« 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F | トップページ | 臨時快速「懐かしの115系湘南色号」運転 »

臨時快速「懐かしの115系横須賀色号」運転

7月20日のお話です。

JR東日本長野支社は、夏休みのイベント列車として、7月19日から21日の三連休期間中に、長野支社管内の普通列車で運用されている115系のうち、国鉄時代の横須賀色(スカ色)と湘南色に復元した車両を使用した、臨時快速列車「懐かしの115系横須賀色号」と「懐かしの115系湘南色号」を運転した。

このうち、今回は7月19日と20日に運転された臨時快速「懐かしの115系横須賀色号」のお話となりますが、今回は、この列車の話題の前に、この列車に使用される車両のお話から。

115系の横須賀色(スカ色)車両と言って、真っ先に思いつくのは、中央東線の普通列車に運用されている豊田車両センターの115系電車。3両編成単位で動けると言う機動性を生かして、立川~小淵沢間を中心に運用されているが、今回、この列車に使用されるのは、長野総合車両センター所属の115系C1編成。これまで、長野色を纏い、中央東線立川~松本間を中心に運用されていたが、今年3月、突如、スカ色に塗装変更された上で出場。塗装変更前と同様、立川までの乗り入れも行われている。

10168227_629104643836868_6021759278

「懐かしの115系横須賀色号」に使用される、長野総合車両センター所属115系C1編成。(2014年4月19日撮影)

実は、スカ色に塗装変更されたC1編成を、4月19日の午後、上野原で撮影していた。立川~小淵沢間では、同じくスカ色の豊田車両センター所属車も走行するため、スカ色の115系自体、特に珍しさはない。しかし、御覧のように、先頭車の側面にJRマークが貼られていない事、更にクハ115の1100番台車初のスカ色車両誕生と言う事で、ある意味、注目編成の誕生となった。

このC1編成に、かつて、荷物・郵便輸送で活躍したクモユニ143が連結される。クモユニ143は、身延線の荷物・郵便輸送用車両として、1981年にデビュー。しかし、身延線での活躍期間は短く、同線の荷物・郵便輸送廃止後は、新潟地区、更には房総地区へ職場を移したが、1996年、房総地区での新聞輸送を113系へ置き換えた事により、本業とも言える荷物輸送からは撤退し、以降、長野総合車両センターの職員輸送や入替に使用されている。

今回、クモユニ143を連結する事により、国鉄時代、全国各地で見られた荷物車+旅客車と言う普通列車の姿を再現することが、この列車の最大の特徴。クモユニ143にとっては、久々の本線走行であり、もしかしたら、最後の晴れ姿となってしまうかもしれない。これは行くしかない。早速計画を立てるが、前の記事でおわかりの通り、運転初日となる7月19日は、西武鉄道で、京急カラーの9000系や20000系のラッピング車両が走り始めること、更に「懐かしの115系湘南色」が7月21日のみの運転と言う事もあり、7月20日から21日までの1泊2日での遠征と言う事になった。

7月20日、「懐かしの115系横須賀色号」が運転される大糸線へと向かう。

当初は、「スーパーあずさ1号」で松本入りした後、信州ワンデーパスを購入。「懐かしの115系横須賀色号」に先行する普通列車に乗り込み、適当に撮影できそうな場所を見つけて撮影と言う計画だった。しかし、「スーパーあずさ1号」が満席。振り子式車両だけに、自由席で立って行くのは得策ではないと判断。空席があった南小谷行き「あずさ3号」を利用する事になった。しかし、この「あずさ3号」の後続の列車が、「懐かしの115系横須賀色号」となってしまうため、先行して下車できる駅は、豊科・穂高・信濃大町・白馬・南小谷に限られてしまう。そして、奥まで入ると、「信州ワンデーパス」に買い替える効果が薄くなってしまう事から、松本に近い駅で降りる必要がある。そこで、インターネットで大糸線の写真を検索すると、豊科駅から柏矢町駅方向に向かったところに、撮影できそうな場所がある事を見つける。実際に地図で確認してみても、その辺りは水田地帯であり、線路の周りに障害物がなさそう。「あずさ3号」を豊科で降りる事にした。

