« 近江鉄道 貸切列車「もぎりん3号」に乗車する その1 | トップページ | 古い鉄道写真9 「トワイライトエクスプレス」宮原駅停車! »

近江鉄道 貸切列車「もぎりん3号」に乗車する その2

日野駅に到着した「もぎりん3号」。ここで、私は、走行シーンを撮影する為に、いったん離脱するが、「もぎりん3号」自体は、ここで17分間停車する。そこで、まずは、構内踏切より、停車中の「もぎりん3号」を撮影する事にした。

Simg_7d33786

日野駅に到着した「もぎrん3号」。同駅の構内踏切より撮影してみる。

相対式ホームの間に中線を挟んだ2面3線の日野駅。撮影しやすい構造であるとともに、駅のムードも良い感じなので、今回も、まずは構内踏切で撮影することにした。

この後、私は改札を出場し、駅の外へ。既に発車まで15分を切っている為、行ける場所には限りがある。無理なく行ける場所と言う事で、日野駅を出てすぐのところにある踏切から撮影する事にした。この場所に着いた時は、私一人だったが、あとから車で来た方が一人いらっしゃって、一緒に撮影する事に。

Simg_7d33793

日野駅を発車。貴生川へ向かう「もぎりん3号」

この後、この場所に車でやって来た方から、「良かったらご一緒に」と誘われた。聞けば、この方は、「もぎりん号」には乗車せず、撮影会のみ参加されるのだとか。もぎり屋さんのサイトに寄せられた写真によると、この方は、近江大好きさん。お言葉に甘えて、近江大好きさんの車に乗せていただき、日野~水口松尾間の撮影地へ向かう事に。車で向かった場所は、近くにため池のあるポイント。ここで、貴生川から折り返してくる「もぎりん3号」を待つ事に。

現地到着から、およそ15分後の事。水口駅で「もぎりん3号」と交換する、貴生川行きがやって来た。

Simg_7d33808

貴生川へと向かう820形821F。

貴生川行きとしてやってきたのは、桜川駅で「もぎりん3号」との並びを撮影した、820形821F。西武時代の面影を色濃く残す編成を、順光で撮れた事は嬉しかった。

そして、821F通過から、およそ10分後。貴生川から「もぎりん3号」が戻って来た。

Simg_7d33819

モハ225を先頭に、彦根へ向かう「もぎりん3号」

上り列車は、逆光になってしまうが、それでも側面は陽が当ってくれたので、ラッピングを強調する事が出来た。

Simg_7d33822

後追いは順光!

そして、急いで後追いも撮影。列車がゆっくり走ってくれているおかげで、後追いも、無事に撮影する事が出来た。

この後、近江大好きさんの車で、再び日野駅へ。「もぎりん3号」の停車時間中に、日野駅に戻る事が出来た。近江大好きさん、当日は、大変お世話になりました。ありがとうございました。

Simg_7d33825

日野駅に停車中の「もぎりん3号」

こうして、無事に日野駅に戻って来た私。日野駅2番線に停車中の「もぎりん3号」を撮影した後、車内へと戻った。

日野駅からは、座敷ではなく、今度は座席に座って移動する事に。往きの車内では味わえなかった車窓も、椅子に座れば、普通に楽しむ事が出来る。吊り掛けモーター音を楽しみながら、暫くの間、車窓を楽しみながら、おにぎりを食べる事に。「もぎりん3号」、上りの彦根行きは、各駅停車での運転。先程とは異なり、各駅に停車して行くが、扉は一部の駅を除いて開かない。日野から先は、桜川・八日市・尼子・高宮のみ扉が開く。このうち、桜川と八日市は5分以内だった事もあり、ホームには降りなかった。

日野駅を出てから、およそ45分。19分間停車する豊郷駅に到着。ここでホームに降りて撮影する事にした。

Simg_7d33831

豊郷駅に停車中の「もぎりん3号」

豊郷駅は、下りホームからの後追いが、見事に順光だった。最初は、停止位置の関係から、モハ226の正面に、架線柱の影が入ってしまっていたのだが、運転士さんのご厚意により、停止位置を若干ずらし、影が回避された。運転士さん、ありがとうございます。

Simg_x0423

モハ225側も撮影。

下りホームを歩いて、米原方先端から、モハ225側も撮影してみた。そして、撮影後、モハ226の車内に戻ろうと、ホームを歩いていたら、モハ226の方向幕が回転している事に気づき、再び撮影。

Simg_7d33840

方向幕が「彦根」に変わった。

19分間停車の撮影タイムと言う事で、運転士さんがご厚意で幕を回してくれたようだ。ありがとうございます。幕は、発車前に「臨時」に戻された。

豊郷を出ると、続いて尼子に停車。ここでは、定期列車の高宮行きを先に通すことに。そこで、この駅でもホームに降りて、追い越しシーンを撮る事にしたのだが・・・

Simg_7d33842

尼子駅で高宮行きに道を譲る「もぎりん3号」

尼子駅で「もぎりん3号」を追い越して行った高宮行きは、滋賀県警のラッピング車、820形822Fだった。820形は、2編成のみの存在なので、この日は2編成とも運用に就き、2編成とも撮影できたことになる。

そして、続いて高宮に停車。ここ高宮では、構内踏切を通って3番線、そして、その脇の踏切へ。

Simg_7d33849

多賀大社前行き100形102Fと元西武3007F。

昨年12月に西武鉄道を引退した後、近江鉄道へと旅立った3000系3007Fが、ここ高宮に疎開していた。まずは、多賀大社前行きの102Fとの並びを撮影。

Simg_7d33852

多賀大社前行きが出た後、3007Fのみを撮影する。

3007Fは、盗難防止のためか、方向幕は全て抜かれた状態で留置されていたが、こうして編成単位で停められている姿を見ると、ここが近江鉄道の駅ではなく、西武鉄道のどこかの駅と勘違いしてしまいそうだ。彦根の車庫内には、まだ手が付けられていない301系がいる状態なので、3000系は、ここ高宮で、1年以上を過ごす事になるのではないかと言う気がする。

Simg_7d33858

高宮駅に停車中の「もぎりん3号」

3007F撮影後は、2番線から1番線に停車中の「もぎりん3号」を撮影してから車内へ。そして、高宮駅を出発すると、およそ10分で終点、彦根に到着。楽しかった貸切列車の旅は、これにて終了となるが、お楽しみは、まだまだこれから。彦根到着後は、撮影会に突入。どんな内容の撮影会になるのか。ホーム上から、車両の入替を眺めて、撮影会開始を待つ事にした。

その3へと続く。

|

« 近江鉄道 貸切列車「もぎりん3号」に乗車する その1 | トップページ | 古い鉄道写真9 「トワイライトエクスプレス」宮原駅停車! »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:近江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/61252315

この記事へのトラックバック一覧です: 近江鉄道 貸切列車「もぎりん3号」に乗車する その2:

« 近江鉄道 貸切列車「もぎりん3号」に乗車する その1 | トップページ | 古い鉄道写真9 「トワイライトエクスプレス」宮原駅停車! »