« 西武・電車フェスタ2015in武蔵丘検修場 その3 | トップページ | 西武多摩川線 101系245Fと251Fの甲種輸送を撮影する »

特急シンボルマークが復活した189系M51編成を撮影する

では、ここで順番を入れ替えまして、JRの旬な話題をお届けします。7月5日のお話です。

185系の団体臨時列車運用への転用や、北陸新幹線の開業により、数を減らしてきた直流特急型電車、183系と189系。今年5月に、183系は、最後まで残っていた先頭車2両が廃車となり、ついに形式消滅。残る189系も、豊田車両センターの6両編成3本と、長野総合車両センターに残る6両編成1本、計24両にまで減ってしまった。残った4編成は、1編成ずつ塗装が異なっており、最近では、各編成が運用に就くと、撮影地も189系狙いの人が目立つようになってきた。

現存する189系の中で、唯一、国鉄特急色を維持しているのが、豊田車両センターに所属するM51編成。最近では、主に、新宿~河口湖間を土日に運転する「ホリデー快速富士山号」の運用に就くことが多いが、5月のゴールデンウィーク以後、大宮総合車両センターに入場していた。そして、6月下旬に、国鉄特急色のまま出場した。しかし、出場後に、ちょっとしたサプライズが用意されていた。それは、豊田車両センターで、M51編成の先頭車両に、特急シンボルマークを取付けた事である。国鉄特急色を維持しているとは言え、M51編成の先頭車は、グレードアップ化、およびグレードアップ車両に合わせた塗装変更の際に、正面の特急シンボルマークが外されていたため、どこか物足りない印象だったが、この度の特急シンボルマークの復活で、見栄えが格段に良くなったはず。ここはいち早く、M51編成を記録しておきたい。

そこで、7月5日の朝、西武多摩川線の甲種輸送を撮影する前に、「ホリデー快速河口湖号」を撮影することにした。向かった先は、東小金井駅。この時点では、雨が降っていたため、駅間で撮らずに、確実に被らない、東小金井駅の2番線から、下り本線を通過する「ホリデー快速河口湖号」を撮影することにした。私が東小金井に着いたのは、通過の約5分前と言う、相変わらずギリギリのタイミング。きっと人が多いことだろうと予想していたのだが、到着時点で先客が2名。最終的にも4名程と言う、予想よりもはるかに少ない人数だった。

Simg_7d36531

東小金井駅に差し掛かる、189系M51編成。

あいにくの空模様の中、「ホリデー快速河口湖号」として河口湖へと向かう、189系M51編成。松本方の先頭に立つ、クハ189-10は、赤帯の幅が、グレードアップ車に合わせた仕様になってしまっているが、今回、シンボルマークが復活するのであれば、事前の入場時に、モハユニットと同じ高さに合わせてほしかったと思う、鉄道ファンは、私だけではないと思う。

Simg_7d36533

後追い。やはりシンボルマークが付くと、前面が引き締まる。

両端の先頭車が、共にシンボルマークを復活させた事を記録する為に、振り向いて後追いも撮影する。今回は、雨が降っていた事もあり、東小金井駅で撮影を済ませてしまっているが、いずれ改めて、駅間でしっかり撮りたい。今月は、189系を使用した臨時「あずさ」が運転される日もあるので、是非、M51編成の「あずさ」を見てみたい。今から楽しみだ。

さて、河口湖行きの臨時快速は、もう1本「山梨富士号」と言う列車が設定されている。この列車、新宿発着の場合は、豊田車両センター所属の189系を使用するが、この日は千葉からの直通運転。幕張車両センター所属のE257系での運転となる。そこで、この列車も撮影しておく事にした。そのまま東小金井で撮影しても良かったのだが、この後の予定を考慮し、場所を移動。国立駅で撮影する事にした。この駅は、西武多摩川線の甲種輸送が有る日は、鉄道ファンで賑わう為、おそらく、混雑しているだろうと予想していたのだが、この駅で「山梨富士号」を待っていたのは、私以外に僅か一人と言う状況だった。

Simg_7d36540

幕張車両センター所属のE257系で運転された快速「山梨富士号」

普段は、「しおさい」「わかしお」など、房総半島へ向かう特急列車に使用されている、幕張車両センターのE257系500番台車。今年3月のダイヤ改正では、内房線の特急「さざなみ」が大幅に縮小されたこともあり、運用に余裕が有る事から、今後も、中央本線などの臨時列車に充当される可能性もあり得る。

それにしても、E257系500番台の正面の表示機、縦書きで「快速」と表示されている姿は、どこか旧型国電のサボに似ていると思ってしまうのは、私だけだろうか。

さて、この後の撮影地に移動しようとした時の事、武蔵野線との連絡線から、こんな車両がやって来た。

Simg_x1688

485系お座敷電車「リゾートエクスプレスゆう」の団臨。

勝田車両センターに所属する、485系改造のお座敷電車「リゾートエクスプレスゆう」。1991年にサロ183・189、サロ481を種車に改造したジョイフルトレインで、普段は常磐線系統を中心に活躍している。気付けば、デビューから24年が経過。車体は新製しているが、足回りは古いだけに、この車両に残された時間も、そう長くはないのかもしれない。つい先日も、自治体の勇み足とは言え、同じく485系改造の「ニューなのはな」の引退説が浮上したばかり。485系改造のジョイフルトレインも、見かけた時は、積極的に撮影しておいた方が良いのかもしれない。

|

« 西武・電車フェスタ2015in武蔵丘検修場 その3 | トップページ | 西武多摩川線 101系245Fと251Fの甲種輸送を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

中央線沿線や西武線沿線にはあまり行く機会がなかったのですが、今回、4日、5日と行く機会があったので西武の甲種を中心に撮影。この189系は八王子で西武との並びで撮りました。

それにしても183系、189系がそこまで数を減らしていたとは思っていなかったです。

投稿: GO | 2015/07/10 20:41

GOさん、コメントありがとうございます。

189系、歯、183系と並んで、つい最近まで当たり前のように走っていたと思うのですが、気付けば、ここまで減ってしまったと言うのが正直な感想ですね。

さて、ちょっと驚いたのが、4日、GOさんも国立にいらっしゃっていたのですね。私は、甲種が到着する直前に到着した下り電車の最後部に乗っていました。しかし、降りたホーム上の人が多く、結局はホーム先端での撮影はしませんでした。当日はかなりニアミスしていますね。

詳しくは、本日公開いたしました最新記事をご覧いただければと思います。

投稿: TOMO | 2015/07/13 12:11

土曜は高崎から八高線、横浜線経由で横浜へと向かったのですが、その途中でこの甲種を撮りました。場所を知らないので停車時間が長い国立へと行ってみました。

TOMOさんが乗ってきた列車と被ってしまったのですが、甲種がゆっくりだったのでギリギリ撮ることができました。まさかその列車に乗っておられたとは。本当にニアミスでしたね。

投稿: GO | 2015/07/14 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/61857922

この記事へのトラックバック一覧です: 特急シンボルマークが復活した189系M51編成を撮影する:

» 八王子の西武新101系 [てっくう撮影隊]
 4日は新秋津から八王子を経由して武蔵境に向かう西武新101系の輸送を撮りました [続きを読む]

受信: 2015/07/10 20:35

« 西武・電車フェスタ2015in武蔵丘検修場 その3 | トップページ | 西武多摩川線 101系245Fと251Fの甲種輸送を撮影する »