« さよなら「春」編成 101系247F武蔵丘検修場へ入場 | トップページ | PEA塗装復活! 富士急電車まつり2013会場へ 前編 »

さよならL-train 3015Fが横瀬車両基地へ

今年度より、編成単位での廃車が始まった西武鉄道3000系。

横瀬車両基地で開催されたイベントに合わせて、ラストランが企画された3003Fに次いで、この度、L-trainの愛称で親しまれてきた3015Fが廃車となり、12月5日、横瀬車両基地へ帰らぬ旅に出てしまった。

横瀬車両基地へ廃車回送された車両は、到着後も、暫くはそのままの状態で留置されている事が多かったが、今年度の廃車第一弾となった3003Fは、早々に編成を解かれ、解体作業が始まってしまったとの事で、この3015Fも、到着後、早い段階で解体作業が始まってしまう可能性が高い。そこで、廃車回送から2日が経過した12月7日の午後、3015Fがどうなっているか、横瀬車両基地を訪ねてみた。

所沢13時52分発の特急「ちちぶ17号」で横瀬へ。およそ50分で横瀬に到着するが、横瀬到着の放送が入ると同時にデッキへ移動し、まずは車内から横瀬車両基地の様子を撮影する事に。すると・・・

Img_7d23452s

横瀬車両基地の解体線に入った3015Fの中間車4両。

先に廃車となった3003Fと同様に、3015Fも既に解体準備が始まっていて、中間車4両が解体線に入っていた。早速解体線に入ったのは、飯能方からモハ3315-モハ3316-モハ3115-モハ3116の4両である。

この後、横瀬駅の改札を出場し、公道から3015Fを撮影してみる。

Img_7d23454s

横瀬車両基地1番線に留置されていたモハ3215-モハ3216のユニット。

車両基地の1番線には、次に解体線に取り込まれるであろう、モハ3215とモハ3216の2両が停められていた。先頭車2両は、どうやら建屋の中に取り込まれたままのようで、何らかの用途に使う目的で保管されていると信じたい。

この後、更に進んで、解体線に入っている4両を見渡せる場所まで進んでみた。

Img_7d23472s

解体線にいる4両を公道上から撮影してみる。

ツイッター等の書き込みによると、3015Fは、廃車回送当日である12月5日の朝まで運用に就いていたとの事で、編成を解かれて解体線にいる姿を見ると、2日前まで現役バリバリだった事が信じられなくなってしまう。まあ、先に廃車になった3003Fも、イベント列車と言う名目ではあるが、最後にお客さんを乗せて横瀬まで運転されているから、これも3000系らしい引退劇なのかもしれない。

この撮影を以て、3015Fの撮影を終了。横瀬駅へと戻った。

さて、2010年7月から、L-trainとして運用されてきた3015Fだが、11月23日には、西武ドームで開催された埼玉西武ライオンズのファン感謝祭に合わせて、西武球場前駅で展示された。

Img_7d22716s

西武球場前駅で展示された3015F。(2013年11月23日撮影)

この日、3015Fは、準急列車で西武球場前駅まで運転された後、西武球場前駅で展示され、時間帯によっては、方向幕を動かして撮影タイムまで設けられていた。実質的に、この日が3015Fの引退イベントとなったと言っても過言ではないかもしれない。そして、15時10分頃、西武球場前駅を離れ、所沢経由で小手指車両基地まで回送されたのだが・・・

Img_7d22736s

所沢駅で3011Fと3015Fが並んだ。(2013年11月23日撮影)

3015Fが所沢駅6番線に到着した直後、5番ホームには3011Fによる各停西武球場前行きが到着し、一瞬ではあるが、3000系のネタ車同士の並びが実現した。

Img_7d22744s

小手指車両基地へ向かう3015F。(2013年11月23日撮影)

最後に、ちょっと懐かしい写真をご紹介します。

201312061610070001s

新宿線に転属してきた頃の3015F。

元々、池袋線の各停用として製造された3000系だが、1992年から1993年にかけて、池袋線への2000系投入により余剰となった3011F~3017Fまでの4編成が、701系の置き換え用として新宿線へ転属してきた。転属当初は、行先幕のみ、黒地に白文字のものに交換され、種別幕はそのままだった為、御覧のように、各停運用に就く時は、種別幕は白地に黒文字、行先幕は黒地に白文字と言うアンバランスな状態だった。

2006_04_02_0280005_1

満開の桜の横を駆け抜ける3015F。(2006年4月2日撮影)

黄色一色になったものの、この頃は、まだスカートが付けられていない。

Img_210500007_1

雪の日。たくましく急行運用に就く3015F。(2008年2月3日撮影)

Img_d4841_1s

東京富士大学のラッピングが施された3015F。(2009年1月25日撮影)

と言う訳で、一部再掲の画像もありますが、新宿線時代の3015Fの写真をご紹介させていただきました。3015F、長い間、お疲れさまでした。

|

« さよなら「春」編成 101系247F武蔵丘検修場へ入場 | トップページ | PEA塗装復活! 富士急電車まつり2013会場へ 前編 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/58716870

この記事へのトラックバック一覧です: さよならL-train 3015Fが横瀬車両基地へ:

« さよなら「春」編成 101系247F武蔵丘検修場へ入場 | トップページ | PEA塗装復活! 富士急電車まつり2013会場へ 前編 »