« ブログ開設9周年 | トップページ | 西武新宿線 旧タイプの方向幕になったクハ2011を撮影する »

西武多摩湖線 夏休み親子体験イベントに伴う臨時列車を撮影

では、8月17日のお話です。

西武鉄道及びグループ各社は、以前より「こども応援プロジェクト」と称して、グループ各社の現場への職業体験プランを展開しているが、我が地元、西武多摩湖線でも、ワンマン電車を運転する係員が、電車の運転の舞台裏を紹介する親子体験イベント、「こうしてワンマン電車は走ります!」が、8月17日と18日の2日間、開催された。

親子体験イベントと言う事で、参加資格は、小学生のお子さんと保護者のペア。独身・子供なしの私には、当然、参加資格は無い。しかし、萩山駅に貼り出されていたイベントの告知ポスターを見ると、このイベントの参加者の為に、萩山~西武遊園地間に、臨時列車が運転されると言う。イベントには参加できないけど、臨時列車は撮影しておきたい。幸いにも、ツイッターのフォロワーさん親子が、このイベントに参加される事になり、途中経過を色々と呟いていただいていたので、臨時列車の撮影に出かける事にした。

当日、13時過ぎに自宅を出発。まずは萩山1号踏切へと向かう。参加者の皆さんは、萩山駅構内の留置線で、臨時列車に使用する車両を使って、出庫点検の体験をしている筈。まずは、その様子を撮影してみた。

Img_7d19796s

萩山駅留置線の4番線に入線した263F。ここでは、出庫点検の体験が行われている。

この日、イベントに使用されたのは、西武鉄道唯一の黄色い101系となってしまった263F。よく見ると、国分寺方の先頭車であるクモハ263には、このイベントに合わせてヘッドマークも掲出されている。おそらく、記念撮影用に用意されたもの。これには、参加者の皆さんも、喜ばれたのではないかと思う。

続いて、定期列車と263Fを絡めて撮る為、萩山駅構内に入場し、3番ホームから撮影してみる。

Img_7d19803s

西武遊園地からの萩山行きと、留置線4番線の263F。

ちょうど、この時間帯の多摩湖線は、国分寺~萩山間と萩山~西武遊園地間とで系統が分割されており、八坂方面から来る萩山行きと絡めて撮影してみた。

Img_7d19810s

玉川上水車両基地へ向かう259Fの回送とも絡めてみる。

夏休み中と言う事もあり、この日の多摩湖線は、不定期列車も運転されていたため、玉川上水車両基地への入庫回送も時刻が変更となり、6572列車として萩山に到着した車両が、そのまま折り返し玉川上水車両基地へと向かう。そこで、この回送列車と、留置線の4番線に入線している263Fとも絡めてみた。

この後、臨時列車の撮影に入る為、萩山13時55分発の西武遊園地行き6509列車に乗り込む事に。その際、車内から、クモハ263に掲出されているヘッドマークを撮ろうと、先頭車に陣取ったのだが、6509列車が萩山を発車した時点では、既にヘッドマークは外されていた。

さて、263Fの臨時を何処で撮るか。と言っても、この時点で駅間へ移動するのは不可能なので、八坂・武蔵大和・西武遊園地の3駅しか選択肢は無い。光線状態を考えると、西武遊園地の進入が一番なのだが、臨時列車自体が、途中駅に停車するかどうかも確認したかった事もあり、武蔵大和で撮影する事にした。

まずは、駅ホームの発車案内機を確認。

Img_7d19826s

ホームの発車案内機には「臨時」と表示されていた。

武蔵大和駅ホームの発車案内機。御覧のように「臨時」表示が出ている。「臨時」と言う表示からして、ドア開閉は無いにしても、停車する事が判明。おそらく、多摩湖線各駅は、列車が通過できないようになっているのだろう。

Img_7d19830s

武蔵大和駅に進入する263Fの臨時列車。

西武遊園地へ向かう263Fの臨時列車。よく見ると、運転席の後ろには、前面展望を楽しむ子供達の姿が・・・ここまで、電車の運転に関して、様々な事を学んできただけに、これまで以上に、運転士さんの動きにも注目していたのではないかと思う。

Img_7d19833s

武蔵大和駅を発車し、西武遊園地駅へと向かう263F。

263Fの臨時列車は、武蔵大和駅に10秒ほど停車した後、西武遊園地駅へ向けて発車して行った。

この後、武蔵大和駅の発車案内機を見ると、定期列車の表示のみ。263Fが暫く西武遊園地駅に停車している事が確定した為、後続の列車で西武遊園地駅へと移動する。263Fは、日中、あまり使われていない2番ホームに入線し、子供達の発車合図体験等に使用されていた。

Img_7d19838s

Img_7d19839s

子供達の合図により、運転士さんがドアを操作。

西武遊園地駅では、他にも駅の構内放送体験や、自動改札機・自動券売機の説明なども行われた模様。

Img_7d19843s

1番ホームに到着した定期列車と2番ホームに入線した263Fとの並びを撮影。

ここで、これまでイベントの動きを知らせしてくださったフォロワーさんに、ちょっとだけご挨拶。イベント参加者の皆さんは、この後、山口線レオライナーで一駅、遊園地西駅へ移動し、駅近くの掬水亭でのクイズ大会&修了式に参加する言うスケジュールの為、大役を果たした263Fは、ここで任務終了となる。私は、263Fの折り返しの回送を撮影するため、西武遊園地14時45分発の国分寺行き6050列車で八坂へと移動することにした。

263Fの回送列車は、この列車の10分後に運転される。まずは、武蔵大和駅と同じように、八坂駅ホームの発車案内機を撮影する事にした。

Img_7d19846s

八坂駅ホームの発車案内機。西武遊園地行きの後に「回送」と表示されている。

発車案内機2段目に、しっかりと「回送」表示がある。多摩湖線で、この時間帯に回送列車が運転される事は珍しいので、良い記録になった。

Img_7d19853s

八坂駅に進入する263Fの回送列車。

西武遊園地行き定期列車の後、263Fの上り回送列車が八坂駅に到着する。臨時列車と同様、この回送列車も、八坂駅に10秒ほど停車した後、萩山へ向けて出発して行った。263Fは、この後、萩山15時05分発の6450列車に充当された。

こうして、多摩湖線の夏休み親子体験イベント1日目は無事に終了した。翌日も、このイベントは開かれたが、私は別の予定があり、撮影には出かけなかったが、2日目の臨時列車を撮影した人の話によると、臨時列車には245Fが充当されたと言う。また、参加されたフォロワーさんのお話によると、子供向けとは思えないほど、なかなか濃い内容だったようで、当日参加された子供達にも、よい思い出になったのではないかと思う。来年も、このようなイベントが開催される事を期待します。

|

« ブログ開設9周年 | トップページ | 西武新宿線 旧タイプの方向幕になったクハ2011を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/58155965

この記事へのトラックバック一覧です: 西武多摩湖線 夏休み親子体験イベントに伴う臨時列車を撮影:

« ブログ開設9周年 | トップページ | 西武新宿線 旧タイプの方向幕になったクハ2011を撮影する »