« 西武 芝桜ダイヤを観察する その1 | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »

西武 芝桜ダイヤを観察する その2

5月2日のお話。

4月26日に引き続き、この日も朝は西武鉄道の芝桜ダイヤの観察からスタート。前回とは異なり、今回は池袋線の急行西武秩父行きの撮影を優先させることにした。

まず最初に向かったのが所沢駅。この駅を8時45分に発車する快速池袋行き3110列車から観察を始める。この3110列車は、池袋到着後、折り返しが急行西武秩父行き2109列車になる列車である。実は、私が観察に行かなかった4月29日、この2109列車に、池袋線では数少ない2000系の4両編成のうち、2501Fと2503Fが8両編成に組み換えられて運用に就いたとの情報を入手していた。新宿線では見慣れた2000系の4+4編成だが、池袋線では滅多身に見られる事がない為、もし、この日も4+4が入るのであれば、撮影しておきたい。3番ホームの飯能方先端からカメラを構えて、3110列車の進入を撮る事に。すると・・・

Simg_7d35133

所沢駅に進入する快速池袋行き3110列車。

御覧のように、3110列車は、飯能方から2501+2503Fと言う4+4の組み合わせ。4月29日に、この組み合わせが撮れなかっただけに、これは嬉しかった。

撮影後、私は、この3110列車に乗車。お隣の秋津駅へ移動する。この列車で秋津駅へ移動すると、およそ5分後に、今度は池袋からの急行西武秩父行き2103列車(2103列車と5013列車を直通化)の、秋津駅に臨時停車する瞬間を見る事が出来る。

秋津駅に到着後、まずは、この後、下り方向へ折り返しとなる為、いったん改札を出場し、再入場する。そして、ホーム上の発車案内機の撮影から開始した。

Simg_x1016

秋津駅の発車案内機。2本目に急行西武秩父行きの表示が見える。

下りホームの発車案内機には、各停所沢行きに続き、2本目に急行西武秩父行きの表示が見える。急行は、お隣の所沢から先、各駅に停車する為、秋津駅に臨時停車すると、実質的に、ここから各駅停車となる為、各停西武秩父行きと表示しても、間違いではないと思うが、あえて急行と表示されるのは、システム上の問題なのだろうか。また1行目になった時、停車駅案内がどう出るのかも気になったが、入線シーンを撮る為、ホームの端へ向かってしまった。

足早にホーム先端に向かう途中に、先行列車の各停所沢行きが到着。そして所沢行き発車後、続けて急行西武秩父行きがやって来た。

Simg_x1020

秋津駅に進入する急行西武秩父行き2103列車。

この日、急行西武秩父行き2103列車に充当されていたのは、38112Fだった。

Simg_x1021

秋津駅に臨時停車した急行西武秩父行き2103列車。

撮影後、私は最後部車両に乗車する。時間帯が良いのか、あるいは特急列車が満席で乗れなかった人たちだろうか、車内はなかなかの乗車率だった。

8時59分、2103列車が所沢駅に到着する。私は、ここで下車した。そして、今度は4番ホームの飯能方へ移動。ここで、西武新宿からやってくる西武秩父行きを撮影する事にした。この列車、4月26日にも撮影しているが、あの時は、新宿線小平~久米川間での撮影の為、急行西武秩父行きでの撮影であるが、所沢から先、池袋線内は快速急行となる為、所沢駅の進入シーンを撮れば、車両側の表示も、快速急行西武秩父行きとなっているだろう。そう睨んだからである。ホームの端には、やはり同じことを考えている方が数名らっしゃった。私は、先客の邪魔にならない位置で待機。そして・・・

Simg_7d35138

所沢駅に進入する西武新宿からの西武秩父行き直通列車。

新宿線から池袋線へ。連絡線をクネクネと曲がりながらやって来た直通列車。この日、この列車に充当されたのは、38114F。38114Fの行先表示は、狙い通り、所沢駅到着前に、急行から快速急行へ変化していた。

この直通列車、所沢駅でも数分停車し、その間に5番ホームから準急小手指行きが発車する。そこで、この準急電車に乗車し、お隣、西所沢まで先行し、38114Fによる快速急行西武秩父行きを撮影する事にした。

Simg_7d35148

西所沢駅を通過。一路、西武秩父を目指す38114F。

準急小手指行きの発車からおよそ3分後。西武新宿からの西武秩父行き直通列車が西所沢駅を通過した。予想に反し、西武秩父行きは、先行列車に追いつかないように、ゆっくりと通過して行った。種別は所沢から快速急行となったが、実は意外と遅い。

この後、池袋から2109列車として折り返してくる2501F+2503Fを撮影する事になるが、どこで撮影するかが決まらないまま、後続の下り列車に乗り込み飯能方面へ。狭山ヶ丘まで来たところで、以前、武蔵藤沢駅から1つ目の踏切で、航空祭の臨時列車を撮った事を思い出す。そうだ、あの側道から撮ってみよう。そう思い、武蔵藤沢駅で下車する事にした。目指すは、武蔵藤沢駅から稲荷山公園方向に向かって1つ目の踏切となる、武蔵藤沢2号踏切。この踏切付近、上り線側の側道から、2109列車を撮る事にした。光線状態は逆光気味であるが、側道から撮る事で、4+4である事が強調できると思ったからである。

Simg_7d35156

武蔵藤沢駅を発車した急行西武秩父行き2109列車。

微妙な位置に影が入ってしまったが、とりあえず、先頭車がクモハである事。そして4両編成を2本つないだ編成である事は強調できたと思う。

2109列車として西武秩父へ向かった2501F+2503Fは、この後、飯能~西武秩父間を各停として何往復かする事になる為、そちらも撮影したかったが、この日は別の予定もあり、芝桜臨の観察は、ここ、武蔵藤沢で終了することになった。

この後、私は駅に戻り、上り列車に乗り込んだ。

|

« 西武 芝桜ダイヤを観察する その1 | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/61661354

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 芝桜ダイヤを観察する その2:

« 西武 芝桜ダイヤを観察する その1 | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »