« 西武鉄道 2014年度鉄道事業設備投資計画を発表 | トップページ | さよなら「秋」編成 101系251F武蔵丘検修場へ入場 »

西武「ウーマノミクストレイン」運行開始

このところ、本業が多忙だったり、数年ぶりに虫歯に悩まされたりで、ブログの更新も大幅に遅延気味となってしまいました。まだまだ5月中の撮影記で記事に反映できていないものが多数あるのですが、5月最後の記事として、旬の話題を先に書いておきたいと思います。

西武鉄道では、埼玉県の三大プロジェクトの一つ、「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の趣旨に賛同し、ウーマノミクスプロジェクトのラッピングを施した「ウーマノミクストレイン」を西武池袋線で運転する事になった。ラッピング車は、20000系20151Fで、運行初日となる5月24日は、本川越発西武球場前行き臨時列車より運行を開始する事になった。

そこで、「ウーマノミクストレイン」の一番列車である、本川越発西武球場前行きを撮影する為、出かける事にした。まずは、本川越への送り込み列車を西所沢駅近くの西所沢1号踏切付近から撮影する事に。本川越発の時刻から推定して、西所沢は、午前10時頃の通過だろうと判断。線路沿いの道で待機していたのだが・・・

Img_7d27361s

小手指車両基地を出庫し、所沢経由で本川越へ向かう20151F「ウーマノミクストレイン」。

さあ、20151Fを撮影しようと構えたところ、背後より下り列車がやってきてしまった。もっと手前に近付いて来たところを撮影したかったのだが、被りを回避するために、強引に引きつけた為、これが精いっぱいだった。しかし、事前に公表されていたプレスリリースで、ヘッドマークが付く事は解っていたので、「ウーマノミクストレイン」一発目の撮影としては、最低限の条件をクリアできたかなと思う。

現在は池袋線で運用されている20151Fだが、新製配置は新宿線。臨時列車と言え、同編成にとっては、久々の新宿線走行と言う事で、ここは新宿線内でじっくりと押さえたいところ。尚且つ、ラッピング車であることを強調するには、ある程度、開けた場所で撮影する必要がある。そんな場所は・・・と考えて思いついた場所が、狭山市~新狭山間。だいぶ宅地開発が進んだとは言え、この辺りは、まだ線路沿いに畑もあり、開けた場所が存在する。先行列車で試してみるが、まずまずの感じ。万全の態勢で本番に備えたが・・・

Img_7d27371s

久し振りに新宿線を走る20151F。

タイミング良く、線路沿いの道路を1台の車が通過。そして、撮影した画像を良く見てみると、1羽の鳥が飛んでいる。車と鳥、まあ、これは仕方ないか。同編成の側面に施された、ウーマノミクスプロジェクトのイメージキャラクター、「アタックNO1」の主人公、鮎原こずえのラッピングに関しては、狙い通りに撮る事が出来た。

ちなみに、この臨時列車の担当乗務員は、新宿線・池袋線共に、女性の運転士・車掌が担当したそうで、この辺りも、「ウーマノミクストレイン」の趣旨を意識した起用と言える。

こうして走り始めた「ウーマノミクストレイン」。西武鉄道では、11月下旬までの約半年間、運転すると発表している。また、同様のラッピング車両は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)でも、東京メトロ日比谷線直通の20000系車両1編成に施しているとの事。東武鉄道では、スカイツリーラインと日比谷線の直通列車を、現在の18メートル級車両8両編成から、20メートル級車両7両編成へ置き換える事も発表しており、置き換えが始まる前の記録の一環として、スカイツリーラインも撮影してみようかなと考えている。その時に、東武版の「ウーマノミクストレイン」と上手く出会えると良いのだが・・・

|

« 西武鉄道 2014年度鉄道事業設備投資計画を発表 | トップページ | さよなら「秋」編成 101系251F武蔵丘検修場へ入場 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/59738575

この記事へのトラックバック一覧です: 西武「ウーマノミクストレイン」運行開始:

« 西武鉄道 2014年度鉄道事業設備投資計画を発表 | トップページ | さよなら「秋」編成 101系251F武蔵丘検修場へ入場 »