« 25年の時を経て 西武多摩湖線351系がモックアップで復活 | トップページ | 「妖怪ウォッチ」2015 夏休み 西武線スタンプラリーのラッピング電車になった20152F »

JR東海 キハ11形0・100番台車 定期運用終了

8月1日、朝起きて何気なくTwitterを眺めていたら、JR東海のキハ25形2次車の伊勢車両区向け車両が営業運転を開始し、入れ替わりに、キハ11形気動車の0・100番台車両が、7月31日を以て、定期運用を終了した事を知った。

Simg_7d35407

7月31日を以て定期運用を終了した、JR東海のキハ11形気動車0・100番台車。(2015年5月4日 津駅にて撮影)

JR東海のキハ11形気動車は、1988年に、新潟鉄工所とJR東海名古屋工場で製造した、在来線向け軽快気動車。暖地向けの0番台車は伊勢車両区に、100番台車は美濃太田車両区を中心に配属され、主に紀勢本線・参宮線・高山本線・太多線等で使用されてきたが、今年3月ダイヤ改正を機に、キハ25形気動車2次車への置き換えが開始。まず、美濃太田車両区の車両から置き換えが始まった。

Simg_x1046

増備が進められているキハ25形2次車。(2015年5月3日 岐阜駅にて撮影)

運用を離脱した、美濃太田車両区のキハ11形は、一部車両が伊勢車両区に転属したものの、残る車両は、ミャンマー鉄道省へ譲渡された他、キハ11-123と、東海交通事業所有で、美濃太田車両区に貸し出し扱いとなっていたキハ11-203と204の合計3両が、ひたちなか海浜鉄道に譲渡された。

そして、この度、伊勢車両区に残っていたキハ11形も、キハ25形気動車2次車の増備が進み、置き換えが開始。国鉄形気動車よりも先に、キハ11形から運用を離脱する事となった。

さて、JR東海のキハ11形気動車には、1999年に増備されたステンレス車体の300番台車が6両在籍している。

Simg_7d35456

ステンレス車体のキハ11形300番台車は、置き換えの対象にはなっていない。(2015年5月4日撮影 津~阿漕間にて撮影)

300番台車は、登場から15年と、まだ経年も浅い事もあり、今回のキハ25形への置き換えの対象からは外れており、引き続き、紀勢本線・参宮線・名松線などで使用される事になっている。

Simg_7d35296

城北線の200番台車も201・202の2両が残留。(2015年5月3日 枇杷島駅にて撮影)

そして、東海交通事業が運営する城北線で活躍中のキハ11-201・202の2両も、引き続き使用されている。しかし、検査等でJR東海の名古屋工場に入場すると、車両が不足する為、今までは、美濃太田車両区に貸し出されていた、東海交通事業所有のキハ11-203が貸し出され、城北線の運用に就いていたが、美濃太田車両区からは、キハ11形がすべて消滅した為、今後は、伊勢車両区の300番台車が貸し出される事なるものと思われる。

実は、今年のゴールデンウィークに、置き換えが進むキハ11形とキハ40・48を撮影しに、東海エリアに遠征しています。その時の模様は、まだブログに反映していませんでしたが、置き換えが更に進んだこともありますので、この時の模様も、後日、ブログでご紹介出来ればと考えております。今回は、速報と言う形で、キハ11形の話題のみ、ご紹介させていただきました。

キハ11形気動車、27年間、お疲れ様でした。新天地での活躍に期待します。

|

« 25年の時を経て 西武多摩湖線351系がモックアップで復活 | トップページ | 「妖怪ウォッチ」2015 夏休み 西武線スタンプラリーのラッピング電車になった20152F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/62006306

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海 キハ11形0・100番台車 定期運用終了:

« 25年の時を経て 西武多摩湖線351系がモックアップで復活 | トップページ | 「妖怪ウォッチ」2015 夏休み 西武線スタンプラリーのラッピング電車になった20152F »