« 西武新宿から西武秩父まで直通運転! 特急「おくちちぶ」2日間だけの復活 | トップページ | 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F »

西武 「幸運の赤い電車」運行開始

西武鉄道は、7月19日より、「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」の運行を開始した。

これは、現在、京急電鉄で運行中の「しあわせの黄色い電車(KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)」が、西武鉄道の車両によく似ていると言う声が、数多く寄せられた事により、京急電鉄から共に多くの方に幸せを運ぶコラボレーションをしたいと言うラブコールを受け、コラボレーション企画が実現することになった。

今回、西武鉄道側で、京急カラーになったのは、西武池袋線で運行中の9000系9103F。初日となる7月19日は、池袋駅で出発式が行われた後、デビュー記念の臨時特別列車を西武球場前まで運転。西武球場前駅到着後は、黄色い電車と並べた車両展示会が開かれることになった。

そこで、前の記事で触れた「おくちちぶ」を撮影後、この9103Fの撮影に出かけることになった。まずは、池袋への送り込みから撮影することに。当初は、所沢陸橋付近へ向かうつもりだった。しかし、Twitterを見ていると、フォロワーさん達は、既に各撮影地に待機済みという状況で、いつ来るかわからない事もあり、結局は、所沢駅にほど近い、秋津5号踏切で待機することに。しかし、9103Fは、なかなか現れない。これなら、所沢陸橋付近までたどり着けた筈だな。そんな事を考え始めた10時37分ごろの事。9103Fの回送列車がやって来た。

Simg_7d28259

デビュー記念の出発式が行われる池袋へ向けて回送される「幸運の赤い電車」9103F。

所沢駅に近い秋津5号踏切。御覧のように、踏切からは所沢駅がよく見える。本来ならば、10両編成でも編成全体が入る場所だが、4番ホームには、各停飯能行き5109列車に充当中の黄色い2000系電車が停車しており、最後部車両が入らない状況となってしまった。まあ、共に幸運の電車のカラーと言う事で良しとしよう。

ちなみに、この踏切では、ちょうど1台の車が踏切待ちをしていたのだが、突然現れた赤い電車に、ドライバーさんは、とても驚いた様子だった。

この後、池袋から折り返して西武球場前へ向かう9103Fを、秋津4号踏切付近で撮影することに。有名撮影ポイントだけに、この付近も、赤い9103Fを撮影しようとする多くのファンが待機していた。最終的には、20人近くは集まっていたと思う。現地で待つ事、およそ1時間。11時57分頃、9103Fの特別列車がやって来たが・・・

Simg_7d28303

西武球場前へ向かう9103Fの臨時列車。

この時、背後からは各停新木場行き6520列車が迫っており、私より後方で待機していた方達は、殆どが被られてしまい撮影出来なかったのではないかと思う。そんな私も、本当にギリギリ撮れたという感じで、本来は、もう少し手前に引き付けたかったのだが、これが限界だった。

この後、暫くこの場に留まって別ネタを撮影した後、所沢駅構内の狭山そばで昼食を摂ってから、9103Fの車両展示会が開催されている西武球場前駅へ。9103Fは、4番ホームに停車しており、先に定期列車に充当した上で、西武球場前駅へ到着していた9105Fと並ぶ形で展示されていた。

Simg_7d28338

西武球場前駅で赤と黄色が並ぶ。

9103Fと9105Fの並びの撮影は、人数を区切って行われたが、撮影タイムは2分間と言う事で、少々慌しい撮影となったが、何とか撮影する事が出来た。

この後、西武球場前駅でお会いした皆さんと、暫くの間、情報交換を兼ねて雑談をしていると、池袋線の3000系が2編成とも、西武球場前へ向かっていると解り、お隣の下山口駅へ移動。3000系を撮影しながら、西武球場前駅で展示された9000系2編成の動きも観察することに。

Simg_7d28358

下山口駅を通過する9105Fの回送。

まず先に上がって来たのは9105F。下山口を通過したのは15時58分頃のことであった。この頃から、少しずつ雨が降り出して来た事もあり、ホームの屋根のあるところで様子を見ながら待機する。

Simg_7d28366_2

下山口駅を通過する9103Fの回送。

9105Fの通過からおよそ30分後。今度は9103Fの回送列車が下山口を通過した。通過した時刻から推定すると、どうやら、このまま所沢まで回送し、所沢を16時45分に出発する所沢始発西武球場前行きに充当される可能性が高くなった。

Simg_7d28372

3009Fの西武球場前行きと、3011Fの準急池袋行きの並び。

そして9103F回送の通過からおよそ8分後。3009Fと3011Fが下山口駅で並んだ。3000系も今年度中の引退が確定しているだけに、見かけた時は、しっかりと記録しておきたい。

更に15分後の事。やはり、赤い電車が戻って来た。

Simg_7d28376

所沢始発西武球場前行きとして、再び狭山線に戻って来た9103F。

イベント終了後、早速定期列車に充当された9103F。この所沢始発西武球場前行きが、9103Fの塗装変更後、初の定期列車充当となった。下山口では、御覧のように3009Fと並んだ。

この後、停車中の3009Fに乗り込み、西所沢へ移動。西武球場前から折り返してくる9103Fを撮影することにしたのだが・・・

Simg_7d28383

準急池袋行きに充当された9103F。

雲行きがかなり怪しかったので、覚悟はしていたが、西所沢は、9103Fの到着前に激しい雷雨に見舞われてしまい、傘を片手に撮影することになってしまった。その後、この雷雨はしばらく続き・・・

Simg_7d28404

急行飯能行きとして折り返してきた9103F。

18時18分、2161列車として9103Fが折り返してきたが、この時も雨は降り続いてた。今の時期、まだまだ撮影できる時間帯ではあるが、この天気では、御覧の通りの状態。でも、雨の中を走る赤い9103Fは、赤がとても映えて、見慣れた黄色の9000系とは違った魅力を感じた。

京急とのコラボレーション企画として走り始めた赤い電車。実際の京急の赤とは、やや違うようではあるが、9103Fだけを見る分には、京急の電車のイメージは充分に伝わってきた。この電車を撮影した事で、今度はまだ見ぬ京急の黄色い電車を撮影したくなった。涼しくなったら、京急沿線にも出かけてみようかな。

|

« 西武新宿から西武秩父まで直通運転! 特急「おくちちぶ」2日間だけの復活 | トップページ | 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/60034017

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 「幸運の赤い電車」運行開始:

« 西武新宿から西武秩父まで直通運転! 特急「おくちちぶ」2日間だけの復活 | トップページ | 「2014夏休み『妖怪ウォッチ』西武線スタンプラリー」のラッピング電車になった20152F »