« 西武新宿線 3009Fと3017Fの並びを撮影する | トップページ | 終焉迫る西武池袋線3003Fを撮影 »

西武池袋線 曼殊沙華輸送を観察する

さて、小平駅で3000系同士の並びを撮影した後は、所沢経由で飯能へと向かった。

西武沿線に秋の訪れを告げる高麗の巾着田の曼珠沙華。西武鉄道各駅でも、このシーズンになると、PR用のポスターが貼られているが、今年は曼殊沙華の開花が遅れ、9月14日から16日までの三連休は、台風18号の接近も重なり、臨時列車の運行も中止になると言う状況であったが、台風通過後、一気に開花が進み、曼殊沙華も見頃を迎え、9月21日からの三連休は、飯能~高麗間で増発される臨時列車も、予定通り運転される事になった。この日、飯能に向かったのは、この臨時列車を撮影する為である。

途中、所沢で昼食を摂り、飯能駅に到着したのは、14時10分頃の事であった。次の高麗行き臨時列車までは、まだ15分ほどあり、その前に、西武秩父行き定期列車が間もなく出発すると言う状況であった。この定期列車は、4000系での運転であるが、ワンマン運転を取りやめ、8両編成の増結されていた。まずは、この列車を撮影しようとしたが、池袋行きと同時発車となってしまい、上手く撮る事が出来なかった。私は、そのまま2番ホームの池袋・西武秩父方に陣取り、高麗から来る臨時列車の到着を待つ事にした。この時点では、私一人だったのだが、時間の経過とともに、徐々に人が増えてくる。これは、俗に言う「ネタ車」が来るのか。新宿線の3000系同様、この日の高麗行き臨時列車の運用も全くチェックしないまま飯能入りしていたので、この時点で何が来るのか、全く解っていなかった。やがて、列車接近放送が入り、カメラを構える事に。前方から見えてきた車両を見て、ギャラリーが増え始めた理由が、やっと理解出来た。

Img_7d20954s

高麗発臨時飯能行きに充当された3001F。

高麗駅からの臨時列車として、飯能駅に到着したのは、御覧のように3000系のトップナンバー編成である3001Fだった。今年度より、3000系の置き換えが本格的に始まる事が既に発表されており、最近では、この3000系にカメラを向けるファンの数も増えてきた。この列車の到着直前に、飯能駅に集まって来たファンの皆さんは、最初から、この3001Fだと知って集まって来たのだろう。事前のチェックは大事。私も見習わないと・・・

Img_s6241s

折り返し高麗行きとして待機中の3001F。

飯能駅に到着した3001Fは、折り返し臨時高麗行きとなるのだが、3000系には「高麗」の幕が用意されていない為、御覧のように「臨時」幕での運転となる。

Img_s6243s

東急車との出会い。

出発までの僅かな時間の間に、元町・中華街からの快速急行が到着。この列車には、東急5050系4000番台車が使用されており、御覧のように、一瞬ではあるが、3001Fの臨時高麗行きと東急車との並びが見られた。

Img_7d20959s

飯能駅を発車する高麗行き臨時列車。

3001Fの臨時高麗行きを、とりあえず押さえたので、続いては、特急列車の高麗駅臨時停車シーンを撮る為、高麗駅に移動する事になるのだが、後続の西武秩父行きに乗ろうとしたところ、ホームの発車案内機が8両4ドアと表示されている事に気付く。そこで、この列車には乗らずに、西武秩父行きとして発車して行くシーンを撮影する事にした。一口に4ドアと言っても、西武秩父まで入れるのは、2000系・20000系・30000系の3形式となるのだが、入線してきたのは2000系だった。土曜・休日ダイヤの場合、西武秩父駅16時28分発の快速急行池袋行きに、4ドア車が充当される事になっており、この列車に使用する車両は、飯能10時13分発の西武秩父行きで送り込んでいる。その為、西武秩父行きの4ドア車は、定期的に見られるのだが・・・

Img_7d20972s

4000系に代わって、飯能~西武秩父間の折り返し運用に投入された2000系。(5035列車)

あえて、午後の時間帯に飯能から出発する4ドア車の西武秩父行きと言う事で撮っておくことにした。5035列車充当事で、おそらく、この編成は、西武秩父到着後、快速急行池袋行きに充当されるのだろう。

この後、3001Fによる高麗行き臨時列車で高麗へ移動する事に。先程と同様、2・3番ホームからの発車だろうと思っていたのだが・・・

Img_7d20973s

飯能駅1番ホームに停車中の高麗行き臨時列車。

飯能駅15時02分発の臨時高麗行きは、御覧のように1番ホームからの発車となった。とりあえず、この列車で高麗へ向かう事にしたのだが、西武秩父からの「ちちぶ30号」の到着が遅れ、高麗行きも3分ほど遅れて飯能駅を発車した。さすがに、この時間帯の高麗行きと言う事で、車内はガラガラ。高麗駅では下りホーム1番ホームへの到着。折り返し、飯能行きとなるが、ちょうど巾着田から帰られるお客さんが増え始める時間帯なのか、高麗駅の1番ホームには、この列車に乗車するお客さんの列が、かなり出来ていた。

さて、高麗駅では、予定通り特急列車の臨時停車の様子を観察するのだが、次の特急列車は、曼殊沙華シーズンに合わせて増発された臨時列車だった。臨時列車と言っても、高麗始発ではなく、西武秩父からの運転の為、列車名も「ちちぶ」。列車の正面・側面の表示も通常の池袋行き「ちちぶ」と全く同じなので、あとは、クラシック編成や先日お伝えした「キリンメッツコーラ」ラッピング編成等のネタ車に期待したいところなのだが、実は、両編成とも、飯能へ来る途中にすれ違っており、ごくごく普通のNRAによる運転である事は判明していた。あとは2番ホームの飯能方・西武秩父方のどちらで撮るかだが、ホームの上屋が無く、すっきりしている事から、西武秩父方で撮影する事に決めた。

Img_s6251s

高麗駅に停車中の臨時特急「ちちぶ96号」

NRAの正面に架線柱の影が写ってしまったのは残念ではあるが、ドアが開いている事、車掌さんがホーム上に立っている事等から、高麗駅に特急列車が停車していると言う事は、充分に解る状態で撮れたので、今回はこれで良かったと思う。

これで、この日の目的は全て終了。後は帰るだけとなった。高麗駅からの帰りも、来る時と同様、3001Fによる臨時列車でと言う事になり、3001Fの高麗駅進入シーンを撮って撮影終了とした。

Img_7d20982s

高麗駅1番ホームに進入する3001F。

「臨時」幕での入線を期待していたのだが、3000系は飯能方の先頭車に方向幕の指令機がある為、折り返しの飯能行き充当に備えて、担当の車掌さんが既に方向幕の設定をしていたようで、御覧のように「各停飯能」表示での入線となった。

|

« 西武新宿線 3009Fと3017Fの並びを撮影する | トップページ | 終焉迫る西武池袋線3003Fを撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/58254420

この記事へのトラックバック一覧です: 西武池袋線 曼殊沙華輸送を観察する:

« 西武新宿線 3009Fと3017Fの並びを撮影する | トップページ | 終焉迫る西武池袋線3003Fを撮影 »