« 西武・電車フェスタ2014in武蔵丘検修場 後編 | トップページ | 2015年秋 山手線に新型車両投入 »

西武拝島線 2451F+2537Fの玉川上水行きに乗車する

6月27日のお話です。

この日、午前中は地元でお仕事。西荻窪の事務所へ向かう際に、鷹の台の取引先に立ち寄るため、萩山駅より拝島線の列車で、まずは小川へ向かう。その際に乗車した玉川上水行きが、小平方から2451F+2537Fという組み合わせだった。

2451Fは、新宿線に所属する新2000系唯一の2両編成。更に、2両編成の新2000系では唯一、正面の貫通扉の窓が小さいタイプと言う、ある意味レアな編成。仕事の合間と言う事で、コンデジしか持っていないが、小川駅で下車した後、走り去る同編成を撮影してみた。

Resize0108

小川駅を発車し、玉川上水へと向かう2451F+2537F。

2013年3月16日のダイヤ改正以後、日中の拝島線は、西武新宿~拝島間の急行が1時間当たり3本。小平~拝島間の各停が1時間当たり1本。小平~玉川上水間の各停が1時間に2本と言う組み合わせになっており、この内、小平~玉川上水間の折り返し便には、6両編成が充当されているようだが、平日ダイヤでは、この運用に2000系2+4が運用に入ることがあるようで、私も時折、このような組み合わせの列車を見たことがあったが、この運用に2451Fが入ったのを見たのは、おそらく、この日が初めて。2+4と言う組み合わせでありながら、6両編成全てが新2000系。更には前パンと言う事で、思わずカメラを向けてしまった。

|

« 西武・電車フェスタ2014in武蔵丘検修場 後編 | トップページ | 2015年秋 山手線に新型車両投入 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/59905432

この記事へのトラックバック一覧です: 西武拝島線 2451F+2537Fの玉川上水行きに乗車する:

« 西武・電車フェスタ2014in武蔵丘検修場 後編 | トップページ | 2015年秋 山手線に新型車両投入 »