10時39分、豊科に到着。「あずさ3号」から下車したのは、私を入れて僅か2名だった。改札を出場し、スマートフォンの地図を頼りに、柏矢町駅方向へ向けて歩き始める。10分少々歩くと、狙い通り、水田が広がる地域に到達する事が出来た。しかし、ここで誤算が・・・ 昔の画像と比較すると建物が増えていた。今更、撮影地を変えるわけにもいかず、どうにか撮れそうな場所を見つけて「懐かしの115系横須賀色号」を待つ事に。

撮影地到着からおよそ10分後の事。クモユニ143+115系C1編成による「懐かしの115系横須賀色号」がやって来た。

Simg_7d28413

クモユニ143を先頭に大糸線を行く「懐かしの115系横須賀色号」

豊科駅を発車し、南小谷へ向かう臨時快速「懐かしの115系横須賀色号」。踏切警報機と、その付近で撮影されている方が入ってしまうが、背後の建物の関係もあり、まずは、こんな感じに撮影してみた。

Simg_7d28427

近付いてきたところでもう一度・・・

更に、手前に引きつけて、もう一度撮影してみたものの、結果は御覧のとおり。まあ、自分自身の事前の下調べの不足が生んだ結果だけに、現実を真摯に受け止めるしかない。

この後、豊科駅へと戻り、下り列車で先を目指すのだが、歩いて豊科駅へ向かっても、後続の列車に乗れそうになかったため、1枚目の画像で移っている踏切へ移動し、大糸線の普通列車を、上り・下り1本ずつ撮影する事にした。

Simg_7d28441

115系による松本行き普通列車。

211系の投入により、大糸線ではすっかり少数派になってしまった115系。大糸線では、松本~信濃大町間の運用が主体となってしまい、信濃大町~南小谷間には、定期列車としては入線しなくなってしまったらしい。

たらればになってしまうが、かつて、中央東線の115系に併結されていたクモニ83、クモユニ82、更には大糸線の旧型国電に併結されていたクモユニ81は、全て東京寄りに連結されていた。今回も東京寄りに連結していれば、ここで後追い1本に絞れたなあと思ってしまった。

まあ、ここはクモユニに拘らず、115系の後追いに絞ればよかったのだが・・・

Simg_7d28447

E127系による信濃大町行き普通列車。

大糸線の主力車両として活躍中のE127系。最近では、篠ノ井線にも進出。大糸線に続き、篠ノ井線でもワンマン運転を実施している。

この後、豊科駅で信州ワンデーパスを購入し、まずは信濃大町へ。先程撮影した115系が折り返してきた。途中からボックスシートも空いたため、そちらへ移動し、大糸線の車窓を楽しみながら信濃大町へ。ここで30分ほど時間があるため、駅構内の立ち食い蕎麦屋で昼食。信州はそば処。駅の立ち食い蕎麦屋でも、生麺を使用したメニューがあり、ここは迷わず生麺使用のメニューを選ぶ。

そして信濃大町からは、臨時の「あずさ」で白馬へ。「懐かしの115系横須賀色号」は、南小谷到着後、回送列車として白馬まで1往復する事になっており、この特急列車で白馬へ向かえば、再び南小谷へ回送される前に、クモユニ143+115系を撮影する事が可能。クモユニ143は、滅多に撮影できない為、ここはしっかり撮影したいと思い、白馬まで足を伸ばすことにした。白馬駅には、2番線に到着。クモユニ143+115系は1番線に停車していた。このままではE257系に隠れて撮影できないが、どうやらE257系は回送列車として先に出発する模様。そこで、2番線で待機する事に。

14時14分、E257系の回送列車が松本方面へ向けて出発。2番線が空いた事で、目の前には、クモユニ143+115系が現れた。早速撮影を開始する。

Simg_7d28455

白馬駅1番線に停車中のクモユニ143+115系C1編成。

まずは編成全体が入るように撮影してみる。こうして眺めてみると、前パンで編成を組まれているため、かつての房総半島のローカル列車のように見えてしまうが、間違えなく、ここは大糸線の白馬駅である。

