« 臨時急行「富士山トレイン371号」を撮影する 御殿場線編 | トップページ | 西武多摩川線入りした241Fを撮影する »

「ライオンズ・クラシック2013」ヘッドマーク付き電車を撮影する

7月26日から28日までの3日間、埼玉西武ライオンズは、オリックスバッファローズとの3連戦を、西武鉄道100年アニバーサリー特別企画の一環として、「ライオンズ・クラシック2013 西武鉄道100年アニバーサリー-東京セネタースと西武鉄道の物語-」と称して開催した。

ライオンズ・クラシックは、2008年より行われている、球団史を回顧し現代に伝えるイベント。今年は、1936年に創設され、西武新宿線上井草駅近くに本拠地を置いていた、「東京セネタース」の選手たちが、当時着用していたユニフォームを、ライオンズの選手たちが身に纏い戦った。また、この3日間は、西武池袋線の20000系20151Fに、ライオンズ・クラシック2013のヘッドマークを掲出して運転される事になった。この辺りは、西武鉄道100年アニバーサリーとの一環らしい点である。

そこで、3連戦の最終日である7月28日の午後、ヘッドマークを掲出した20151Fを撮影する事にした。午前中は、多摩川線に行っていたのだが、運良く、知人より、20151Fの目撃情報をゲット。所沢14時56分着の5311列車に充当されると言う事で、時間に合わせて秋津~所沢間の秋津4号踏切へ移動。予定通り、5311列車に充当されていた20151Fを撮影する事が出来た。

Img_7d19492s

ライオンズ・クラシック2013のヘッドマークを掲出した20151F。

3色LEDを採用している20000系と言う事で、シャッター速度も125分の1にして撮影してみたが、なんとか行先も読め、ぶれずに撮影出来てホッとした。

5311列車は所沢止まり。所沢到着後は、再び始発の各停池袋行き5312列車で折り返すと言うので、今度は所沢駅に近い秋津5号踏切に移動して、折り返し列車を撮影してみた。

Img_7d19508s

そして、折り返し池袋へと向かう20151F。

この後、20151Fは、池袋到着後、豊島園まで往復した後、西武球場前行きとして再び下ってくる。せっかくだから、同編成の西武球場前行きも撮影しようと、保谷付近で狙ってみたのだが、行先表示が読めるように、シャッター速度125分の1にした事が裏目に出て、散々な仕上がりとなってしまった。こんな事なら、清瀬駅や西所沢駅で、停車中の所を確実に狙うべきだったと後悔した。

|

« 臨時急行「富士山トレイン371号」を撮影する 御殿場線編 | トップページ | 西武多摩川線入りした241Fを撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/57974394

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライオンズ・クラシック2013」ヘッドマーク付き電車を撮影する:

« 臨時急行「富士山トレイン371号」を撮影する 御殿場線編 | トップページ | 西武多摩川線入りした241Fを撮影する »