« 西武池袋線開業100周年記念号を撮影する | トップページ | 西武池袋線開業100周年記念 黄色い6000系運行開始 »

臨時特急「おくちちぶ91号」と「ヤマノススメ2号」を撮影する

4月19日のお話。

秩父羊山公園の芝桜のシーズンに突入し、西武鉄道は、4月18日より、西武秩父行き臨時列車の増発が始まった。まずは、臨時列車増発第一弾として、4月18日と19日の2日間、西武新宿~西武秩父間に、臨時特急「おくちちぶ」が1往復運転されることになった。

西武新宿から西武秩父へ直通する特急列車は、かつて、5000系初代レッドアロー時代に、休日ダイヤで1往復、「おくちちぶ」が運転されていたが、特急「小江戸号」の運転開始により、1993年に廃止。しかし、昨年7月19日と20日の2日間、「秩父川瀬まつり」の開催に合わせて、西武新宿発着としては、21年ぶりに「おくちちぶ」が2日間だけ復活した。今回、芝桜の開花に合わせて、再び2日間だけ「おくちちぶ」が復活する事になった。

4月19日朝、西武新宿からの「おくちちぶ91号」を撮影する為、外出する。昨年7月の運転時は、自宅から10分ほど歩いた、東萩山小学校付近で撮影したが、今回は、所沢駅手前、新宿線から池袋線への連絡線を通過する「おくちちぶ」を撮影する事にした。所沢駅から5分ほど歩いて、撮影地に到着すると、先客の姿はない。列車がいつ来ても良いように、撮影準備を進める。待つ事およそ10分。西武新宿からの「おくちちぶ91号」がやって来た。

Simg_7d34901

新宿線から池袋線への連絡線を行く臨時特急「おくちちぶ91号」

連絡線をクネクネと曲がりながら進んで行く臨時特急「おくちちぶ91号」。今回、この列車に使用されていたのは、現在、新宿線で運用中の10104Fだった。

撮影後、私は、池袋線の所沢3号踏切へと移動する。実は、この日、池袋~飯能間で、臨時特急「ヤマノススメ2号」が運転される事になっていた。「ヤマノススメ2号」は、飯能市を舞台にしたアニメ「ヤマノススメ」のイベントが、飯能市民会館で開かれる事に合わせて運転されるもの。臨時特急と言っても、「ヤマノススメラジオノススメ ラジオCD二号目」を購入した方先着300名が招待されると言うことで、団臨扱いの列車である。

Simg_7d34915

所沢~西所沢間を行く臨時特急「ヤマノススメ2号」

西武秩父行きの臨時特急「おくちちぶ91号」のおよそ15分後、池袋からの飯能行き臨時特急「ヤマノススメ2号」が、所沢3号踏切を通過した。「ヤマノススメ2号」に充当されていたのは、10111F。御覧のように、正面の表示は「臨時」であった。空席が目立っていた「おくちちぶ91号」とは対照的に、こちらは、飯能でのイベントに向かう人達で賑わっていたようである。

この撮影を以て、所沢3号踏切から撤収。次の目的地へ向かった。

|

« 西武池袋線開業100周年記念号を撮影する | トップページ | 西武池袋線開業100周年記念 黄色い6000系運行開始 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/61515084

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時特急「おくちちぶ91号」と「ヤマノススメ2号」を撮影する:

« 西武池袋線開業100周年記念号を撮影する | トップページ | 西武池袋線開業100周年記念 黄色い6000系運行開始 »