Simg_7d28462

続いてクモユニ143のみを撮影してみる。

編成写真に続いて、今度はクモユニ143を中心に色々と撮影してみた。この日、115系C1編成と連結し、本線を走行したのは、トップナンバーのクモユニ143-1。4両作られたクモユニ143だが、今現在、残っているのは1と3の2両のみらしい。

Simg_7d28467

そして発車間際になり方向幕が「臨時」に変わった。

発車間際になり、ヘッドライトが点いたので、もう一度撮影してみる。すると、今度はクモユニの方向幕が「臨時」に変わった。こういうサービスは有り難い。

こうして、クモユニ143+115系C1編成の回送列車は、白馬駅を発車し、南小谷へと向かっていった。そして、私は、再び上り特急「あずさ」に乗り込み、信濃大町へ。更に、信濃大町から始発の普通列車に乗り換えて、大糸線屈指の有名撮影地である安曇沓掛へ向かった。

安曇沓掛。有名撮影地だけあり、流石に人が多かった。とりあえず、線路に沿って信濃常盤駅方向へ向かうが、まず安曇沓掛駅に近い場所は、雑草がかなり生えているためスルー。そして、カーブを曲がったあたりが、一番人が多く、ここもスルー。ようやくたどり着いたのは、両駅間のほぼ中間に位置する踏切付近。ここは後追い1本に絞られてしまうが、公道上からの撮影が可能。しかも歩道が広く、車の通行の妨げにもならない事から、ここで撮影する事にした。たまたま通りかかった地元の方達と雑談しながら待つ事に。

雲行きが怪しくなってきた16時23分頃、「懐かしの115系横須賀色号」がやって来た。

Simg_7d28496

115系を先頭に松本へ向かう「懐かしの115系横須賀色号」

後追い1本に絞ろうと思っていたため、直前まで、こちら側から撮影しようかどうか悩んだが、115系にはヘッドマークが掲出されている事もあり、記録の意味で、こちらも撮影してみた。正面の方向幕は「快速松本」と掲出されており、一応記録した意味はあったと思う。

Simg_7d28502

後追い。やっぱりクモユニ143は良い。

そして、本命の後追い。今度は背景に建物が入る事もなく、良い感じに撮る事が出来た。

この撮影を以て、「懐かしの115系横須賀色号」の撮影を終了とした。あとは、今夜のお宿に向かうだけ。たまたま、安曇沓掛の撮影地でご一緒した方が、西武新宿線沿線の方と知り、意気投合。途中までご一緒する事にした。

Simg_7d28507

長野地区の新しい主役になりつつある211系3000番台車による松本行き普通列車。

のんびりと安曇沓掛駅へ向けて歩いている途中に、211系3000番台車による松本行き普通列車がやって来た。長野地区の211系は、3月のダイヤ改正で、運用範囲が更に拡大され、今や長野地区の新しい主役と言っても過言ではないと思う。御覧頂いている車両は、先頭のクモハ211に霜取りパンタの脚が残っている事から、幕張車両センターからの転属車である事が解る。

こうして、上り列車1本を見送った事により、安曇沓掛から乗車した列車には、鉄道ファンの姿は少なかったものの、登山客が多く、松本まで立ちっぱなしだった。とは言え、3両編成の211系3000番台車だったので、E127系の2両編成とは異なり、立つスペースにも余裕があり不快感はなかった。

安曇沓掛でお会いした西武沿線の方とは、松本で別れ、私は晩飯を食べた後、松本20時10分発の快速長野行きで、この日のお宿がある長野へと向かった。この快速列車、新宿を17時00分に発車する「あずさ25号」に充当された車両が、そのまま快速長野行きとなるため、普通乗車券のみでE257系に乗車できる乗り得列車。快適な特急形車両での運転と言う事で、缶ビールを購入し、車内でくつろぐ事にした。途中、姨捨付近の夜景を見ようと思っていたが、朝から良く歩いた事もあり、ビールを飲み終わると、すぐに眠ってしまい、気が付いたら篠ノ井だった。長野駅到着後、すぐにホテルに直行。長い1日が終了した。

|

« 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F | トップページ | 臨時快速「懐かしの115系湘南色号」運転 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/60065509

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時快速「懐かしの115系横須賀色号」運転:

« 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F | トップページ | 臨時快速「懐かしの115系湘南色号」運転 »