« 西武池袋線 曼殊沙華輸送を観察する | トップページ | 秋分の日 米タンを撮る »

さよなら3005F 横瀬車両基地へ

では、半月以上前の話になりますが、9月20日のお話の続きです。

今年度も前年度に続き廃車が発生している3000系。まだ今年度の30000系増備車は入線していないが、9月19日には、国分寺線で活躍していた6両編成の3005Fが、横瀬車両基地へ帰らぬ旅に出てしまった。以前と異なり、廃車回送されると、すぐに解体作業の準備に入る傾向にある事から、廃車回送から1日しか経過していなかったが、この日の夕方、横瀬へと向かった。

曼朱沙華輸送の観察を終えた後、飯能から4000系の西武秩父行き各停に乗り込む。しかし、何やら様子が変。なんと車両不具合が発生し、列車自体が運休となってしまった。日没までの時間を考慮すると、少しでも早く、横瀬に辿り着きたい。結局、後続の特急「ちちぶ21号」で横瀬に向かう事にした。

16時44分、横瀬に到着。お目当ての3005Fは、既に3017Fの解体に使用した、暫定的な解体線に取り込まれていた。列車内からは近すぎて上手く撮れなかったため、公道を進み、車両基地全体を見渡せる場所へ移動。撮影を開始した。

Simg_7d29720

横瀬車両基地へ回送された3005F。

解体線に入った3005F。よく見ると、飯能方3両(クハ3005-モハ3105-モハ3106)のクーラーは外されていた。

Simg_7d29710

クハ3015を絡めて撮影してみる。

9月5日頃に解体線に取り込まれたクハ3015は、この時点で、まだ解体されていない状態で、広い構内に取り残されたような状態だった。ただ、よく見ると、9月6日に見た時とは、微妙に場所が変わっており、解体に向けた調整が行われいたのかもしれない。

Simg_7d29724

構内に置かれているE854と絡めて・・・

そして、最後は、建屋の解体作業により、構内に出されたE854と絡めて、3005Fの撮影を終了とした。

さて、6連化され、国分寺線で活躍していた3005F。地元、東村山市を中心に運用していた事もあり、この編成も良く撮影をしていました。3005Fの惜別企画としまして、今年8月から9月にかけて撮影した3005Fの画像をご紹介したいと思います。

Simg_7d29305

南入曽車両基地電車夏まつりで、制服撮影会用に展示された3005F。(2014年8月23日撮影)

8月23日に開催された南入曽車両基地電車夏まつりでは、子供向けの制服撮影会用として、NRAと並んで3005Fが展示されていた。普段は、各停運用しか入らない3005F。この日は、「急行 本川越」の幕を掲出した状態で展示され、最後の晴れ姿といった感じだった。

Simg_7d29487

国分寺発本川越行きに充当され、所沢駅に進入する3005F。(2014年9月6日撮影)

弊ブログ10周年の記念すべき日、3005Fは、いつも通り運用に就き、本川越にも顔を出した。

Simg_7d29538

盟友、3007Fと恋ヶ窪駅で並ぶ。(2014年9月14日撮影)

3005Fに続き、6連化された3007F。国分寺線専用となった3000系は、この2編成。支線の運用が中心と言う事もあり、最後まで残る3000系は、この2本と思っていたが、検査期限切れで、3005Fが一足早く引退となった。

Simg_7d29552

3005Fの編成中1か所に設置されたハート形のつり革。(2014年9月14日撮影)

西武鉄道が展開する「西武鉄道 恋まちプロジェクトの一環として、「恋」の文字が入る恋ヶ窪駅を通る3005Fの編成中1か所に、「幸せをつかむハートリング(QRコードつきハートの形のつり革)」が設置されていた。このつり革は、およそ40日周期(あくまでも個人的観察によるもので実際は異なる可能性あり)で、クハ3005と3006の運転台背後の座席付近に設置されていたが、このつり革も、3005Fの引退に伴い3007Fへ移植された。しかし、3007Fも置き換え対象となっているだけに、こちらも長くは続かないものと思われる。

Simg_7d29586

一路、国分寺へ向かう3005F。(2014年9月14日撮影)

ここから先は、再掲となりますが、ちょっと懐かしい画像を・・・

Img_d5415s_3

近江鉄道へ向かう101系譲渡車とE31と並ぶ3005F。(2009年3月8日撮影)

6連化されるまでは、池袋線系統で活躍していた3005F。この日は、近江鉄道へ向かう101系譲渡車と所沢駅で並んだ。この頃は、甲種輸送もE31が担当していた。

Img_d11229_1s

高麗の曼朱沙華輸送に充当された3005F。(2009年9月12日撮影)

まだ101系・301系が現役だった頃、高麗の曼朱沙華輸送にも、そろそろ3000系が入り始めた頃で、この日も高麗臨に3000系が入ったと、やや興奮気味に撮影していたように記憶している。

Img_d207211120_1s

「いぬでん」で萩山にもやって来た3005F。(2010年11月20日撮影)

2010年11月に西武園遊園地で開催されたイベント、「ワンちゃんが主役の2日間」の一環として、3005Fを使用した「いぬでん」が西武新宿~西武遊園地間に運転され、6連化された間もない3005Fが充当された。

廃車回送から間もなく1カ月が経過。3005Fの解体作業は、順調に進み、搬出は終了したようである。3005F、長い間、お疲れ様でした。

Simg_7d29559_2

バイバイ、3005F!(2014年9月14日撮影)

|

« 西武池袋線 曼殊沙華輸送を観察する | トップページ | 秋分の日 米タンを撮る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、まずはお誕生日おめでとうございます。

西武の3005Fの話題ということで飛んできました(^-^;

小生も9月14日の13:50~14:40まで恋ヶ窪駅の北側跨線橋及び南側の踏切から並びを撮っていました。

その後、9月16日の会社の帰りに国分寺発19:07の3306号車が最後の乗車となりました。

ハート型のつり革の行く末が気になっていましたが、3007Fに移ったとのことで安心しました。

引き続き懐かしい画像を楽しませてくださいね。

投稿: タコ安 | 2014/10/13 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/60471922

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら3005F 横瀬車両基地へ:

« 西武池袋線 曼殊沙華輸送を観察する | トップページ | 秋分の日 米タンを撮る »