摩川線の四季の電車だが、今年も「春」が検査の都合上、本線側に戻される事になった。西武鉄道のホームページの「車両図鑑」欄を見てみると、「春」も、今年12月でラッピングを終了する予定となっていた。他の編成についても、追ってラッピングを終了する事になっている。ふと、これまでに四季の電車が4本揃ったところを撮影した事がない事に気付く。通常は3本が運用に就く多摩川線。車両基地のある白糸台駅に行けば、4本揃ったところが撮れるのではないかと思うが、日中の12分間隔運転時には、この駅で列車交換があるが、運用に就いていない1編成と合わせた3本しか並ばない。一方、早朝・夜間の20分間隔の時間帯は、2本入庫するのだが、列車交換が多磨駅で実施される為、これまた並ばない。となると、終電から初電までの間の、約4時間が4本揃う時間帯となるのだが、留置場所が、駅の下りホームと、その隣の側線に1本ずつ、そして洗浄線に縦に2本と言う留置方法の為、白糸台駅の是政方にある踏切から見ても、3本しか顔が並ばない。

しかし、この法則が唯一崩れるタイミングがあった。それは、本線側へ戻る車両が運用を離脱した時である。通常、多摩川線の甲種輸送は、土曜日から日曜日にかけて実施される為、その週の水曜日には甲種輸送の準備が始まる。この時、運用を離脱した車両は、検修庫に突っ込む形で留置される為、運用中の3本と合わせて、4本並びが見られる筈。チャンスは、7月3日から6日までの4日間のみだ。

そこで、7月6日の未明、白糸台へ向かう事にした。4本揃うのは、おそらくこの日が最後。ツイッターでお世話になっている、@9PARAさんがワゴン車を出してくれる事になり、更にフォロワーさん3人が合流し、計5人で早朝の白糸台を訪れてみた。

午前4時頃、白糸台に到着。既に空は少しずつ明るくなっていた。早速、白糸台1号踏切から眺めてみると、狙い通り、4編成が並んでいた。手持ちで撮影できそうな明るさになるまで待機。そして、明るくなってきた4時20分頃より撮影を開始した。

Img_7d18829s

白糸台駅構内に勢揃いした多摩川線のラッピング電車。

見事に並んだ四季の電車たち。右側から、春・冬・夏・秋と並んでいる。この時点では、初電の発車まで1時間あり、どの編成もパンタグラフは下りたまま。車両たちも眠りについている。

4本並びの余韻に浸っていると、空はどんどん明るくなっていく。そして、4時40分頃より、パンタグラフが上がり、初電に使用される「秋」の出庫点検が始まった。

Img_7d18843s

下り初電に充当される「秋」の出庫点検が始まる。

パンタグラフが上がり、ヘッドライト・テールライトが点くと、車両たちが眠りから目覚めたと言う感じがしてくる。

Img_7d18847s

「秋」に続いて、「冬」も出庫点検を開始。

「秋」に遅れる事、およそ5分。今度は下り2番列車に使用される「冬」の出庫点検が始まった。そして、一番最後に起きたのが「夏」。

Img_7d18889s

最後に目覚めたのは「夏」

この後、下り一番電車である「秋」の是政行きを撮影してみる。

Img_7d18901s

白糸台駅を発車した是政行き一番電車。

是政へ向かう下りの一番電車。入出庫の都合もあるから仕方ないが、ぱっと見た感じ、車内に乗客の姿は確認できなかった。白糸台駅は、近くにある京王線の武蔵野台駅からの乗り換え客が少しはあるが、この時点で、京王線は、上りの初電しか発着していないので、流石に、この状態では京王線からの乗り換え客は、殆ど無い事から、この状況は仕方ない事と言えるだろう。

下り初電が発車した後は、下りの2番電車に使われる「冬」の入替作業が始まる。その様子も撮影してみた。

Img_7d18905s

白糸台車両基地の洗浄線から出庫してきた253F「冬」

車両基地の洗浄線から出庫した253F「冬」は、このまま是政方にある引き上げ線へ一旦引き上げられる。

Img_7d18906s

是政方引き上げ線へ引き上げた253F「冬」

Img_7d18907s

白糸台駅2番ホームへ向かう253F「冬」

この後、下り2番電車となる253F「冬」が出発するところを見届けたが、1番電車と同様に、この電車も乗客の姿を確認する事が出来なかった。やはり、この時間帯に白糸台から下り電車に乗ろうと言う客は、ゼロに近いのだろう。

この撮影を以て、早朝の白糸台での撮影を終了とした。帰りも9PARAさんの車に同乗し萩山へ。四季の電車4本並びと言う貴重な記録にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。良い思い出が出来ました。

|

« 営業運転を開始した埼京線のE233系を目撃 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系241Fの甲種輸送を撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/57760258

この記事へのトラックバック一覧です: 西武多摩川線 101系四季の電車4本並びを撮影:

« 営業運転を開始した埼京線のE233系を目撃 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系241Fの甲種輸送を撮影 »